新ブランド「SanDisk Professional」登場!

去る2021年7月7日、ウエスタンデジタルが新ブランドの立ち上げを発表した。それが「SanDisk Professional」だ。

我々の生活の中のほとんどがデジタルコンテンツに溢れ、高速大容量化が求められるこの時代、映像制作の現場で多く扱われてきた「G-Technology」ブランドを引き継ぎ、静止画制作のプロからの信頼が厚いSanDiskブランドと、プロフェッショナル向けのメディアソリューションとしての統合を果たした。つまり、静止画、動画をボーダレスに「視覚コンテンツ」を制作するプロフェッショナル向けのブランドだ。

筆者は収録メディアは基本SanDiskを使用し続けている。SanDiskを使用してからメディアのトラブルが皆無だからだ。そして自宅での編集ストレージは「G-Technology」一択で5年。愛用している8bayのRAIDストレージはトラブルを起こすことなく、快適な速度で作業を行えるストレージとして絶大な信頼を寄せている。

そんな理由もあって、「SanDisk Professional」のブランド展開の発表には心が弾んだ。今回は編集システムの要となるRAIDストレージと4bay式のカードリーダーのドッキングステーションPRO-DOCK4をご紹介したい。

「G」の意思を引き継ぐ、高速・大容量のRAIDソリューション「G-RAID」

まず最初にご紹介するのは8bay・4bayの大容量ハードウェアRAID「G-RAID SHUTTLE」シリーズだ(RAIDとは複数台のハードディスクやSSDを並列に繋げるイメージで大容量化させ、速度を上げるもの)。

Thunderbolt 3接続でのインターフェイスで、RAID 0設定であれば読み書き約2000MB/秒前後の速度を実現する。筆者の環境はRAID 5運用をしているため、読み書き約1200MB/秒となっているが、これでも十分すぎるスピードである。

4Kでの撮影・制作が当たり前になり、6K、8KのRAW素材での撮影も日常化してきた今、個人・プロダクション問わず、マストな編集ストレージと言える。最近映像制作をはじめた方や若い世代はPC内蔵のフラッシュストレージや外付けSSDなどのポータブルストレージへの保存でデータのやりくりをしている人が多いようだが、2~3年ほど映像制作を続けていくと必ずぶつかるのが「ストレージ容量の壁」だ。

忙しくなればなるほど、複数のプロジェクトを同時進行するため、大きな容量のプロジェクトを複数作業ストレージに残す必要が増え、映像制作のキャリアを積むほどに、使用するカメラのレベルが上がり、クライアントの要望が上がれば上がるほど、カラーや合成などの作業が増え、収録するコーデックのデータ圧縮率は低いものとなっていく。

つまり、やればやるほど、撮影素材のボリュームが増えていくのは世の常。いつまでも容量が小さい素材で仕事はできないのだ。それは映画やテレビのような俗に言う大きな仕事でなく、ちょっといい感じのWeb-CFだけでもなく、従来の「街のビデオ屋」的な仕事においても、である。

普段は広告などのプロモーション映像の制作を行なっている筆者だが、世には出ない街のビデオ屋的な仕事も多々しており、現在はとある裁縫教室の教育ビデオ的なものをここ数年レギュラーで制作させてもらっている。HD完パケながら、撮影は編集時にトリミングズームをする前提でポケシネ6K 2台と4K 1台の合計3台でマルチカム収録をしている。

撮影は7~10日間。1本90分の完パケ映像を年間で12本制作という内容。さらにそれを毎年更新していく、というものだ。撮影は軽いBlackmagic RAWの12:1とはいえ、初年度で撮影素材と編集素材を合わせて12TB超え、2年目の今年はそこに9TBが追加された。そして来年度も撮影する、ということで30TB近い素材を保存し、また立ち合い編集でハンドリングしたりする。

