PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Light House]Vol.02 ハロゲン型のLED?NEP PVLED-3&LH-13、14
News

[Light House]Vol.02 ハロゲン型のLED?NEP PVLED-3&LH-13、14

#NEP #Light House

2009-09-09 掲載

LEDは低消費電力のほか、寿命も電球や蛍光灯に比べて非常に長く、電球の代替として使用できる製品も開発されている。業務用として使われるいわゆるバッテリーライトの電球もLEDタイプの製品がNEPから色温度が5800KのLH-14が発売されているが、このほど色温度3800KのLH-13が新たにラインアップに加わった。

ハロゲンランプとの代替が可能

NEP PVLED 009.jpg
LH-13、LH-14ともにランプの形状がシールドミラータイプのハロゲンランプにそっくりなLEDランプ

LH-13、LH-14ともに概観はシールドミラータイプのハロゲンランプにそっくりだが、内部には3つのLEDが組み込まれており、同系のハロゲンランプと置き換え可能となっている。電源は12Vとなっており、Dタップによる電源供給のほか、手持ちのバッテリーライトのハロゲンランプと差し替えて使用することが可能だ。カメラライトとして設計されたPVLED-2や昔ながらのバッテリーライトLB-5ⅡNでも使用することができるが、今回はPVLED-3というエヌ・イー・ピー製の灯体にセットして使用した。なお、ハロゲンランプに比べはるかに消費電力が少ないので、カメラ電源との共有も可能だが、組み合わせて使用するカメラがHVR-Z5Jで、カメラバッテリーと共有できないため、今回は単三乾電池を使用するバッテリーパックと組み合わせている。このバッテリーパックもエヌ・イー・ピー製のものである。ちなみにオプションDタップ変換ケーブルを使用すれば、乾電池、Dタップ両方のタイプでも使用できる。

ハンドライトとして試用

NEP PVLED 150.jpg

PVLED-3は、ハンドライトとしても使用できる小型・軽量の灯具だ。ボディが樹脂製なのでハロゲンランプのように熱くなる電球を使用するのは不安があるが、LH-13のような熱をほとんど放射しないLEDランプには、ぴったりの灯具といえる。

LEDランプLH-13は差し込むだけで簡単に装着することができるが、ランプの固定がコネクター部分だけなのはちょっと心配ではあるが、バーンドアがあるので簡単にランプが脱落するようなことはない。灯具には電源スイッチがあるだけでディマーなどは装備されていないが、電源スイッチの上に青色の突起があり、ディマーを装備した機種の開発が予定されているのか、当初の予定ではディマーを装備する予定が取りやめになったようである。

電源ケーブルは直付けで、先端にはコネクターが付いているが、ビデオ機材で一般に使用されているコネクターではなく、見た感じは車や機器内部の配線などでよく見かけるようなコネクターだ。コネクターにはプラスとマイナスの表示があるが、逆差しはできない構造になっているので、いちいち確認して差し込むようなわずらわしさはない。また、不用意に抜けないようにロックされるようになっている。電源は、単三電池を8本使用するPVLED-3専用のバッテリーパックを使用したが、エネループのような充電池を使用することもできる。ただし、電圧が異なるので、若干光量は落ちるようである。

NEP PVLED 014.jpg NEP PVLED 015.jpg
電源は単三乾電池8本で専用のバッテリーパックを使用 コネクターにはプラスマイナス表示があるが、逆差しはできない構造。また、抜けないようにロックされる

カメラへの装着はアクセサリーシューを利用するようになっているが、ねじ穴があるので、三脚などへ取り付けることも可能だ。この部分も樹脂製なので、着脱を繰り返すことで、磨り減る可能性がある。ロックはねじ式でカメラへはしっかりと装着することができた。なお、灯体の角度はティルト調節することが可能で、被写体までの距離に応じて調節することができるようになっている。また、真上まで角度調節ができるので、天井へバウンスすることも可能だが、光量的にはバウンスしてもあまり意味はなさそうである。

小型照明ライトは長年タングステンタイプのものが使われてきたが、最近は小型・軽量、低消費電力の白色LEDを採用した製品も使われだした。LED単体ではタングステン電球ほど光量がないため当然専用の灯具となるわけだが、シールドミラータイプのハロゲンランプならばある程度の容積があるので、複数のLEDを仕込むことができ、今までの灯具をそのまま使うことができるのが最大の利点である。

