アドビは、10月7日にクラウドベースの大手ビデオコラボレーション・プラットフォームであるFrame.ioの買収が完了したことを発表した。Photoshop、Premiere Pro、After Effectsなどのアドビの主要なビデオ編集製品と、Frame.ioのクラウドベースのレビュー・承認機能を組み合わせることで、クリエイティブなプロセスを根本的に加速し、エンドツーエンドのビデオプラットフォームを実現するという。

動画の需要が急増しているため、動画チームは、分散したチームと密接に協力しながら、増え続けるコンテンツを作成する必要がある。現在、動画のレビューと承認のプロセスは、複数のチャネルでそれぞれ行われており、非効率的で時間のかかるワークフローなのが現状だ。この非効率性の対処に、ビデオツールは、クラウドファーストの必要があり、適切なコントロール、フィードバックメカニズム、およびセキュリティを備えたクリエイティブなプロセスに効果的に実現できるようになるという。

100万人以上のユーザーを持つFrame.ioは、編集者やプロジェクトの主要な関係者がクラウドファーストのワークフローを使用し、シームレスにコラボレーションが可能になり、ビデオ制作プロセスを合理化が可能になる。

Creative Cloudのチーフプロダクトオフィサー兼エグゼクティブバイスプレジデントのScott Belsky氏は次のようにコメントしている。

動画の重要性が高まる中、業界をリードするFrame.ioのクラウドネイティブなワークフロー機能をCreative Cloudに追加できることを誇りに思っています。アドビのアプリケーションだけでなく、クリエイティブ・エコシステムの中で増え続けているサードパーティ・アプリケーションとのコラボレーションを可能にするために、Frame.ioはその多くをサポートしています。

買収が完了した今、アドビはFrame.ioと共に、クリエイティブなプロセスをより協調的、生産的、効率的にし、すべての人の創造性をさらに引き出せることになる。

Frame.ioの買収により、Creative Cloudのコラボレーションサービスが動画にも適用され、Premiere Pro、After Effects、PhotoshopなどのCreative Cloudアプリケーションにネイティブに組み込まれたFrame.ioのワークフロー機能により効率化が図られるだろう。具体的な実装時期はまだアナウンスされていないが、10月末に開催されるAdobe MAXで何か動きがあるのかもしれない。