コシナは、Voigtlanderレンジファインダー用レンズ「APO-SKOPAR 90mm F2.8 VM」を2021年11月に発売する。希望小売価格はシルバー、ブラック共に税込99,000円。

APO-SKOPAR 90mm F2.8 VMは、フルサイズMマウントセンサーに最適化した、マニュアルフォーカスの中望遠レンズ。新設計の光学系は7群7枚のうち5枚に異常部分分散ガラスを使用。軸上色収差を限りなくゼロに近づけるアポクロマート設計による高画質に加え、レンズ全体を繰り出すシンプルな構造により、全長60mmのコンパクトさを実現。本体重量は250gと軽量に仕上げられ、可搬性の良さとともに光学式レンジファインダー使用時の撮影フレームのケラレも抑制されている。

また、10枚からなる絞り羽根は開放のF2.8だけでなくF4、F22でも円形になる特殊形状を採用。点光源などの「玉ボケ」を活かした作画が可能としている。

    
ブラック
※画像をクリックして拡大
    
シルバー
※画像をクリックして拡大

本レンズは、距離計連動式のデジタルおよびフィルムカメラでの使用を前提に設計。高精度な距離計連動機構を搭載し、総金属製のヘリコイドリングによるシルキーな操作感覚とともに伝統的な光学式レンジファインダーを用いたピント合わせの醍醐味が味わえるという。

距離計に連動する最短撮影距離は0.9m(装着するカメラにより異なる)。また、同社のマウントアダプターを介してソニー Eマウント、富士フイルムXマウント、ニコンZマウントのデジタルカメラに装着することも可能。外装仕上げはシルバーとブラックの2種を用意。リバース装着可能で携行に便利な専用金属製フードが付属する。

なお、本レンズは同社のマウントアダプターを介してソニー Eマウント、富士フイルムXマウント、ニコンZマウントのデジタルカメラに装着することが可能だが、Mマウントカメラ用センサーに最適化していることから、これらのカメラでは本来の光学性能は発揮されいないとしている。