さらに、LEDなので電球のように球切れの心配もなく、消費電力も少ないので長時間の点灯が可能となる。ただし、LH-13、LH-14ともにハロゲンランプと同等の光量はないので、補助光としての利用となるだろう。とはいっても小型ビデオカメラはバッテラ*(バッテリーライト)が使われ始めた時代に比べ、はるかに感度が良くなっているので、こうしたLEDの補助光でも充分に撮影可能だ。

PVLED-3 &LH-13,14の主な仕様

pvledmato.jpg NEP PVLED 001.jpg
約1mのところからの配光特性。写真の壁面上下はほぼ床と天井の距離があるが、思ったより広い範囲をカバー 約1mのところで照度を計測
NEP PVLED 002.jpg NEP PVLED 003.jpg
分光曲線。380~880nmまでを光スペクトラムアナライザーでスキャンしたグラフで、1目盛りは50nm
  • 価格:LH-13¥21,000-(税込)、PVLED-3セット¥42,000(税込)
  • 問い合わせ先:エヌ・イー・ピー 03(3263)6741
[Light House]01[Light House]03

[ Category : ]
[ DATE : 2009-09-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CP+2015]NEPブース:新製品の機材ケースや電源供給可能なコンバートプレートなどの周辺機器を展示

エヌ・イー・ピー(NEP)は、放送用のバッテリーや充電器を中心に様々な関連製品を扱っており、小型照明やバッグ、レインカバーなどを出展した。 今回、従来プラ製の段ボールより軽量... 続きを読む

[InterBEE2011]エヌ・イー・ピー株式会社ブースレポート

PV-DCmulti-1 新製品は、マルチ電源コンバータープレート。Vマウントバッテリー1個からDC5V、DC7.2V系、DC12V、スルーアウトの4出力が同時に可能。これらの電源... 続きを読む

[PRONEWS AWARD 2009]Vol.04 光を灯す照明。トレンドのLEDは?照明編

2009年照明のトレンドとは? 照明は、スタジオ、舞台、ロケなどフィルム、ビデオを問わず撮影の現場ではなくてはならないものだ。「あかり」がなければ人は物を視認することもできなければ... 続きを読む

[InterBEE2009]エヌ・イー・ピー株式会社ブースレポート

エヌ・イー・ピーは、小型ビデオカメラに最適なLEDライトのほか各種バッテリー、充電器、バッグなどを出展した。今回新商品として出展したのは、7.2V系のバッテリーを使用する小型ビデオ... 続きを読む

[Light House]Vol.05 その輝きでエミー賞も受賞したLitepanelsが贈る Micro/PRO

カメラに装着して使用する小型ライトは、タングステンランプを使用したものからLEDを使用したものへほとんどが移行している。LEDの低消費電力と発熱しないといった利便性のほか、色温度が... 続きを読む

[Light House]Vol.04 手頃なLEDライトと言えば、エル・ピー・エルVL-300

白色LEDは、車や懐中電灯など従来の電球に変わり、様々なところで採用されるようになた。それに伴い価格も安くなり、品質的にも良いものが作られるようになってきた。従来の白色LEDは青色... 続きを読む

[Light House]Vol.03 カメラライトとして最適!NEP L-5010/D-L5000

カメラライトとしてのLED光源は消費電力が少なく、発熱もほとんどないことから近年各社からさまざまなタイプの製品が発売されている。また、LED単体では光量が不足しがちだったため、それ... 続きを読む

[Light House]Vol.01 色温度調節可能なLEDライト Zylight Z90

バッテリーを電源とした小型ライトは、タングステンタイプのものからLEDを採用したものやHMI、蛍光灯など様々なタイプの製品が発売されている。特にLEDを採用したライトは、輝度の高い... 続きを読む

[Light House]Vol.00 新時代LED照明を解剖する!

今回の特集は照明にまさにスポットライトを当てる。それも新時代を予感させるLEDを中心に、オンボードライトを解剖する! カメラに装着して使用するオンボードライトは、タングステンの時... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Light House]Vol.02 ハロゲン型のLED?NEP PVLED-3&LH-13、14