PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [VFX 2009]01:映画/フィルムワークフローを変えずにデジタル化

News

[VFX 2009]01:映画/フィルムワークフローを変えずにデジタル化

2009-09-30 掲載

1 2 3
Shinken01.jpg 『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー/侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』絶賛公開中
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 ©2009 テレビ朝日・東映AG・東映 劇場版「ディケイド・シンケンジャー」製作委員会

隙間を通って現れてきては、この世を恐怖に陥れる”外道衆”を、何百年も親から子へと受け継いで戦って来た”侍”たち。現代に現れた外道衆を退治するために、志葉家の殿様と家臣たちは侍戦隊シンケンジャーとして、代々受け継いできた不思議な文字の力”モヂカラ”で戦う──。

テレビ朝日で毎週日曜朝7時半から放送されている戦隊シリーズが『侍戦隊シンケンジャー』だ。戦隊シリーズは、直後の仮面ライダーシリーズとあわせて、スーパーヒーロータイムとして編成されている。このスーパーヒーロータイムに連動したストーリーが、劇場版映画として毎年夏に公開されている。2009年も『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー/侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦』として、2本立てで劇場公開された。

2009年夏に劇場公開された映画作品にはステレオスコピック3D上映を行ったアニメーション映画もあったが、『侍戦隊シンケンジャー』は実写作品として、通常上映に加えて全国約50館でステレオスコピック3D上映された。「実は、前テレビシリーズ(『炎神戦隊ゴーオンジャー』、2008年2月~2009年1月)までは16mmフィルムで撮影して、毎年夏に公開する劇場版についてはスクリーンサイズを考慮して35mmで撮影してきました。音声などはいずれも、全てアフレコしていたんです」と話すのは、東映テレビ・プロダクション業務部の八木明広課長だ。東映テレビ・プロダクションは、『侍戦隊シンケンジャー』の撮影と制作ワークフローを担当している。2009年2月からのテレビシリーズの制作にあたり、撮影部分をフィルムからデジタルに変更。RED ONEによる収録を開始した。

キャメラマンが意図する可変フレームレートを生かす

「戦隊シリーズはフィルムの質感を重視しながら、30年以上にわたりフィルム撮影をしてきました。フィルム供給、フィルム事故、運用コスト面での改善に加え、監督から収録時の空気感を重視してサウンドも同時収録したいとの要望もあり、フィルムのテイストを生かしながらデジタル移行をするためには何が必要なのかを、2008年夏に検討を重ねていました。カメラ運用については、ミッチェル、ARRIFLEX、RED ONE、Varicam HDを同一ライティングで並べて比較しました。CineAltaが候補にならなかったのは、10、12、20、60、70、90など、フィルムキャメラマンが意図的に撮影中にフレキシブルなコマに変更しながら撮影したかったためです」

これまでのスーパー16でのワークフローは、フィルム現像、テレシネとカラー調製、オフライン編集、VFX、フィニッシング、アフレコという流れで行って来た。デジタルワークフローへは、このフィルムワークフローを崩さずに移行することを検討したそうだ。フィルム撮影スタイルのまま撮影をしたいと考えた時に、RED ONEは、2K撮影であれば既存のスーパー16に使用しているレンズ群が使え、VE(ビデオ・エンジニア)を配置せずに撮影できることが決め手となったという。

「35mmで撮影していた、劇場版については2KスキャンでDI(デジタル・インタメディエイト)を作成し、2KでVFXも行い、そのままフィルムレコーディングする流れでした。RED ONEを使って劇場版も2K収録すれば、テレビシリーズのワークフローをそのまま生かせます。しかし、今春になって、ステレオスコピック上映することも決まりまして。(笑)」

1 2 3

[ Category : ]
[ DATE : 2009-09-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2016:RED Digital Cinema]カメラ本体だけでなく、様々な用途にあわせたアクセサリー群を展示

RED Digital Cinemaブース動画 RED Digital Cinemaブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°... 続きを読む

[NAB2016]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2016のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2016]ナブブラリVol.01(動画)

NAB2016の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Livestream、Panasonic、Canon、Sony、RED Digital Cinema、... 続きを読む

[CP+2016]ビデオサービスブース:RED SCARLET-WとRAVENを国内初展示

ビデオサービスブースではRED Digital Cinema社の代理店となったRAIDが一緒に展示を行っていた。ビデオサービスは撮影機材にレンタルを行う会社で、RAIDは販売や輸入... 続きを読む

[NAB2015:Red Digital Cinema]EPIC DRAGONで4K/HEVCストリーミング。8KセンサーWEAPONも登場

ODEMAXチャンネルでREDRAYプレイヤーを介してインディーズ作品をストリーミング配信する展開を一度は試みたREDだが、今回はライブリニアをOTTサービスとして一般家庭に届ける... 続きを読む

[InterBEE2014]Red Digital Cinemaブース:新型オプションが続々と登場

撮影をサポートする新型アクセサリ ライブ4Kストリーミングが可能な「ブロードキャストモジュール」が国内初展示されていた。ブースでは、従来のEPIC DRAGONに「ブロードキ... 続きを読む

[NAB2014:Red Digital Cinema]新製品「SCARLET-X DRAGON」を展示。周辺機器も充実

Red Digital Cinemaブース 2006年のNABでセンセーショナルな登場をしたRed Digital Cinemaは、そろそろ10年目を迎えようとしている。RED O... 続きを読む

[InterBEE2013]Red Digital Cinemaブース:6K RED DRAGONセンサーをはじめデジタルシネマをリードする

今年早々ソニーへの訴訟、4月にはソニーからの訴訟、今夏には創設者のJim Jannard氏の引退表明と新製品だけでなく、今年1年で様々な話題を提供したRed Digital Cin... 続きを読む

[NAB2013:RED]センサー交換のラボがブースに出現。例年通りの盛況ぶり

REDブースレポート アフォーダブルなデジタルシネマの新境地を築いたRED Digital Cinema Cameraだが、ソニーやパナソニック、キヤノンさらにはBlackmagi... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。

トップ > 特集 > [VFX 2009]01:映画/フィルムワークフローを変えずにデジタル化