Blackmagic Designの発表によると、アメリカ最大のクラフトビール醸造所のひとつであるFlying Dog Breweryが、同社のすべてのビデオプロダクションに、URSA Mini Pro 4.6K G2およびPocket Cinema Camera 6K Proを使用したという。ビデオプロダクションにはCM、社内コミュニケーション、ドキュメンタリー、そして継続的に発信されているソーシャルメディア映像などが含まれており、同社のクリエイティブかつ反逆的なイメージをキャプチャしている。

メリーランド州のフレデリックに本社を構えるFlying Dog Breweryは、ビールはひとつのアートであるという信条を持ち、一風変わったユーモアのあるマーケティングで知られている。新商品を次々と発表し、飽和状態の市場において注目を集めるために、映像が同社の大きな差別化要因のひとつとなっている。

Flying Dog Breweryの映像プロダクション部門長であり、2度のエミー賞受賞歴を持つカイル・ロマネク氏は次のようにコメントしている。

私たちの映像コンテンツは、シネマライクで面白いという評判です。製造するビールから反逆的な広告に到るまで、私たちは、常にリスクを冒しています。クリエイティブな自由と表現は尽きることがありません。

Flying Dog Breweryで働き始める以前、ロマネク氏はカリフォルニアで映画、ドキュメンタリー、CM制作の仕事に携わっており、オプラ・ウィンフリー・ネットワークの複数の短編映画も手がけた。8年間カリフォルニアでキャリアを積んだ後、ロマネク氏は新たなインスピレーションを求めて、故郷であるメリーランド州フレデリックへと戻った。

ロマネク氏は、Flying Dog Brewery用のビデオを数多く撮影しているが、すべてのプロジェクトでAカメラにURSA Mini Pro 4.6K G2を使用し、Pocket Cinema Camera 6K Proも使用している。ロマネク氏はポストプロダクションもすべて自分で行なっており、カラーコレクションにはDaVinci Resolve Studioを使用している。

URSA Mini Proは信頼性が高く、あらゆるプロジェクトに使用できます。ドキュメンタリー、CM、製品ビデオ、ストーリーのあるプロジェクトなどでURSA Mini Pro G2をAカメラとして使用しています。カメラの女王と言えますね!

ここ数ヶ月、Flying Dog Breweryでは、Facebook、Instagram、Vimeoチャンネルなどに上げるビデオを継続的に撮影している。その内容は、テイスティングのビデオ、新フレーバーの発表、地元の顧客の紹介、CM、ミニドキュメンタリーなど多岐にわたり、最近では、チェサピーク・ベイをカヌーで漕ぐ男性のドキュメンタリーを制作した。同イベントはFlying Dog Breweryがスポンサーとなっている。

また、卸売業者や社内スタッフに向けたビデオも撮影しており、年に一度、スタッフが新しいビールのアイデアを提案するイベントBrewhouse Raritiesもそのうちのひとつである。コロナ禍による長期的な規制が続く中でも、同社はBlackmagic DesignのカメラとDaVinci Resolveを使って、何十本もの新しいビデオをすばやく撮影して仕上げることができた。

URSA Mini Pro 4.6K G2およびPocket Cinema Camera 6K Proのハイダイナミックレンジ、使い勝手の良さ、効率的な設計により、ロマネク氏は非常にクリエイティブな制作が可能になったとしている。最近の例では、Vicious Hook Fruit Punch Sourという1年期限のビールを発売。同ビールは鮮やかなピンク色をしており、マーケティングにボクシングのテーマが盛り込まれている。同ビールの発売にあたり、URSA Mini Pro 4.6K G2を使用して、2本のスポットCMがBlackmagic RAWで撮影された。

スポットCMのひとつは、白黒のボクシング映像がRock ‘em Sock ‘em というゲームのロボットに変わっていくというもので、もうひとつはビールとパッケージ、そしてビールを注ぐ様子にフォーカスした、"目の保養"とでも呼ぶべきCMですね。

このCMでは、イメージのダイナミックレンジが非常に重要ですが、URSA Mini Proは15ストップのダイナミックレンジに対応しているので文句のつけようがありません。2本目のCMでは、Blackmagic RAWの12bitイメージが必要不可欠でした。このカメラのRAWイメージと色の正確性は、この価格帯のカメラでは他に類を見ません。ピンク色の液体をこれほど美しくキャプチャできるカメラは他にありません。

今後、Flying Dog Breweryは、YouTubeチャンネルに投稿する動画の数と種類を増やしていきたいとしている。

私の仕事は、可能な限りクリエイティブになり、私たちのビールが身近にあるライフスタイルを、ビデオを通じて提案していくことです。もちろん、他のビール醸造所は、セクシーにビールを注ぐようなCMは作れるでしょう。しかし私たちほどの規模の醸造所で、俳優を起用したストーリー性のあるCMや感動的なショートドキュメンタリーを作る醸造所は多くありません。そうは言っても、YouTubeは今後数年で大きな影響力を持つでしょう。

そしてBlackmagic Design製品は、これらの制作の成功の鍵です。幅広いコンテンツを撮影できるBlackmagic Designのカメラは、映像制作者にとって夢のカメラです。このカメラを開発する際のBlackmagic Designの配慮には、非常に感謝しています。