Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2021.6をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトよりダウンロード可能。

Composer設定の「移動」タブに新しいオプションが追加され、「次/前のイベントへ移動」の挙動を設定できるようになった。挙動は、いくつかの設定から可能。

また、ビンステータスバーに合計のデュレーションの表示や、ビンコンテナーサイドバーの閉じているビンへクリップが移動できるようになった。閉じているビンへクリップをドラッグすると、そのビンが開き、閉じているフォルダーへドラッグすると、フォルダーが自動的に展開される。

そのほかの追加機能は以下の通り。

(以下、リリースノートより引用)

■Media Composer v2021.6の新機能

  • [次/前のイベントへ移動] の挙動のオプション
  • ビンステータスバーにデュレーションを表示
  • サイドバーの閉じているフォルダーまたはビンへクリップを移動
  • タイムラインスクロールの改善
  • ビン設定アップデート
  • 最後の状態でワークスペースを開く
  • Avid Titler+ テキストをクリップノートと EDL に表示
  • Avid Titler+ オールインワン・テキストボックス
  • Media Composer | Distributed Processing アップデート
  • Media Composer | Enterprise アップデート