Blackmagic Designの発表によると、ジョサイア・"ジャザ"・ブルックスの新しいYouTubeチャンネル「Tabletop Time」が、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kおよび4K、そしてATEM Mini Extremeを使用して制作されているという。この新しいBlackmagic Designワークフローが「Tabletop Time」で初めて使用されたのは、8台のカメラを使って撮影された、新チャンネルの登録者数10万人記念の壮大なロールプレイバトルであった。

オーストラリア人のアーティスト、アニメーター、コンテンツクリエイターであるジャザは、YouTubeのアートレッスン動画で世界的に知られている。単一のYouTubeチャンネルからスタートしたジャザの登録者は今では540万人を超え、トータル再生回数は10億回以上に登る。ジャザと彼のメディア会社は、現在新しい複数のオンラインチャンネルおよび映像を制作している。

新チャンネルのうちの一つは、テーブルトップゲームにフォーカスした「Tabletop Time」である。このYouTubeチャンネルはミニチュア模型の制作、そしてジャザと兄のシャッド・ブルックスが著名なゲーマーたちとゲームをプレイする内容に特化している。数年前にスタートしたチャンネルが2021年の初頭に生まれ変わり、急スピードで成長。一月経たないうちに登録者数は10万人を超えた。

ジャザはライブ配信に、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6KとBlackmagic Pocket Cinema Camera 4Kを組み合わせて、合計8台のカメラを使用。複数のカメラのスイッチングやグラフィックの挿入、そして収録にはATEM Mini Extreme ISOが使用された。さらにモニタリング用の複数のBlackmagic Video Assist、そして多数のBlackmagic Design Mini Converterも使用された。

ジャザ:ATEM Mini Extremeと何台かのカメラは、撮影開始の前日に届きました。私たちが行った配信は、これらの製品がなければ実現できませんでした。撮影のセットアップ、カードの準備、そしてすべてのフッテージの同期などは、Blackmagic Design製品がなければ悪夢のような作業だったと思います。あるいは、これほどクリエイティブな制作を実現できなかったのではないでしょうか。

10万人記念バトルは、それ自体とても面白いものでしたが、このゲームのエネルギーを視聴者に届けるために、多くのアイデアが詰め込まれています。天使と悪魔のコマを使い、ボードの片側には宙に浮く天空の建物があり、もう一方には火山があります。残念なことにゲームにはぼろ負けしてしまいましたが、その様子を8台のBlackmagic Designカメラが捉えていたのでぜひ見てください。

10万人登録の配信では、ジャザは配信スポンサーの要望に基づき、天国対地獄をモチーフにしたゲームを作成。この配信では、ゲーム用テーブル正面のカメラ、天井にリグ付して上から見下ろすカメラ、プレーヤータイトショット用の2台のサイドカメラ、ゲーム用テーブル両側の2台のカメラ、そしてスライダーに乗せたワイドショット用のカメラが使用された。

そして8台目のカメラでは、ATEM Mini Extremeを操作するテクニカルディレクターを撮影。これにより、視聴者たちはどのように配信されているのかを見ることができた。

ATEM Mini Extreme ISOを数回使って、ほんの少し操作をかじっただけですが、本当に感動しました!驚くほど優れた製品です。追加のカメラやモニターを使用できたことで、ゲームの最中に起きていることをすべて拾うことができたんです。

以前は、8台のカメラで撮影しようと思ったら、8つの別々のカードに収録する必要がありました。それだけでなく、フッテージを分類してMP3に変換し、マニュアルで同期して、さらに編集を行う必要もありました。これは不可能なことではありませんが、何日もかかってしまいます。

しかし、ATEM Mini Extreme ISOを使用したことで、撮影している間に自動的にこれらをすべて実現できてしまったんです!ATEM Miniは、私たちのスタジオのワークフローに革命をもたらしたと言えます。