Looking Glass 8K Gen2

4K/8Kのデスクトップホログラフディスプレイを軽量かつ低価格で実現

デスクトップホログラフディスプレイの開発製造を手掛けるLooking Glass Factoryは、同社の第2世代ホログラフィックディスプレイファミリーとなる15.6インチディスプレイ「Looking Glass 4K Gen2」ならびに、32インチディスプレイ「Looking Glass 8K Gen2」を発表した。

Looking Glass 4K Gen2/Looking Glass 8K Gen2は、2021年7月14日から公式サイト「Look.glass」にて先行予約受付を開始し、2021年秋に出荷予定。製品評価を近日中に希望の方には、ベータ版を用意可能。また、Makuakeでは2021年7月21日14:00から国内限定のキャンペーンを開始し、4K/8Kシステム共に特別価格で販売するという。

    
左がLooking Glass 4K Gen2。右がLooking Glass 8K Gen2
※画像をクリックして拡大

Looking Glass第2世代ファミリーの違いは「blockless」と称するハードウェア自体にあるという。スクリーンは薄く、ハードウェアは軽量(4Kディスプレイは第1世代9.1kg、第2世代が2.4kg、8Kは第1世代が28.5kg、第2世代15.5kg)に改良。

また、光学系の改善により周囲の反射が減少し、グループでの視聴が今まで以上に容易になったという。4Kシステムはスタンドアローンモード(Looking Glass Portraitと同様)で動作するため、第1世代のシステムよりも使いやすく、持ち運びにも便利としている。

    
Looking Glass 8K Gen2
※画像をクリックして拡大

また、Looking Glass Factoryは、第2世代ディスプレイの発表にあわせて、ソフトウェアのアップグレードと標準化を実現。すべてのシステムはLooking Glass Factoryの新しいホログラフィックアプリケーション「HoloPlay Studio」上で動作可能。HoloPlay Studioは、熟練した3Dクリエイターからエントリーレベルの3Dクリエイターまで、ホログラフィックメディアの表示、編集、同期を簡単に操作する目的で開発された新しいソフトウェアとしている。

Looking Glass Factoryサブ写真

さらに、Looking Glass FactoryはUnity、Unreal、Blender用のプラグインのアップグレードや、バックエンドソフトウェアのコアインフラストラクチャのアップグレードを行い、クリエイターがホログラムの作成を迅速に開始するために必要なすべてのツールを提供するという。

Looking Glass FactoryのCEOであるショーン・フレイン氏は、次のようにコメントしている。

この新世代の4K/8Kホログラフィックディスプレイは、実物そっくりのリアリズムでアイデアを伝えることに興味がある人にとって、より使いやすいシステムの開発が目標でした。私たちは、Looking Glass PortraitからLooking Glass 8K Gen2まで、個人から企業までのニーズを満たすラインナップを提供することができ、大変うれしく思います。

Looking Glass 8K Gen2実機レポート

ホログラフメディアとしても最大級のサイズで実現大したのがLooking Glass 8K Gen2。筐体は非常に大きく、プレミアム感を色濃く出ている。

    
本体正面
※画像をクリックして拡大
    
右側面
※画像をクリックして拡大

動画で見るLooking Glass 8K Gen2

Looking Glass 4K Gen2実機レポート

3Dクリエイターのデスクトップに最適としているのが、約15インチサイズのLooking Glass 4K Gen2。Portraitよりもサイズ、解像度が向上している。

    
Looking Glass 4K Gen2外観
※画像をクリックして拡大

Looking Glass 4K Gen2はPortraitと同じくさまざまなデバイスとコンビネーションが可能。映像はLeap Motionとのコンビネーションをデモ。鏡を再現したデモで、両手にも対応

    
左側面
※画像をクリックして拡大

Looking Glass Portrait実機レポート

日本デモと近日提供を開始予定のPortlet。パーソナルに体感できるホログラフィー製品としている。基本的には2020年12月に発表したものと同じで、量産タイプとなる。

    
Looking Glass Portraitの正面
※画像をクリックして拡大

Portraitの様子

    
PortraitとKinect Azureの組み合わせ。3Dの鏡のようなことが可能
※画像をクリックして拡大

PortraitとLeap Motionの組み合わせ。Leap Motionは手の位置を検出するセンサーで、自分の手をPortraitの中に入れることが可能