PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2007]オムネオン・ビデオネットワークス株式会社ブースレポート
Special

[InterBEE2007]オムネオン・ビデオネットワークス株式会社ブースレポート

2007-11-20 掲載

ブース動画

ブース情報/見所・出展商品

ブロードキャストおよびプロフェッショナルビデオ業界向けのネットワーク・メディアサーバを開発、販売しているOmneon Video Networks(オムネオン・ビデオネットワークス・インク:Omneon社) は、来る2007年11月20日から3日間、千葉県の日本コンベンションセンター(幕張メッセ)で開催されます、国内最大の放送機器展「2007年国際放送機器展 (Inter BEE 2007)」に出展いたします(展示ホール5、ブースNo. 5508)。

展示ブースでは、コストパフォーマンスに優れたコンパクト・ハイブリッドサーバのMediaDeck(メディア・デッキ)をはじめ、世界的に信頼性・拡張性高いオンエアサーバとして認知されております、Omneon Spectrum(スペクトラム)オンエアサーバ、そして独自のメディア・トランスコーダシステムProXchangeを組み合わせたアクティブコンテンツサーバ、MediaGrid(メディア・グリッド)を中心に一貫したワークフロー・コンセプトをご紹介いたします。

HDテープレス環境にて、素材の取り込みから、編集、管理、送出まで、放送事業のワークフローの効率化に注力した理想ソリューションの実演を、一般初公開の新製品と共に披露いたします。

見所
  • Omneon MediaGridTM(メディア・グリッド)
    グリッド・ストレージと、インテリジェントな(集中コンピューターで管理される)グリッド・コンテンツサーバを組み合わせた、容量、帯域幅とメディア処理能力を管理可能に拡張することのできるサーバシステムです。 Omneon Spectrumメディア・サーバと組み合わせることにより、テープベースからオールデジタルへと、ディスクベースのワークフローに移行し、ばらばらに管理をしていた複数のシステムを1つの共有ストレージ環境にまとめた、理想のワークフローを構築いたします。
  • Omneon ProXchangeTM(プロ・エクスチェンジ)
      IBC 2007において発表いたしました、大容量、マルチフォーマットのメディア環境を対象として設計された、高性能のトランスコーディングシステムであるProXchangeTM(プロ・エクスチェンジ)を初出展いたします。ProXchangeはOmneon MediaGridTM(メディア・グリッド)アクティブストレージ・システムで動作するために設計された初のメディア処理アプリケーションで、ストレージと処理を組み合わせたMediaGridのアーキテクチャを活用して拡張性と効率高いグリッドベースのトランスコーディングを行います。MediaGridアクティブストレージ・システム内にトランスコード処理を組み込むことによって、外部の処理システムやファイルを複数コピーする必要がなくなり、ファイルベースのワークフローが合理化されます。
  • Omneon SpectrumTM HD(スペクトラムHD)
    一般初公開のMediaPortシリーズMIP5300シリーズにより、ソニーXDCAMフォーマットを含め、さらに拡張したマルチフォーマット対応システムとして披露いたします。
  •   MediaPortは、フォーマットや機能に合わせてハードウェアとソフトウェアのどちらのコーデック技術も使用可能な柔軟なアーキテクチャがベースとなっています。この新しいアーキテクチャによってコーデック技術を非常に柔軟にOmneonシステムに組み込めるようになり、また今後登場する新しいコーデックにも対応することができます。 新しいSpectrum MediaPort 5300シリーズは、18~78Mbpsのレートによる、I-FrameとLong GOPの両方のフォーマットに対応したMPEG-2 HDエンコーダとして発売されます。シングルとデュアル・チャンネルの両方の構成が用意され、1つまたは2つのチャンネルのMPEG-2 HDエンコーディングを実現することによってSpectrumサーバのコストパフォーマンスをさらに高めています。  
  • Omneon MediaDeckTM(メディア・デッキ)メディア・サーバ:
    Omneon MediaDeck(オムネオン・メディアデッキ)はすべてのディスク・ストレージとI/Oモジュールをひとつの2-RUシャーシに収めたコンパクトなシステムです。同時に6系統までのビデオチャンネルに対応し、25 Mbpsで200時間以上の保存を行うことができる3テラバイトのディスク・ストレージを装備しています。   このシステムのディスクドライブ、冗長電源、さらにはメディア・インターフェース・モジュールまでがホットスワップに対応し、新しいコーデック技術が利用可能となるのに合わせて簡単にサービスやアップグレードを行うことができます。 標準の構成ではさらに保護を高めるためのデュアルパリティRAIDによるエンタープライズクラスの8台のSATAディスク、ギガビット・イーサネットと、外部アプリケーションからのコンテンツへのアクセスを簡単に行えるオープンなファイルシステム、選択したメディア・インターフェース・モジュールに応じてSDかHDのいずれかへの対応が提供されています。 ブースでは、Omneon MediaDeckのフル機能として、HDフォーマットのプレイアウト(デコード)も初公開いたします。
  • Omneon ProBrowse(プロ・ブラウズ)
    Omneon MediaGridとOmneon Spectrumのユーザビリティと仕様を拡張する、プロキシ生成・ビューワシステムです。OmneonProBrowse(tm)システムは、コンテンツディレクトリをモニタリングし、自動的にマテリアルの低解像度バージョンを生成します。 プロキシは即座にネットワーク上のPCから、Windows Media PlayerやQuickTime Playerといった、MPEG1ベースのビューワより閲覧することができます。ブースでは、ジョグ/シャトル機能、ビデオ処理機能や拡張管理機能を搭載したシステムを展示いたします。
  • ブース写真


[ Category : , ]
[ DATE : 2007-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2 Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2007]オムネオン・ビデオネットワークス株式会社ブースレポート