GoProは、HERO9 Blackのファームウェアアップデートv1.6のリリースに伴い、サードパーティーのデベロッパーがHERO9 Blackを自身のソリューションに組み込むことを可能にする、オープンAPIの取り組み「Open GoPro」を発表した。アップデートはGoProのQuikアプリおよびGoPro.comから入手可能。

Open GoProでは、デベロッパーにHERO9 Blackの以下の機能へのAPIアクセスが提供される。

  • ワイヤレス接続
  • カメラのコマンドとコントロール
  • カメラのステータス
  • カメラのプレビュー
  • SDカード上のメディアの確認と転送

また、同ファームウェアには、以下のアップデートも含まれている。

  • カメラの電源オン/オフの速度と安定性の向上
  • Quikアプリの接続性の向上
  • メニューおよび設定画面のタッチスクリーン感度を改善
  • 「The Remote」を使用してカメラを操作する際の安定性を強化