PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 00]キーワードはメタデータとメディアマネジメント

News

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 00]キーワードはメタデータとメディアマネジメント

2009-01-07 掲載

カメラのファイルベース移行が本格化し、ノンリニア編集環境もファイルベース化に対応した2008年。今年は、フルデジタル制作環境に向けて、新たな一歩を踏み出す年となりそうだ。カメラの映像収録から、映像編集、番組送出・コンテンツ配信、アーカイブまでをファイルベースで一貫するフルデジタル制作への移行。そのトータル環境の実現までには、ファイルの信頼性向上や検索性向上、データバックアップと再利用など、まだまだ乗り越えなければならない課題は多い。

確かに、ノンリニア編集システム単体で見れば、映像ファイルでの制作は一般化している。しかし、編集以外のワークフロー部分となると、目に見えないデータを扱う上で、まだまだテープメディアの安心感や信頼が大きな壁となって立ちはだかる。フラッシュメディア記録が主流になりつつあるカメラ収録であっても、テープが回っていることの安心感や、バックアップメディアとして残せるテープの取り回しの良さを挙げるカメラマンが多いことも事実。テープの一部に不具合があっても、前後の映像は生きているテープメディアへの信頼は絶大なものがある。テープへの依存を抜きにしても、フルデジタル制作ワークフローへの移行をスムースに行うためには、これまで収録、編集、送出、配信、アーカイブといった部分で縦割りされていたワークフローを、横断的に連携できるようにする必要がある。

今月の特集は、2日間に分けて掲載する。前半は、メタデータとメディアマネジメントについて取り上げる。フルデジタル制作移行においては、増え続けるメディアの管理・検索を効率的に行うためのメタ情報の取り扱いや、メディアの運用を管理するためのメディアマネジメントは不可欠なものとなるはずだ。メタ情報の視点としては、アドビ システムズが12月19日に発売した新しい映像制作ソフトウェアPremiere Pro CS4に搭載されたスピーチ検索に焦点を当てた。音声情報をメタ情報として扱う新しい取り組みを紹介する。メディアマネジメントについては、朋栄のメディア管理ソリューションMediaConciergeに焦点を当てる。フルデジタル制作ワークフローに向け、ノンリニア編集だけでなく、既存のリニア編集も組み込もうとする取り組みについて紹介する。いずれも、機能紹介では分かりにくい部分についてはインタビューを行った。

特集後半は、フルデジタル制作の可能性と新しい映像配信メディアについて紹介する。フルデジタル制作の可能性については、2008年夏の北京五輪で行った米NBCのファイルベースワークフローの実際を紹介する。オムネオン・ビデオネットワークスのソリューションを活用し、プロキシ映像を使用して大規模な遠隔地編集をした初のケース。放送、Web、携帯の3つのメディアに対し同時に配信した事例としても注目だ。

放送、Webなどマルチユースという意味では、日本では携帯・モバイル放送として定着したワンセグへの対応も欠かせない。データ放送関連ソリューションを扱うメディアキャストについても取材を行った。エリア限定ワンセグ放送の実証実験を通じて、新たな可能性を見出していることが見えてきた。


01へ進む


[ Category : ]
[ DATE : 2009-01-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 06]エリア限定ワンセグを地域活性化ツールとして活用へ

放送、DVD/Blu-ray、Webなど各種メディアを横断したワンソース・マルチユースの映像制作を可能にするフルデジタル制作だが、日本には忘れてはいけない配信メディア「ワンセグ放送... 続きを読む

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 05]米NBCプロキシベース制作ワークフローで五輪視聴者4億人を達成

現地で50万人以上の観客が、1万500人のアスリート達の競技を見守った2008年夏の北京オリンピック。その放送においては、前代にないフルHDクオリティでの放送制作環境が実現したこと... 続きを読む

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 04]インタビュー:アーカイブはBlu-rayとLTOを使い分ける

朋栄のメディアマネジメント・ソリューションであるMediaConciergeは、複数のシステムとソフトウェアを組み合わせた、自由度の高い構成となっている。そのため、メディアマネジメ... 続きを読む

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 03]制作ワークフロー全体を統合管理するMediaConcierge

近年、MXFフォーマットに準拠したファイルフォーマットを各社が利用するようになったことにより、映像制作のワークフローは大きな転換期を迎えています。素材流通はテープメディアからファイ... 続きを読む

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 02]インタビュー:メタデータ記述ファイルXMPの可能性

次世代制作ワークフローへの課題であるメタデータへの取り組みについて、Premiere Pro CS4に新たに搭載されたスピーチ検索機能部分に焦点を当てて、記事を書いてもらった。製品... 続きを読む

[特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 01] Premiere Pro CS4のスピーチ検索機能がワークフローを変える

2008年11月に発表となったAdobe Creative Suite 4。映像制作ツールのPremiere Pro、After Effectsも合わせて、12月19日に新バージョ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [特集:フルデジタル制作移行、その課題と展望 00]キーワードはメタデータとメディアマネジメント