株式会社テイラーイノベーションズは、カメラさえあれば他の機材は一切不要でライブ配信が可能になる、HDMI/SDI 4K入力対応のライブ配信専用機器「Blastreams OBS(ブラストリームス オービーエス)」を2022年春に発売予定。価格は未定。

従来、オンライン授業の配信を行う場合、ノートパソコンを利用する方法が一般的で、普段から使い慣れているパソコンを利用できるというメリットはあるが、一般的なノートパソコンでライブ配信を行う場合、USB接続が可能なWebカメラでなければ直接パソコンに接続ができず、ビデオカメラやデジカメを利用する場合には専用のキャプチャデバイスが必要となっている。Blastreams OBSは、本体に直接HDMI/SDI入力端子が搭載されており、ビデオカメラやデジカメを使った高品質なライブ配信が可能だとしている。

ノートパソコンを利用してオンライン授業をライブ配信する場合、配信を行っている間はその他のアプリケーションを利用することが困難で、他の作業と同時並行してライブ配信を行うことはできなかったが、Blastreams OBSを導入することで、オンライン授業の配信はBlastreams OBSが行い、手元のノートパソコンではプレゼンテーションアプリを利用してオンライン授業で使用する資料などを投影したり、ビデオ会議アプリを利用して先生と生徒、生徒同士で授業内容に対する意見交換や情報共有を行うことができるとしている。

    
オープンソースのライブ配信ツール「OBS Studio」搭載により、初心者でも簡単に配信が可能
※画像をクリックして拡大

また、オープンソースで開発されているフリー・オープンなストリーミング・レコーディングソフトウェア「OBS Studio」は、無料のツールながら映像や音声をキャプチャーし、ミキシングやフィルター、シーンの切り替えといった操作を行いながら、様々な動画や音声サービスへ配信可能だ。

Blastreams OBSの仕様

OS Linux
プロセッサ プロセッサ AMD Ryzen Embedded V1605B
コア数/スレッド数 4/8
ベース動作周波数 2.0GHz
ブースト動作周波数 3.6GHz
グラフィックス グラフィックス AMD Radeon Vega 8 Graphics
最大動作周波数 1100MHz
GPU CU数 8
メモリ 規格 DDR4
搭載容量 8GB
空きスロット
内蔵ストレージ 規格 SSD SATA
容量 システム領域含め約120GB
映像出力 DisplayPort 1.4 ×1
有線LAN Gigabit LAN (10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T) × 2
無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth
インターフェース 背面ポート DC IN×1
Gigabit LAN×2
DisplayPort×1
USB 2.0×4
USB 3.0(Type A)×2
USB 3.0(Type C)×1
ライン端子(3.5mmステレオ)×1
マイク端子(3.5mmステレオ)×1
冷却方式 空冷ファン方式
対応温度 動作時 0度~50度(結露無き事)
非動作時 0度~50度(結露無き事)
消費電力 +12.0V -6.0A 60.0W (AC)
保証 メーカー保証1年
付属品 ACアダプタ × 1、AC電源コード × 1、Wi-Fiアンテナ × 2
※マニュアルはオンラインで提供
本体サイズ W370mm×D250mm×H70mm
本体重量 3.5kg
接続 HDMI/SDIビデオ・オーディオ入力
※著作権で保護されたHDMIソースからのキャプチャーはできません。
対応ビデオ入力フォーマット 720p 60fps/1080p 30fps/1080p 60fps/2160p 30fps

なお、Blastreams OBSは2021年11月17日(水)~19日(金)に幕張メッセで開催される「Inter BEE 2021」のバイオス社ブース内にて展示予定(ホール7/ブースNo.7416)。当日は実機の展示並びにデモンストレーションを予定している。