PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2007]日本テクトロニクス株式会社ブースレポート
Special

[InterBEE2007]日本テクトロニクス株式会社ブースレポート

2007-11-21 掲載

ブース動画

ブース情報/見所・出展商品

日本テクトロニクス株式会社は、2007年11月20日(火)から22日(木)、幕張メッセで開催される「国際放送機器展Inter BEE 2007(International Broadcast Equipment Exhibition)」において最新のビデオ計測製品と技術ソリューションの展示を行います。

「デジタル時代の放送を支援する計測ソリューション」

放送・ビデオ業界では、IPTV、次世代圧縮技術、高速SDIなど、配信形態、規格、新技術の分野で多様化が進んでいます。テクトロニクスは、「安定した高品質の放送・配信」、「良質のコンテンツ制作」、「増加するデジタル・コンテンツの品質管理」、「新技術を搭載した機器の設計・製造」を支援する先進の製品およびソリューションの展示を行います。 つきましては、InterBEEにぜひご来場いただき、当社ブースにお立ち寄りくださいますよう、心よりお待ち申し上げます。

3Gbit/秒-SDI測定
テクトロニクスは業界初となる3Gbit/秒-SDIのテストおよび測定を通じて、近未来SDIの姿を紹介します。当社の展示ブースでは、信号源に高速の任意波形ジェネレータ(AWG)と、3Gbit/秒の信号出力を備えるテスト・ボードを利用して、3Gbit/秒の波形・ジッタ測定のデモンストレーションを行います。今日まで1.5Gビット線を2本接続してデータを伝送するデュアル・リンク方式が採用されてきましたが、次のステップとして3Gbps対応SDIの移行が目指されています。こうした高速接続に関して業界が直面する課題と、3Gbit/秒の技術への移行を来場者に実際にご覧いただきます。

IPストリーム・プレーヤ
テクトロニクスはMPEG信号発生器「MTX100B/RTX100B/RTX130B」に追加されたIPストリーム・プレーヤ機能をデモンストレーションを交えて紹介します。新しいIPプレーヤ機能は、MPEG形式で圧縮された映像のIPネットワーク上のストリームを発生可能にするもので、IPv6やTTSといった新しい規格にも対応しています。また、パケット・ジッタなどの物理レイヤ障害の挿入、プロトコル・スタックの異なるレイヤへのエラーの挿入、ストリームを複製し複数のディスティネーションへの送出、個々のネットワークの性能に合わせて伝送パラメータを設定できる柔軟性、連続ループといった最先端のテスト性能も提供します。

MPEGストリーム解析・監視
MPEGストリーム・アナライザとして定評のある「MTS400シリーズ」に新たに搭載されたIPストリーム解析機能を紹介いたします。この新機能により、IPとMPEGストリームの両面から解析・評価を行います。またARIB TR-14に対応したH.264の解析機能も紹介します。 トランスポート・ストリームを監視する「MTM400型」は、IPおよびRFのストリームを同時に監視するとともに、新しいポーリング機能の搭載で、最大500のIPセッションをモニタ可能です。

画質評価システム
目視による主観評価に換え、客観的に画質を測定する「PQA500型」ピクチャ・クオリティ・アナリシス・システムを展示します。主観評価結果を推定するために、人間の視覚応答をモデル化した、独自の視覚モデル(HVS:Human Vision System)が搭載され、人間の視覚システムと同じように、ディスプレイのタイプや視聴条件、映像の状況やフォーマットなどの違いを認識し、主観評価と高い相関性を持つ結果を得ることができます。

新波形モニタ/オーディオ・モニタ
新波形モニタ「WFM7120型/WFM7020型/WFM6120型」およびラスタライザ「WVR7120型/WVRFM7020型/WVR6020型」は、従来製品の優れたモニタ機能、測定機能、マルチフォーマット対応はそのままに、直感的で快適な操作性を加えDual-Link SDI対応、2入力同時測定、AV ディレイ測定と充実した機能を備えました。制作から、運用監視まで幅広く対応するモニタリング・ソリューションをご紹介します。 またデジタル放送では、高品質なオーディオも必須です。アナログから最新のデジタル・サラウンド・オーディオまで広く対応し、モニタリングに必要な性能と高い柔軟性を持った「AMM768型」をご紹介します。

自動コンテンツ検証システム
圧縮ビデオ・コンテンツは、規格、分解能、フォーマット、カラースペースなど様々な形式が存在します。 放送においては、各パラメータが正確に規格を満たしている必要があります。 「Cerify」コンテンツ自動検証システムは、ファイルとして保存されているデジタル・コンテンツを自動的に検証する世界初のシステムです。今回は、より高速のプロセッサの搭載とメモリ容量の増大により、高速の検証作業を行える製品の展示を行います。

出展商品
  • 3Gbit/秒の波形・ジッタ測定のデモンストレーション
  • PQA500型ピクチャ・クオリティ・アナリシス・システム
  • MTX100BポータブルMPEGテスト・システム
  • MTS400シリーズ・MPEGテスト・システム
  • Cerify™ビデオ・コンテンツ自動検証システム
  • MTM400型MPEGトランスポート・ストリーム・モニタ
  • WFM7120型・WFM7020型・WFM6120型マルチスタンダード/マルチフォーマット波形モニタ
  • AMM768型マルチチャンネル・オーディオ・モニタ

ブース写真


[ Category : , ]
[ DATE : 2007-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2007]日本テクトロニクス株式会社ブースレポート