PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Light House]Vol.00 新時代LED照明を解剖する!

News

[Light House]Vol.00 新時代LED照明を解剖する!

2009-09-09 掲載

今回の特集は照明にまさにスポットライトを当てる。それも新時代を予感させるLEDを中心に、オンボードライトを解剖する!

カメラに装着して使用するオンボードライトは、タングステンの時代から存在するが、消費電力や発熱など使いづらい面が目立った。こうしたオンボードのライトの多くは、電源や発熱だけでなく、大きさや取り回しなどからあまり大きな(光量的にも)ものは製品化されていない。そう商品としては積極的に展開されていないのが実情だ。必然的にメインで使うライトではなく、補助的に使うライトということになる。また、カメラレンズの近くにライトがくるため、メインで使うには光の当たる方向が不自然になりがちという事情もある。

白色LEDが開発された当初は、価格や光量、光の質の問題から撮影用の照明として利用されることは皆無。しかし近年こうした問題も徐々に解決され、現在ではオンボードライトの定番となりつつある。白色LEDのオンボードライトは、いわゆる砲弾型の高輝度LEDを多数並べたものがメインだったが、最近ではパワーLEDを採用した製品も発売されている。ただLEDを多数並べた製品が古いというわけではなく、面光源的な光となるので、少数のパワーLEDを採用したものに比べ、まぶしさが軽減されるという利点がある。当然のことながらライトの面積がある程度必要なため、器具が大きくなることは否めない。

タングステンタイプのライトで色温度をデーライトにするためには、ブルーのフィルターを使わなくてはならなかった。ただでさえ効率の悪いタングステンライトにブルーフィルターを使うとさらに光量が落ちてしまう。そこで、はじめからデーライトの色温度が得られるディバイスとして、蛍光灯やメタルハライドランプなどが開発されたが、小型化とコスト、扱いやすさという面でオンボードのライトとして普及するには至らなかった。

白色LEDは、色温度はデーライトが一般的だが、最近ではタングステンのものも出現している。実際の使用時にはデーライトでの光量のほうが必要な場合が多いので、フィルターでタングステンの色温度にするほうが合理的なためか、タングステンタイプのLEDを採用したものは、少ないのが現状である。

さて、こうした歴史的、技術的な流れから、数々のオンボードライトが商品化され、市場にあふれているが、メーカー発表のスペックだけではわからないことも多い。特に光量や照射範囲などは、メーカーごとに基準が異なり、表記されていないこともある。そこで、今月は特集として、オンボードライトを集め、レビューを行ってみた。取り上げた、オンボードライトは以下の通り。

もちろん、市場にはほかにもたくさんの製品があり、こうしている今も新製品として発売になっているものや旧製品でも定番となるものもあるだろう。今回の特集[LightHouse]は、これにとどまらず、一つのコーナーとして、定期的に新しい商品や技術を取り上げていくので期待してほしい。

[Light House]01

[ Category : ]
[ DATE : 2009-09-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2015]NEPブース:新製品の機材ケースや電源供給可能なコンバートプレートなどの周辺機器を展示

エヌ・イー・ピー(NEP)は、放送用のバッテリーや充電器を中心に様々な関連製品を扱っており、小型照明やバッグ、レインカバーなどを出展した。 今回、従来プラ製の段ボールより軽量... 続きを読む

[InterBEE2011]エヌ・イー・ピー株式会社ブースレポート

PV-DCmulti-1 新製品は、マルチ電源コンバータープレート。Vマウントバッテリー1個からDC5V、DC7.2V系、DC12V、スルーアウトの4出力が同時に可能。これらの電源... 続きを読む

[NAB2010:Zylight]Zylight~アクティブディフュージョンスクリーン

RGBのLEDを採用したユニークなライトを開発しているZylightは、昨年パネル型のライトを発表。 今年はライトではなくアクティブディフュージョンスクリーンを新製品として発表し... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2009]Vol.04 光を灯す照明。トレンドのLEDは?照明編

2009年照明のトレンドとは? 照明は、スタジオ、舞台、ロケなどフィルム、ビデオを問わず撮影の現場ではなくてはならないものだ。「あかり」がなければ人は物を視認することもできなければ... 続きを読む

[InterBEE2009]エヌ・イー・ピー株式会社ブースレポート

エヌ・イー・ピーは、小型ビデオカメラに最適なLEDライトのほか各種バッテリー、充電器、バッグなどを出展した。今回新商品として出展したのは、7.2V系のバッテリーを使用する小型ビデオ... 続きを読む

[Light House]Vol.05 その輝きでエミー賞も受賞したLitepanelsが贈る Micro/PRO

カメラに装着して使用する小型ライトは、タングステンランプを使用したものからLEDを使用したものへほとんどが移行している。LEDの低消費電力と発熱しないといった利便性のほか、色温度が... 続きを読む

[Light House]Vol.04 手頃なLEDライトと言えば、エル・ピー・エルVL-300

白色LEDは、車や懐中電灯など従来の電球に変わり、様々なところで採用されるようになた。それに伴い価格も安くなり、品質的にも良いものが作られるようになってきた。従来の白色LEDは青色... 続きを読む

[Light House]Vol.03 カメラライトとして最適!NEP L-5010/D-L5000

カメラライトとしてのLED光源は消費電力が少なく、発熱もほとんどないことから近年各社からさまざまなタイプの製品が発売されている。また、LED単体では光量が不足しがちだったため、それ... 続きを読む

[Light House]Vol.02 ハロゲン型のLED?NEP PVLED-3&LH-13、14

LEDは低消費電力のほか、寿命も電球や蛍光灯に比べて非常に長く、電球の代替として使用できる製品も開発されている。業務用として使われるいわゆるバッテリーライトの電球もLEDタイプの... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [Light House]Vol.00 新時代LED照明を解剖する!