iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、グラファイト、ゴールド、シルバー、シエラブルーの4つをラインナップ

アップルは、スマートフォンの新製品として「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」を2021年9月24日に発売する。apple.com/jp/store、Apple Storeアプリケーション、Apple Store直営店での希望小売価格はiPhone 13 Proが24か月分割払いで月額税込5,117円、下取りがない場合は税込122,800円。 iPhone 13 Pro Maxは24か月分割払いで月額税込5,617円、下取りがない場合は税込134,800円。

両モデルは、3つの背面カメラすべてに新しいセンサーとレンズを搭載。iOS 15とシームレスに連係するよう最適化され、A15 Bionicの新しい画像信号プロセッサ(ISP)によってノイズ低減とトーンマッピングが向上し、iPhone 13 ProのラインナップはこれまでのiPhoneの中で最も高性能なカメラシステムを搭載しているという。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、iPhoneのラインナップ史上最も高性能なモデル。新しいカメラハードウェア、ProMotionを採用したディスプレイ、iPhoneの中でももっとも高性能なグラフィックス性能、バッテリー駆動時間を備えている

新しい広角カメラには、これまでのiPhoneで最大の1.9μmピクセルを採用したより大きなセンサーを搭載。これによってノイズが少なくなり、様々な光の条件下で必要な速いシャッター速度も実現し、さらに精細な写真撮影を可能としている。

より明るいƒ/1.5の絞り値との組み合わせにより、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの広角カメラは明るさが足りない場所での性能がiPhone 12 Proと比較して最大2.2倍、iPhone 12 Pro Maxと比較して約1.5倍と大きく向上している。

iPhone独自のセンサーシフト光学式手ぶれ補正(OIS)は両モデルに搭載されており、レンズではなくセンサーを安定させるため、ユーザーが動いても写真はなめらかに、ビデオはぶれがない状態になるとしている。

新しい広角カメラでは明るさが足りない場所での性能が大きく向上

新しい超広角カメラは、より一層明るいƒ/1.8の絞り値と新しいオートフォーカスシステムによって明るさが足りない場所での性能が92%向上。より明るく鮮明な写真を撮影できるという。新しいレンズ設計、iPhoneの超広角カメラで初となるオートフォーカス機能、先進的なソフトウェアにより、iPhoneでこれまで不可能だったマクロ写真撮影も可能。

ユーザーは最短焦点距離2センチメートルで拡大して、被写体が実際よりも大きく見え、鮮明で美しい写真を撮影できる。マクロはスローモーションやタイムラプスなどのビデオでも利用できる。iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは新しい77mmの望遠カメラを搭載しており、ユーザーはビデオ撮影中にもっと被写体に近づいたり、より典型的な構図のポートレートを撮影可能。望遠カメラの光学ズームは3倍で、カメラシステムの光学ズームレンジは合計6倍になる。

新しいレンズ設計と超広角カメラでのオートフォーカス機能にソフトウェアの連係が加わり、iPhoneで初めてマクロ写真撮影が可能

高速になったA15 BionicのNeural Engineと新しい画像信号プロセッサ、コンピュテーショナルフォトグラフィがiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの新しいカメラ機能を強化。フォトグラフスタイルでAppleのマルチフレーム画像処理の利点を活かしつつ、自分の写真の好みをすべての画像に適用可能。プリセットや自分好みの設定はすべてのシーンや被写体に対して機能し、単純なフィルタとは違って写真の別々の部分に適切な調整を行いながら適用されるため、スキントーンなどの写真の重要な要素が保たれるとしている。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxでは初めてナイトモードが望遠カメラを含むすべてのカメラに搭載され、スマートHDR 4にも対応。難しい条件下での集合写真の被写体の色、コントラスト、光が向上し、より実物に迫る写真を撮影可能としている。Deep Fusion、Apple ProRAW、ポートレートライティングを備えたポートレートモードなどの人気機能も提供している。

iPhoneのシネマティックモードは、人物、ペット、その他の被写体を、自動でピントが変化する美しい被写界深度効果と共に撮影可能。ピントは撮影中にも撮影後にも変更可能で、ユーザーはボケ効果の強さを写真アプリケーションやiOS用のiMovieで変更することもでき、この機能はmacOS用のiMovieとFinal Cut Proにも近日中に導入予定。また、A15 Bionicと高度な機械学習アルゴリズムの活用によって、シネマティックモードではドルビービジョンHDRで記録される。

色の忠実性が高くて圧縮が少なく、コマーシャルや長編映画、放送用の最終納品フォーマットとして幅広く使われているビデオコーデックのProRes2を導入。新しいプロのワークフローは、新しいカメラハードウェア、A15 Bionicの先進的なビデオエンコーダとデコーダ、およびフラッシュストレージパイプラインによって実現。iPhoneは、ドルビービジョンやProResで撮影、編集、共有までの完結したワークフローを提供する、唯一のスマートフォンとしている。

iPhone 13 Proのラインナップに搭載されているA15 Bionicは、これまでiPhoneでは不可能だった新しいディスプレイ、カメラ、ビデオ機能を実現する。

5ナノメートルテクノロジーを採用したA15 Bionicでは、Proのラインナップに新しい5コアGPUを搭載。スマートフォンの中で最も速く、他社よりも最大50%速いグラフィックス性能を実現。ビデオアプリケーション、高パフォーマンスのゲーム、様々な新しいカメラ機能に最適としている。

2つの新しい高性能コアと4つの新しい高効率コアで構成される新しい6コアCPUは、他社よりも最大50%高速で、負荷の大きい作業もスムーズに効率よく処理が可能。新しい16コアのNeural Engineは、1秒間に15兆8千億回の演算が可能で、他社製アプリケーションでの体験や、iOS 15のカメラアプリケーションの「テキスト認識表示」機能などでの機械学習の演算を高速に可能。また、次世代ISPの大幅な進化により、ノイズ低減とトーンマッピングが向上しているという。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、グレッグ・ジョズウィアックは次のようにコメントしている。

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、かつてない大きな進歩を遂げたカメラシステム、iPhone史上最高のバッテリー駆動時間、どのスマートフォンよりも速いパフォーマンスを備えたこれまでで最もプロなiPhoneラインナップであり、iPhoneの新しい標準を打ち立て、これまで不可能だった素晴らしい体験をもたらします。

新しいプロカメラシステムは、進化した望遠ズーム、マクロ写真撮影、フォトグラフスタイル、シネマティックモード、ProResとドルビービジョンのビデオなど、これまで以上にプロな撮影機能を提供します。ProMotionを採用したSuper Retina XDRディスプレイはApple史上最高のディスプレイであり、画面上のコンテンツに賢く反応し、素晴らしいグラフィックス性能を提供するので、あらゆる観賞体験に最適です。