AJA Video Systems社は、openGear互換の12G-SDIファイバーコンバーター「OG-FiDO-R-12G-ST」と「OG-FiDO-2R-12G」を発表した。

OG-FiDO-R-12G-STは、シングルチャネルのSTファイバー→12G-SDI変換に対応、OG-FiDO-2R-12Gは2チャンネルのLCファイバー→12G-SDI変換に対応するファイバーレシーバー。両製品は、AJA FiDOミニコンバーターで出力されるような一般的なファイバー経由のビデオソースから12G-SDI信号を受信する。

AJA Video Systems社、社長Nick Rashby氏は次のようにコメントしている。

ファイバー対応製品は、高帯域幅の信号を安全に長距離、少ないケーブル配線で送信する必要がある環境にとって、重要なソリューションです。その証拠に12G-SDIを基盤にしたインフラ環境へのアップグレードを検討しているお客様からの需要が急増しています。このニーズに応えるために、新たに2種類の堅牢で高性能なopenGearカード製品OG-FiDO 12Gレシーバーを開発しました。

これらの新製品をすでに発売済みのOG-FiDO-TR-12Gファイバートランシーバーと接続すれば、コンパクトかつ高密度にラックマウント可能なフォームファクターを備えた、信頼性の高い変換環境を実現できます。

OG-FiDO-R-12G-STは、1チャンネルのシングルモードSTファイバーを12G-SDIへ変換するコンバーター。デュアルチャンネルの変換には、OG-FiDO-2R-12Gが対応し、独立した2チャンネルのLCファイバーを12G-SDIに変換できる。両製品はOG-X-FR、OG-3-FR、DFR-8321など、様々なopenGearフレーム製品との互換性を備えており、コンパクトなフォームファクター内に最大で10枚のカードを搭載可能。

AJA OG-FiDO 12Gシリーズは、ファイバーから12G/6G/3G/HD/SD-SDIへの変換において柔軟性と費用対効果を備えている。一般的なシングルモード光ファイバーケーブルを用いて最大10kmまで信号を伝送することができる。

同シリーズは、ホットスワップ、HDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオ、信号の自動検出とリクロックにも対応している。Ross DashBoardソフトウェアに対応し、ローカルネットワーク上のWindows、macOS、Linuxコンピューターから、リモートでステータス監視を行うことができる。

また、AJAは上記のOG-FiDO 12Gカードに加えて、AJA openGearカードのファームウェア・アップデートも新たに発表した。対応カードとファームウェアバージョン、追加された機能は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

OG-ROI-HDMI(v1.3.2)

  • EDID(Extended Display Identification Data)エミュレーションへの対応が追加、接続したHDMI機器の信号ソースを任意のビデオフォーマットに詳細に規定可能に

OG-ROI-DVI(v1.3.2)

  • EDID(Extended Display Identification Data)エミュレーションへの対応が追加、接続したHDMI機器の信号ソースを任意のビデオフォーマットに詳細に規定可能に

OG-ROI-SDI(v1.2.1)

  • 性能を向上させる修正

OG-HA5-4K(v1.5.3)

  • EDID(Extended Display Identification Data)エミュレーションへの対応が追加、接続したHDMI機器の信号ソースを任意のビデオフォーマットに詳細に規定可能に
  • p60からp59.94、p59.94からp60へのフレームレート変換機能が追加
  • 没入型オーディオ向け規格Dolby Digital Plus JOC(Joint Object Coding)、Dolby DigitalおよびDolby Digital Plusで圧縮されたエンベデッドオーディオのパススルー機能を追加、最新のオーディオワークフローに対応可能に

OG-12GM(v1.1.2)

  • p60からp59.94、p59.94からp60へのフレームレート変換機能が追加
  • PsF入出力への対応を追加