PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [RED flow Now]08: AvidがREDワークフローを確立
News

[RED flow Now]08: AvidがREDワークフローを確立

#Avid #RED DIGITAL CINEMA #Media Composer #R3D

2009-06-17 掲載

今年のNAB Showに合わせてコーポレートロゴを変更し、ユーザーの声を積極的に採り入れていく姿勢をアピールしたAvid Technology(米マサチューセッツ州テュークスベリー)。このNAB Showを受けて日本でも、アビッド テクノロジー(東京都港区)が5月21日にPost NABイベントを東京・恵比寿のイーストギャラリーで開催した。このPost NABイベントで注目を集めたのは、ステレオスコピック3D映像制作とREDワークフローへの対応であった。ここでは、REDワークフロー部分について整理しておこう。

これまで、RED ONEのデータをアビッドの編集システムを使用して取り扱おうとするには、RED Digital Cinemaの標準ツールREDCINEなどを使用して現像処理を行ってDPX連番ファイルなどに書き出し、これをノンリニア編集・合成フィニッシングシステムAvid DSで読み込むという必要があった。ノンリニア編集システムのMedia Composerで編集をするためには、さらに1段階の作業を必要となる。アビッドが提供するフリーウェアのデジタルインタミディエイト用ファイル変換ソフトウェアMetaFuzeを利用して、DPX連番ファイルからAvid DNxHDを作成し、ようやくMedia Composerでの編集が可能になるという状況だった。

2008年秋にAvidは、RED社とR3Dソフトウェア開発キットライセンス契約を交わし、正式にREDワークフローへの対応を表明した。最初に行った変更は、Avid DSにおいてREDCODE RAWのR3Dファイルにネイティブに対応し、さらにR3DファイルからHD RGB4:4:4プロキシを作成可能にしたことだ。既存のDPX連番ファイルを利用したワークフローからプロキシ利用へと変更したことで、長尺の編集もしやすくなったと言える。

しかし、Avid DSはハイエンドな編集システムだ。R3Dファイルをより手軽に編集できるようにする必要もあった。Media Composerでのタイムライン編集をしやすくするために、AvidはMetaFuzeをバージョンアップ。R3Dファイルをネイティブに読み込めるようにした。DPX連番ファイルの作成という工程を省き、より短時間で作業できるようになったと言える。

MetaFuzeRED.JPG

Media Composerでの編集がしやすくなったことで、Avid DSも含めたワークフローも再構築できた。オフライン編集をMedia Composerで行い、書き出したAFEファイルを使用してAvid DSでR3Dファイルとコンフォームを行い、フィニッシングするといったことも可能になってきた。アビッドは、ベースとなるREDワークフローを確立した段階になったと言えよう。

R3Dを扱えるようにしたMetaFuseは、より高速化を目指す

今回、新たに構築し直したアビッドのREDワークフローについて、アビッド テクノロジーの技術統轄本部プロフェッショナルサービスグループの西岡崇行氏に聞いた。

──MetaFuzeの役割について教えてください。
西岡氏:Windows XP、WINEを使用するLinux、MacでVM Fusionを利用したWindows環境で利用できるMetaFuzeは、もともとはDIワークフロー用に作られたフリーウェアです。テレシネした際のファイルサイズの大きなDPX連番ファイルやTIFF連番ファイルなどを、Media Composerなどで取り扱いしやすいAvid DNxHDファイルや非圧縮ファイルへと変換するために利用します。DIワークフロー用に作られているので、メタデータの維持、追加、修正といったことにも対応していることが特徴です。今回のバージョンアップで、REDCODE RAWのR3Dファイルの読み込みとステレオスコピック3Dに対応しました。

──DPXやTIFF、R3Dの4K解像度など、扱うファイルサイズが大きいが、動作速度については?
西岡氏:今回のバージョンアップでは、まずR3Dファイルを取り扱いできるようにすることに重点を置いています。動作速度については、今後も引き続き改善していきます。フリーウェアなので、複数台のマシンにインストールして作業してもらえればと思います。

