PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2007]マスプロ電工株式会社ブースレポート
Special

[InterBEE2007]マスプロ電工株式会社ブースレポート

2007-11-20 掲載

ブース動画

ブース情報/見所・出展商品

地上ディジタル放送の受信エリアは,2007年末には全国の約92%まで広がる予定です。しかし,2011年7月24日の地上ディジタル放送完全移行までに,山間部や離島など60万もの難視聴世帯が残るといわれており,放送インフラの整備が急がれています。  マスプロ電工は,「Inter BEE 2007」において,地上ディジタル放送の中継局間をマイクロ波伝送する送受信装置や,地上ディジタル放送波を再送信するギャップフィラー装置を展示します。これらの放送関連機器は,長年培った高周波技術や,実績のある衛星放送用ギャップフィラーシステムのノウハウを活かし開発したもので,難視聴地域や電波不感地域への放送インフラのソリューションシステムとして期待されています。

出展商品

IF伝送方式無線回線装置(TTL※)
親局(都道府県の中心部をエリアとする高出力局)から送られる地上ディジタル放送波を,マイクロ波で中継局間を伝送する放送中継用の送受信装置で,日本放送協会(NHK)の技術指導のもと開発しました。 主な特長として,内部ユニットの共通化と1パイロット方式により,小型化と省電力を実現。また,既設中継局に導入しやすいよう,設備に合わせて屋外・屋内(ラック設置)設置を可能にするなど,地上ディジタル放送機器導入のコスト削減が図れます。開催期間中は,測定器やテレビを使い,伝送信号品質の良さをアピールするための実演展示を行います。 ※TTL:Transmitter to Transmitter Link(放送所と放送所を結ぶ番組を伝送する回線)

ギャップフィラー(極微小電力再送信)装置
地上ディジタル放送の電波が届きにくい山間部やビル影・地下街などに向けて,電波を再送信するシステムです。本装置は,株式会社NHKアイテックと共同開発したもので,ヘッドアンプは,RF出力(同軸ケーブル伝送)と光出力(光ケーブル伝送)の2タイプをラインナップ。送信機は光入力とRF入力があり,それぞれ出力が10mWと50mWタイプを選択できます。また,対策エリアや設置場所に応じて選択できる送信アンテナや,長距離伝送を可能にする光増幅器など,伝送距離や施設規模に応じてシステム構築ができるギャップフィラーシステムをご提案します。

ブース写真


[ Category : , ]
[ DATE : 2007-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2007]マスプロ電工株式会社ブースレポート