ソニー株式会社は、世界初※18K HDR映像を対角120°の広視野角でVR視聴※2できる、 Xperia専用※3スマートフォン差し込み型ビジュアルヘッドセット「Xperia View(エクスペリアビュー)」を11月19日に発売することを発表した。 市場推定価格は、税込30,000円前後。価格はオープン。

Xperiaで映し出す高精細HDR映像を、同製品搭載された独自開発の対角120°広視野角レンズを通して視聴することで、 現実の世界へ没入するような感覚を体験できるという。

ソニーストア各店のほか家電量販店などでで取扱い予定。全国のソニーストアでは、明日から店頭にて先行展示される。

同製品発売に併せて、制作されたアイドルグループ・乃木坂46出演の8K HDR VR特典映像を商品購入者を対象に、11月19日から期間限定の無料配信キャンペーンを実施予定。 そのほか10月26日からは「Xperia View」購入者に対する1万円キャッシュバックキャンペーンも予定されている。

※1:スマートフォンを活用したVR視聴体験において。2021年10月26日時点、ソニー調べ。
※2:Xperiaで8K HDR映像をデコード処理し、4K HDR対応有機ELディスプレイに表示する映像のVR視聴。本商品向けに制作されたコンテンツおよび本商品専用のアプリケーションでの再生に対応するコンテンツが対象。
※3:対応モデルは、「Xperia 1 III」および「Xperia 1 II」。2021年10月26日時点。

製品の主な特長と主な対応サービス・コンテンツは、以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

特長

1.Xperiaスマートフォンの21:9シネマワイドディスプレイに対応する、対角120°広視野角の独自開発レンズ搭載

「Xperia View」は、対応Xperiaスマートフォンの21:9シネマワイドディスプレイに対応する、独自開発の対角120度の広視野角レンズを搭載しています。 ハイブリッド構造のレンズで、中心視野部は高精度に光を集光する非球面レンズ、周辺視野部には高い集光効率をもつフレネルレンズをシームレスに一体化しています。 中心視野をクリアに見せながら、人が空間の広がりを感じるほどの広い対角120°広視野角のVR視聴体験を実現します。

独自開発のレンズは、以下のXperiaの最先端映像技術を引き出し、VR視聴の体験へ広げます。

  • 最新のCPU※4を搭載し、8K動画データのデコード処理が可能になります。また120Hz駆動の画面リフレッシュレート※5を実現し、残像感が少なくクリアな視界を保つことができます。
  • 高精細4K有機ELディスプレイの搭載に加え、広いダイナミックレンジを実現するHDR対応による色彩豊かな表現が可能で、人の目で見る景色に近い自然な明暗や陰影まで再現することができます。
  • HDR規格やBT.2020の色域、10bitの入力に対応し、映像制作の基準器として使われているソニーのマスターモニターで培った技術により、クリエイターの意図した色調を再現します。

※4:「Xperia 1 III」は Qualcomm® Snapdragon™888 5G Mobile Platform、「Xperia 1 II」は Qualcomm® Snapdragon™865 5G Mobile Platform を搭載しています。
※5:120Hz 駆動のリフレッシュレートは「Xperia 1 III」のみ対応。

2.簡単なセットアップと操作性

本商品のフロントカバーにスマートフォンを装着しヘッドセットに取り付けるだけで、VR映像視聴を簡単に楽しむことができます。 バンドは後頭部を上下から支える設計で、360度の映像を見まわす際に首を動かしてもずれにくく、安定した装着感を備えます。 眼鏡をかけたままでも装着することができます※6。 スマートフォンの側面ボタンでの操作に加えて、筐体をタップする操作が可能で、コントローラーを使用せず直感的に操作できます。

※6:眼鏡のサイズやデザインによっては、かけたまま使用できない場合があります。

主な対応サービス・コンテンツ

対応アプリケーション※7を介して、下記のコンテンツ視聴が可能です。

  • DMM動画
  • 360Channel
  • Xperia Viewアプリケーションのサポートする映像コンテンツ※8

※7:対応スマートフォンにGoogle Playストアからアプリをインストールする必要があります。
※8:Xperiaの内蔵ストレージやSDカード内に保存された写真や動画を含む。HLG非対応。