そうなると編集ストレージが「高速・大容量」であることが求められるとなる。単発の広告映像の撮影や編集であれば内蔵フラッシュストレージや4TB程度のポータブルストレージでどうにかなるが、同じトンマナが求められるシリーズの映像や、保管しながら次のプロジェクトで素材を流用する場合は、こうしたRAIDストレージでないと作業効率が悪いどころか追いつかない。複数のポータブルストレージでやりくりするにしてもUSB-Cケーブルだらけになる上、おそらくUSBコネクタが足りなくなる。

そして先方オフィスに出向いての「立ち会い編集」なども発生するので、大きいながらも持ち運び前提でデザインされているG-RAIDは専用設計のペリカンケース(別売)で安全に運ぶことができるのも大きな利点なのだ。大きくても「ポータブル」。他のRAIDストレージに大きく差をつけるアドバンテージだ。

また筆者の経験上自作のRAIDボックスなどでは思いの外速度が出なかったり、組んだ翌日にHDDが認識しないトラブルが起こることがあるが、G-Technology時代から皆無である。そこにSanDisk Professionalという名前が刻まれたのは、プロにとって安心感が増したのではないだろうか。

カードリーダー用4bayドッキングステーション

    
※画像をクリックして拡大

そしてもう一つご紹介したいのはPRO-DOCK4だ。今までありそうでなかった、種類の違うカードリーダーを4つのスロットに搭載できるThunderbolt 3接続のドッキングステーションだ。

このPRO-DOCK4はSDカード、microSD、CFカードリーダーが一つになったマルチカードリーダーをはじめ、REDのMINI MAG、CFast2.0カード、CFexpress TypeBと近年の映像制作に使われるメディアのリーダー4種を外しての個別利用はもちろん、必要に応じて一つにまとめることができる(各種PRO-READERは別売)。

RED Helium8K(MINI-MAG)を筆頭にBlackmagic DesignのPocket Cinema Camera6K/4K(CFast2.0)や各種一眼カメラ(SDカード)など仕事によって使い分ける筆者にとって、PRO-DOCK4は大変助かるアイテムだ。いちいち必要なカードリーダーを出して、PCに接続する手間がなく目の前のドックに挿すだけ、それぞれのリーダーを出して来る必要がないのは本当に助かる(あえてリクエストを出すとしたらCFexpress TypeAカード対応のカードリーダーの登場を願うくらいであろうか)。

また、取り外しもフタを開けてワンプッシュ操作で簡単にできる、必要なリーダーだけ必要に応じて持って行ったり、事務所で、自宅で、複数のメディアをいちいちリーダーを差し替えたりせずにダイレクトに読み込める。オフロード作業の効率を最大限に高めてくれるであろう。

    
※画像をクリックして拡大

さらに、PRO-DOCK4にはThunderbolt 3ポートが2口、USB-Cが2口、USB TypeAが2口、ディスプレイポート1.4が1口、ギガビットイーサネットに入出力の3.5mmオーディオポートも搭載しているので普段ラップトップで制作を行う人にとっても嬉しい仕様になっている。最近ではメインマシンをMacBook Proにするクリエイターが多いようなので、こんなDockソリューションは待っていたものではないだろうか?カードリーダーが内蔵されるだけでこんなにもデスク周りがスッキリとまとまるとは筆者自身驚いた。

出先はラップトップで、帰宅したら外部モニター接続で。各種メディアリーダーをケーブルで接続することもなく、ThunderboltポートやUSBポートの数を気にせずに高速オフロード作業が出来る。

筆者のようなデスクトップユーザーにとっても机周りがスッキリするので良い。G-RAID SHUTTLEと共に、デザインもMac環境にマッチする。質感も実にいいので、是非手にして実感してもらいたい。カッコイイ、というのは作業時のテンションを上げてくれる。ぜひ一度手にしてもらいたい。

各製品の詳細はこちら

WRITER PROFILE

鈴木佑介

日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒のおしゃべり得意な映像作家。専門分野は「人を描く」事。広告の仕事がメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。