MetaFuzeMeta.JPG
R3Dファイルに含まれるメタ情報を利用した編集が可能になった

──実際の作業の流れは?
西岡氏:R3Dファイルの入っているフォルダを選択するだけです。これまでR3DファイルからAvid DNxHDを作るには、REDCINEを使ってDPX連番ファイルを作っておき、さらにMetaFuzeで変換する必要がありました。今回のバージョンアップにより、直接Avid DNxHDに変換することが可能になり、R3Dファイルに付加されているメタデータも生かせるようになりました。MetaFuzeで、感度やトーン、LUT(Look up Table)、RLXの読み込み設定といった現像処理もでき、オフライン編集用にシーンナンバーやタイムコードを画面内に表示させた映像も作成できます。このAvid DNxHDファイルを使用して、Media Composerでオフライン編集を行い、AFEファイルをエクスポートすることでAvid DSにオフラインデータを渡すことが出来ます。Avid DSでは、プリセットからR3D 4Kの設定を選択してシークエンスを作成し、R3Dファイルをコンフォームするという流れになります。

──MetaFuzeを使用する際に、RED社が提供しているRED QuickTime Codecをインストールしておく必要はありますか?
西岡氏:その必要はありません。スムースな再生をするためにはREDCINEが必要になりますが、R3DファイルをAvid DNxHDへ変換するのであるならばMetaFuseのインストールだけで大丈夫です。マシンスペックにもよりますが、現在は2000フレームの変換に20分前後かかります。今のバージョンでは、MetaFuzeがデュアルコアまでしか対応していないことが原因です。先ほど「まず取り扱いできるようにした」と話したように、今後は処理スピードを向上させるためのバージョンアップを行っていきます。フリーウェアで提供されているメリットを生かして、しばらくの間は複数のマシンで作業を分担してもらえればと思います。

──今年のNAB ShowでAvidは、ユーザーの要望に応じたより現実的な機能向上をしてきたと感じたが。
西岡氏:各社の編集ソフトウェアでも編集作業はできるようになってきました。しかし、4K解像度という大容量ファイルをどう活用して、より高画質でフィニッシングするためのワークフローはどのようなものが必要か、と考える段階に入ってきたのではないでしょうか。アビッドは、リファレンスファイルを使ってオフライン編集が速くできればよいという取り組みではなく、最終段階の出力を見据えたワークフローを念頭に置いて開発しています。オフライン、オンライン、フィニッシングの各作業が、スムースに連携できることでワークフローは使いやすいものになりますし、より高品質な映像制作に専念できるようになると思います。



[ Category : ]
[ DATE : 2009-06-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]Avidブース:映画「ゾンビランド:ダブルタップ」のエディター、ダーク・ウェスターヴェルト氏が映画制作の裏側、Avidの魅力を語る

すっきりとしたインターフェイスに生まれ変わったMedia Composer 2019を展示 ブースでは、最新のMedia Composer 2019とAvid Cloud... 続きを読む

[NAB2019:Avid]大規模チーム向けにカスタマイズ可能な役割ベースのユーザーインターフェースなどを搭載したMedia Composer 2019を展示

360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/An... 続きを読む

[NAB2019]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2019のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:RED Digital Cinema]レンタル限定シネマカメラ「RANGER」やNVIDIAのGPUを使った8Kリアルタイム再生の実現を展示

RED Digital Cinemaブース動画 話題のレンタル限定シネマカメラ「RANGER」を展示 RED Digital Cinemaは昨年同様、展示会場に... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[InterBEE2018]RAIDブース:話題のホログラフィックディスプレイ搭載型スマートフォンHYDROGEN ONEが登場

RAIDブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2018]Avidブース:4K/8K、クラウド、イマーシブオーディオなどを中心に、ニュース制作やオーディオ制作などのソリューションでブースを構成

Avidブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2018:Avid]リーズナブルな新型IOボックスや次世代Media Composerを公開

Avidブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google... 続きを読む

[NAB2018]Avidブース(動画)

NAB2018のAvidブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [RED flow Now]08: AvidがREDワークフローを確立