PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2006 現地レポート(2/2)
Special

CEATEC JAPAN 2006 現地レポート(2/2)

2006-10-06 掲載

SONY

SONYはブースは、すべてにおいてハイビジョンだらけ。Blu-rayを筆頭にハイビジョンを前面に押し出した構成となっていました。カメラコーナーでは今秋発売予定の HDR-FX7 が2台用意され、実機を触ることができました。注目の商品なだけあって、かなりの人だかりが。


HDR-FX7の隣には、ビクターブース同様にクリアビッドCMOSの現物が展示されていました。カメラの心臓部分であるイメージセンサー。メーカーとしての意地やプライドなど、様々な想いが詰まっているのでしょうか。

その横では、AVCHD規格のハイビジョンハンディカム、HDR-SR1とHDR-UX1、さらにHDVカメラ HDR-HC3の現行ハンディカム御三方が!…とおもいきや、こちらはFX7とは違い、CEATECの来場者層にあわなかったのか、ハイアマチュア以上の方には受けが悪いようで、あまり注目されていませんでした。他社ブースはHDDやDVD、メモリーカード記録方式の小型カメラに人気が集中していましたが、SONYのカメラはテープ記録がまだ主流のようですね。

記録メディアといえば、システムファイブにも「AVCHDが登場したからHDVって廃れるのでは?」とか、「HDDに記録できるようになったら正直テープっていらなくなりません?」などといった質問がよせられますが、AVCHDとHDVは棲み分けが確立されつつあるし、個人的にはテープはなくならないと思います。やっぱり取り扱いが楽だし、コストパフォーマンスも高いし。メディアごとにメリットデメリットはありますから、うまく共存していくのではないでしょうか。ただし、家庭用としては徐々にテープレスへシフトしていきそうな気配です。

各所で物議を醸しているPlayStation3も、実際にゲームができる状態で展示されていました。発表されたばかりのBru-rayHDDレコーダー2機種も展示。「ハイビジョンカメラで撮影したら、ハイビジョンテレビで見て、ハイビジョンのまま録画。ゲームもハイビジョンでレッツプレイ。全部ソニー製品で素敵なHDライフを!」…そんな感じのブースでした。

Pioneer

HEED冷陰極HARP撮像板が参考出品されていました。CCDの20倍の感度を持つという、新しい撮像素子です。画素数がまだ256×192と小さいですが、今後が期待できる技術です。近い将来、CCDやCMOSを凌駕するかもしれませんね。

Canon・TOSHIBA共同ブース

プラズマや液晶に変わる次世代ディスプレイSEDパネルを共同で展示していました。今年も大人気で、整理券が開場後1時間で配布完了してしまいました。…ということで、泣く泣くブースの外から撮影。発売が大幅に遅れているSEDですが、製品化の目処がたつのはいつになるのでしょうか。

Blu-ray陣営ブース

次世代光ディスク、Blu-rayとHD DVD。両陣営のブースは対照的な雰囲気に。こちらはBlu-ray陣営。レコーダーをメインに展示し、家庭でのハイビジョン録画を提案していました。すでに発表済みのPanasonicに続き、SONYからもHDD内蔵レコーダーが発表され、各社が参考出品していました。ディスクのコピー、プリントまで自動で行える装置も発表され、HD映像をBlu-rayで納品できる日ももうすぐといった感じです。

HD DVD陣営ブース

[ Category : ]
[ DATE : 2006-10-06 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CEATEC2015]Vol.02 製品を生成するパーツから考察する次世代の製品とは

txt:稲田出 構成:編集部 CEATECはディバイスなど電子パーツの展示会をルーツにしているため、製品以前の出展も多い。現在ではこうした製品を構成するパーツから次世代の製品... 続きを読む

[CEATEC2015]Vol.01 各社の得意分野にフォーカスした展示を展開

txt:稲田出 / Ai YAMAMOTO 構成:編集部 10月7日から10日の4日間、千葉・幕張メッセにおいて日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATE... 続きを読む

[CEATEC2014]Vol.02 未来を感じる新領域の最新技術

新領域の最新技術が幾つも見られる会場 NHKは、毎年CEATECでJEITAと共催で最新の映像技術や今後の動向などを紹介したブースを出展している。今年も4K関連や8K関連、ハイブ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.03 見えてくる新しい潮流と組み込みディバイス

CEATECでは製品はもちろん最新のディバイスなども出展されている。これらは発売間際の製品もあれば、開発途上のものもあり、なかには想像もできない製品に組み込まれるディバイスもある。... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.02 高精細の要はディスプレイから

アジア最大級の通信・情報・映像総合展CEATEC JAPAN 2013が開催された。生活に密着した家電製品を初め、最先端の電子部品・デバイスなどのほか、4K・8Kテレビやスマートフ... 続きを読む

[CEATEC JAPAN 2013]Vol.01 会場に溢れる4K製品は、もうすぐそこに!

10月1日より千葉県の幕張メッセで、ITとエレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2013」が始まった。CEATECの魅力は、ソニーやパナソニックなどが「IFA 201... 続きを読む

[CEATEC2010]3Dとスマートフォンの狭間でまだ知るべき商品群…

CEATEC2010は、「3D」と「スマートフォン」一色 開催日2日目の10月6日は、一般公開日の初日になる。幕張メッセのホール1から6それに加えCEATEC Suiteと銘打ち... 続きを読む

[CEATEC2010]KDDI ここでも人気のスマートフォン「IS03」に注目!

KDDIブースの一番人気はCEATEC前日に発表されたスマートフォン「IS03」だ。ブースの一番手前に展示コーナーが配置されているなど、かなり力を入れてアピールが行われていた。 ... 続きを読む

[CEATEC2010]SD Association 記録の要、10周年を迎えたSDメモリーの世界

発足当初のSDアソシエーションは、パナソニック、サンディスク、東芝の3社だったが、デジカメやビデオカメラ、音楽プレーヤーなど様々な機器に採用されており、現在約1300社の会員企業が... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. CEATEC JAPAN 2006 現地レポート(2/2)