アドビは、Premiere Proベータ版に新機能「自動補正」搭載を発表した。Premiere Proのベータ版は、Adobe Creative Cloud ベータプログラムに参加することで体験可能。Adobe Creative Cloudデスクトップアプリの「ベータ版アプリケーション」タブから「Adobe Premiere Pro(ベータ版)」をインストールすることで入手できる。

「自動補正」機能は新しいテクノロジーを使用して、Lumetriカラーパネルに自動的に色補正が可能になる。調整結果はLumetriカラーパネル上部の基本補正スライダーに反映されるため、ユーザーによる微調整も簡単に可能。

同機能は、コンテンツ制作者の初心者にとっては映像のカラー調整の思考錯誤におけるガイド役を果たし、経験豊富なユーザーにとってはカラーコレクションを迅速に行うための出発点として役に立つとしている。

正式リリース後、Lumetriカラーパネルの基本補正セクションにある「自動」ボタンが「自動補正」に変わる予定。より洗練された色補正をワンクリックで行えるために、より良い結果を得ることができるという。

Premiere Pro(ベータ版)に搭載された自動補正は、Lumetriツールを使用してソース映像にインテリジェントなカラーコレクションを適用するという

従来の「自動」ボタンとは異なり、「自動補正」は「基本補正」のすべての設定を使用し、よりニュアンスのある結果を得ることを可能としている。

しかし、現在のところ自動補正は、変更前のソース映像を分離する仕様であるため、他のカラー効果を追加する前に適用する必要がある。また、現時点ではLog撮影されたフッテージやLogにRec.709 LUTを適用したものには対応していないとしている。