PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. SIGGRAPH2008 現地レポート(3/3)
News

SIGGRAPH2008 現地レポート(3/3)

#SIGGRAPH

2008-08-15 掲載

縮小傾向の展示フロア

展示会場の様子も変わった。サウス・ホールの会場は、アート展示とニューテック・デモがブース出展のフロアとつながっており、ブース出展エリアの左右をまたぐ形になっていた。SIGGRAPHの展示スペースが縮小している事実、それが見え見えにならないよう回避した格好をとったようだが、参加者の中には、片方の出展ブースエリアだけを回ってしまって、「やけにブース数が少ない」と思った人たちも少なくない。

展示スペースが縮小しているのは出展社数の減少が大きな原因ではなく、各ブースのサイズの縮小のほうが原因だろう。1コマと2コマベースがほとんどで6コマ以上のブースは20社も満たなかったようだった。各企業以前のようにブースの大きさを争うようなことはなく、フロア全般に同規模のブースが並び、新バージョンの展示とユーザ事例のプレゼンテーションで収まっていた。

 

アプリケーション部門では、エイリアス(Maya)やオートデスク(3ds Max)、Avid (Softimage XSI)、NewTek (LightWave 3D)といった大手3DCGソフト会社が、最新版の発表をするのが恒例だった。しかし今年は、既に新バージョンをリリースしてしまったところがほとんどで、オートデスクだけが新製品をイヴェントに合わせて発表したようだった。

オートデスクからはMayaの機能強化した誕生10周年記念バージョン「Maya2009」が発表された。ノードを集約して効率化を図るツール「Mayaアセット」をはじめ、複雑な物理シミュレーションを可能とする「Maya nParticles Dynamic Simulation」モジュールや、Mayaマッスルなどのツールも追加された。

また、キャラクターアニメーション・ソフトウェア「Motion Builder 009」、ビジュアルエフェクト・ソフトウェア「Toxik 2009」、デジタルスカルプティング&テクスチャ・ペインティング・ソフトウェア「Mudbox 2009」、それとパノラマイメージを生成できる「Sticher Unlimited 2009」と、2D画像から3D画像を生成できる「Image Modeler 2009」の4製品も発表した。後者2製品は今年5月に買収したRealViz社の移行製品である。

ハードウェアとしては昨年に引き続き、画像認識、画像処理用の機器が目立っていた。モーションキャプチャ関連のブースはいくも見られた。大御所のモーション・アナリシス社とVicon社は例年通りのステージを構えて登場。オーガニック・モーション社のマーカーやスーツの装着なしでリアルタイムにデータ生成できるモーションキャプチャ・システムは昨年初登場に引き続き、ステージでのデモは目立つものがあった。

軽装なスーツスタイルで、ワイヤレス操作のためアクションフロアに制限がない、Xsens Technologies社の「Moven」、Animazoo社の「IGS-190」は、慣性センサとライカスーツに装着されたジャイロスコープでリアルタイムに尚且つ200メートル四方範囲でアクターの動きをキャプチャできるシステムのデモンストレーションも見られた。

国産としては、クレッセント社の高視野角、高解像度の透過投影型ウェアラブルディスプレィ「HEWDD-768」が展示されていた。Point Grey Reserch社、Panoscan社やImmersive media社といった、全周囲画像の取り込みができるカメラシステムや、デジタル・スキャナーの出展も目立った。Point Grey Reserch社が展示していたのは、方向デジタルビデオカメラシステム「Ladybug3」を実装した車で、中にはDell PCに装備したGISマッピングシステムも実装していた。Ladybug3は全周の約80%の視野をカバーしたパノラマ画像を生成する。IEEE-1394bインターフェースにより800Mbpsの高速転送ができ、最大のフレームレートは、15FPS (JPEG圧縮)、非圧縮で6.5 FPS。車に装着してパノラマ画像を収録する際は走行60マイル/時までは検証済みだという。

ちょうど話題のGoogleストリートビューのようなものだ。また、Cell(セル)に関連した新情報も見られた。Cellは、ソニー・ソニーコンピュータエンタテインメント、IBMと東芝の三社が開発したマイクロプロセッサで、プレイステーション3に搭載されている。ソニーでは、「Beyond HD」とテーマを掲げ、Cell/B.EとグラフィックスプロセッサRSXを搭載した、マルチコア・プロセッシング・プラットフォーム”ZEGO”コンピューティングユニット「BCU-100」を発表した。このBCU-100は、米国市場向けとして年内に出荷予定だという。IBM社ブースでは、Cell最新モデル「PowerXCELL 8i」を搭載した、ブレード・サーバ「QS22」で顔認識のデモンストレーションをしていた。

 

来年のSIGGRAPHは東海岸側のNYでの開催と決定している。また今年から冬季としてSIGGRAPH ASIAがシンガポールで開催されることになっている。ちなみに、アジア地域で開催される2年目(来年)は横浜で開催される予定だ。

