PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Stereoscopic 3D]00: 今度は波に乗れるか? ステレオスコピック3D
News

[Stereoscopic 3D]00: 今度は波に乗れるか? ステレオスコピック3D

#Stereoscopic 3D(3D映像)

2009-07-08 掲載

「ステレオスコピック3D(Stereoscopic 3D)」「ステレオスコピー(Stereoscopy)」「ステレオ3D」などさまざまな用語が使われているが、立体視可能な映像のことである。最近では、裸眼立体ディスプレイなども出てきているが、多くは赤青レンズや、偏光レンズ、シャッターを用いた専用のメガネを使用して左右の目で別々の映像を見られるようにすることで、あたかも映像が立体的に、奥行き感を持って見えてくるという仕組みだ。

そんなステレオスコピック3D制作が、また脚光を浴び始めている。これは、いったい何度目の波だろうか。立体写真の歴史すら含めれば、すでに数10年が経過しているかもしれない。立体映像だけでも、10年に1度くらいのペースで、既存の表現を拡張する映像表現として注目が集まっては、いつのまにか消えて行くことを何度も繰り返してきた。クオリティであったり、制作費であったり、上映環境であったりと、その都度さまざまな理由があるにせよ、一時的に盛り上がっては、「時期尚早」という烙印を押されることが続いてきたわけだ。

RED_stereo.JPG
6月に行われたIMC Tokyoの西華産業ブースに展示されたRED ONE利用のステレオスコピック収録環境

今回の波は、以前に比べても、しっかりとした波のように見える。過去のステレオスコピック制作ブームと大きく異なるのは、収録から編集・制作、上映まで、それぞれの工程がファイルベースへと移行していく段階であることだ。特に、上映環境の問題は大きい。5月の特集「4K Ready!」でも触れたが、映画業界も、デジタルシネマ移行と同時にステレオスコピック3Dという付加価値によって集客しようという動きが出始めている。今年から数年間は、映画館のデジタルシネマ機器移行が進んでいく段階にある。4Kプロジェクターを導入するのか、2K/HDプロジェクターを導入するのかは、そのシネマ館の判断にも左右されるだろうが、デジタル上映の1つの可能性としてステレオスコピック3Dをどうするかも考慮されることになるだろう。

TOHOシネマズでは、2012年春までにほぼ全スクリーンで、ステレオスコピック3D対応のデジタルシネマ機器を導入する予定だ。これは、ハリウッド映画を中心にステレオスコピック3Dコンテンツが増えてきていることへの対応でもある。このように、機材更新により上映環境が増えるということは、制作しても特別な環境を用意する必要がなくなるということでもある。これは、コンテンツ制作に踏み切る良いきっかけにもなりそうだ。

BS11.jpg
BS11デジタルは3D立体放送に取り組んでいる

ステレオスコピック3Dの取り組みで、映画以外のコンテンツには、日本BS放送が2007年12月の開局以来、BS11デジタルで実施している3D立体放送がある。サイド バイ サイド方式で放送されている番組を、3D立体放送に対応したデジタルハイビジョンテレビで受信することでステレオスコピック3Dコンテンツとして視聴するものだ。家電量販店などで体感コーナーが設けられているが、コンテンツを観るために対応テレビを購入しなければならないというのは敷居が高い。確かに、地上デジタル放送への移行期で、視聴者のデジタルハイビジョンテレビ購入が見込まれる時期ではあったのだが、3D立体放送はキラーコンテンツにはなれなかった。対応テレビは限られ視聴環境が整わず、コンテンツも爆発的には増えない。コンテンツが少ないから、対応機器も増えない。……と、かなり苦戦していたことは否めない。

しかし、映画館でステレオスコピック3Dコンテンツを普通に楽しめるようになってくると、2次利用コンテンツでも3Dコンテンツ化してくる可能性が増える。今後は、3Dコンテンツ対応のデジタルハイビジョンテレビも増えていきそうだ。ようやく、視聴環境が普及し始める段階に入ってきたと言えるだろう。ステレオスコピック制作の波は、「また今度〜」というような「立ち消え」にはならずに済みそうな状況が整いつつある。

今月の特集では、現在のステレオスコピック3D制作のワークフローと課題を整理してみよう。今週は制作環境面、来週はポストプロ/上映に焦点を当てて紹介する。




[ Category : ]
[ DATE : 2009-07-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.03 3D作品の納品・上映について(フィニッシュ編)

株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI) 3D最大の壁「上映」とそれ超えるための3つのハードル 3DA1で撮影した左右の映像を編集している様子。左... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.02 今3D撮影素材を編集するには?CineForm Neo3D(編集編)

株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI) 編集時にはCineForm Neo3Dを利用 Ki ProストレージモジュールSSD 250GB。F... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.01 3DカメラAG-3DA1とKiProで実現する3D撮影の押さえどころ(撮影編)

株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI) 史上初、業務用二眼カメラの登場 3D撮影の大きな話題のPanasonic AG-3DA1。誰でも「簡単に」3D映像... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.00 今ここにある3D制作のすべて

作る楽しみを知る時が来た! 2010年は言うまでもなく3D元年である。劇場映画に始まりお茶の間までに3Dがやってきた。これまでの3D映像が「見て楽しむもの」から「作って楽しむもの」... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]06: 画像処理の延長線で生まれた朋栄のS3D関連製品

「当社では画像処理関連の技術を持っているのですが、ステレオスコピック3D(S3D)関連の取り組みは、もともとは画像処理の延長線上の機能として生まれてきたんです」 こう話すのは、朋栄... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]05: 良質のコンテンツを増やせ!ソニーが取り組むS3D

ソニーはこれまで、4Kデジタルシネマプロジェクターと、RealDとの協業で3Dプロジェクションレンズユニットなど、映画市場における上映環境の充実を図ってきた。昨年末のInter B... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]04: 悩む前にやってみるS3Dストップモーション

「ステレオスコピック3D(S3D)活用事例取材の記事もいいけど、初めてS3Dをやってみようという人が実際にどんなことに直面するのか、とにかく何かを作ってみるという実験企画記事も欲し... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]03: フジテレビがアリス東京ドーム公演を3D放送

フジテレビNEXTが、アリスの東京ドーム公演をステレオスコピック3D(S3D)収録し、4月23日19時から「3D アリス~東京ドーム『明日への讃歌』」として3D放送した。この番組が... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]02: S3Dの基礎知識2~3Dリグの使い分け

ステレオスコピック3D(S3D)撮影をするためには、2台のカメラをセットする必要があるが、その方法や機材にはいくつかの種類がある。こうした撮影システムは、現場でどのように運用され、... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Stereoscopic 3D]00: 今度は波に乗れるか? ステレオスコピック3D