キヤノンは、同社フルサイズミラーレスカメラの最新ファームウェアを公開した。カスタムピクチャにITU-R BT.709準拠ガンマである「BT.709 Standard / BT.709」や自動的にAF枠を設定する「全域」をAF枠サイズに対応するアップデートとなる。

同ファームウェアの変更点は以下の通り。

■EOS C70ファームウエア Version 1.0.1.1のアップデート内容

  1. カスタムピクチャにITU-R BT.709準拠ガンマである「BT.709 Standard / BT.709」を追加
  2. 画面中央部にある被写体にピントが合うように、自動的にAF枠を設定する「全域」をAF枠サイズに追加
  3. 「全域」AF時、LCDモニター画面上の被写体をタッチして追尾へ移行できるように改善
  4. Magnification(拡大)の拡大倍率に2倍を追加
  5. 「Magnification有効時白黒」メニューを追加
  6. アスペクトマーカーとセーフティゾーンマーカーのマスクの透過率設定に100%(完全不透過)を追加
  7. HDMI出力にビューアシストが適応可能に改善
  8. マウントアダプターEF-EOS R 0.71xに対応するEFレンズを拡張※1
    EF16-35mm F2.8L II USM
    EF16-35mm F4L IS USM
    EF24-105mm F4L IS USM
    EF70-200mm F2.8L IS II USM
    EF70-200mm F2.8L IS III USM
    EF70-200mm F4L IS USM
    EF70-200mm F4L IS II USM
  9. マウントアダプターEF-EOS R 0.71x使用時、AF枠操作時のみ枠を表示するよう変更
  10. 動作確認済みWi-Fiアダプターを追加
    ASUS USB-AC68
    TP-LINK Archer T9UH

※1マウントアダプターEF-EOS R 0.71xのファームウエアアップデートも必要