ブースレポート
Geek Barの入り口には、Quasiというリアルタイムで対話できる男の子のロボットが。言語認識と学習能力が非常に優れている。その彼のところに遊びにきたのが女の子のロボット(彼女の頭にはディスプレイがあって、女の子の顔が表示されている)。Quasiは「いいなあ、君はどこにでも行けて。僕はずっとここにいるんだよ。でも、ダンスはできるよ!」と言って、一緒にダンスを楽しんでいたシーンも。 アストロデザインが初出展。4Kx2K高解像度映像表示、HDマルチスキャン表示にも対応できる、大画面液晶モニタ「DM-3400」を展示。
全方向デジタルビデオカメラシステム「Ladybug3」を実装した車を展示。車の中にはDell PCに装備したGISマッピングシステムも実装している。 大手CGプロダクションもブース展示、作品を通して次なるプロジェクトの製作スタッフを募集する。
OrganicMotionのシステムは、スーツもマーカも装備する必要なくモーションキャプチャできる。 昨年から登場したNextEngine。A4サイズ高さのコンパクトな3Dスキャナーを今年も展示しているが、新しく用途別にスキャンデータを変換してくれるアプリケーションを揃えたパッケージとしてデモンストレーションしていた。標準装備の”Scanstudio CORE”アプリケーションではスキャンしたポイントをMeshとしてエクスポートする(STL、OBJ、VRML、US3D)。オプションアプリケーションには”Scanstudio PRO” “RAPID Work”sとリリースしたばかりの自動データアナライザー”QASCAN”が揃っている。
株式会社イーフロンティアが開発した海外向けの「Manga Studio EX」。 IMAGICAテクノロジーズのブースでは、オートデスク社製品のSPARKSプラグイン『扇』(O-gi)を展示。扇は、5つの補正処理機能をセットにしたもので写真はWrinkle Diminisher。
セッション「Great Failed Ideas in Production」。モデレーターはこのセッションテーマの発起人、ソニー・ピクチャーズのビジュアルエフェクツ・スーパーバイザー、Rob Bredow氏。パネリストに3名の巨匠を迎え、1人ずつ、過去採用されなかった提案や失敗談など1つだけ打ち明けてもらおうという、というもの。Pixer Animation Studiosのエフェクト・スーパーバイザーApurva Shah氏をはじめ、視覚効果のエキスパートであり、「Photoshop」や高機能なレンズフレアを生成するプラグインの開発者としても知られているJohn Knoll氏、ILMのビジュアルエフェクトの巨匠、John Dykstra氏からは30年前にさかのぼって多様な思い出話も登場した。Dykstra氏はジョージルーカス氏と並び、映画製作におけるコンピュータグラフィックスの使用を発展させた先駆者である。 「Machines and Monsters」のセッションでは、CloverfieldとIronManの主役、モンスターとロボットの製作話が開催された。スピーカーはプロダクションのTIPETTとILM。「アイアンマン」について、ILMからアニメーション・スーパーバイザーのHal Hickel氏とデジタルプロダクション・スーパーバイザーのDoug Smythe氏(写真は、Smythe氏)。最終バージョンのアーマーは、約1万5千ジオメトリ、400万ポリゴンというボリュームになった、という。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-08-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2020]Vol.04 SIGGRAPHに見る映像制作技術の最先端

Googleが推し進めるライトフィールドビデオの撮影装置 txt:安藤幸央 構成:編集部 4K、8Kその先の映像技術 最新のライトフィールドビデオに至るま... 続きを読む

[SIGGRAPH2020]Vol.03 リモートワーク時代の映像制作スタイル

MPCが手がけた、ARゲーム「マインクラフトアース」のCMより txt:安藤幸央 構成:編集部 広告系の映像制作もロケが困難。CG/VFX効果が重要に。リモートワークで... 続きを読む

[SIGGRAPH2020]Vol.02 映像業界のリモートとバーチャルを考える

SIGGRAPH定番の歩くティーポットのお土産、今年はARで楽しむことに txt:安藤幸央 構成:編集部 オンラインならではの楽しみ。定番グッズもARで! SIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2020]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2020開催!今年のテーマは「THINK BEYOND」

全てオンラインで開催された異例のSIGGRAPH 2020 txt:安藤幸央 構成:編集部 全てオンラインで開催、異例の大規模カンファレンスSIGGRAPH 2020 ... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.05 技術進歩で制作そのものが変化する。CG技術で進化する映像制作のワークフロー

txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルな撮影、バーチャルな撮影 バーチャルスタジオでの撮影の様子。床面のみ実物で、砂や石ころが敷き詰められている 今年のSIGGR... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.04 未来の表示装置と、リアルタイムCGの世界

txt:安藤幸央 構成:編集部 先端技術展示。未来的のディスプレイデバイスの紹介 最新技術の展示体験コーナー、レーザー描画の絵柄でお出迎え SIGGRAPHの... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.03 最新鋭の映像機器、VR応用の最先端

txt:安藤幸央 構成:編集部 新しい映像配給チャネル、Netflixが考えるCG/VFXと、ストリーミングの勘所 SIGGRAPHのプロダクションセッションと言えば、... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.02 生々しい制作の現場。プロダクションギャラリーで制作の現場に出会う

txt:安藤幸央 構成:編集部 CG/VFX制作の現場を知るプロダクションギャラリー SIGGRAPHの人気展示のひとつ、プロダクションギャラリーは2017年から企画が... 続きを読む

[SIGGRAPH2019]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2019開催!今年のテーマは「THRIVE」

会場となったロサンジェルスコンベンションセンター txt:安藤幸央 構成:編集部 リアルタイムCGが映像制作の現場に。VR技術で映像制作の可能性が広がる現場 SIGG... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. SIGGRAPH2008 現地レポート(3/3)