VANLINKSは、Vaxis製ワイヤレス映像伝送トランスミッター「ATOM 500 SDI」のソフトウェアアップデートを公開した。VANLINKS SHOPからダウンロードできる。

DFS機能を追加し、屋外でも利用可能になる同ファームウェア。対象はVaxis ATOM 500 SDI。ファームウェア更新による仕様変更は以下の通り。

  • ファームウェア更新後は4〜9がDFS対応チャンネル、0〜3は室内専用のDFS非対応のチャンネルに変更。4〜9チャンネルはDFSの表記がOLEDディスプレイに表示される。
  • DFSのチャンネル切り替えには約90秒程度時間がかかる。
  • ファームウェア更新後はデフォルトのチャンネルが自動的にDFS対応のチャンネルとなる。
  • チャンネルの総数が13から10に変更。