PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [稲田出のトレンド100選]その1 紹介しきれないカメラがそこにはある!「カメラ」編

News

[稲田出のトレンド100選]その1 紹介しきれないカメラがそこにはある!「カメラ」編

2009-12-28 掲載

InterBEE2009で見た2010年注目100アイテムを!

年の瀬である。今年の映像業界を振り返ってみたい。今年のInterBEEはリーマンショックの影響からか放送局が軒並み減収減益。よって、出展社数こそ昨年を上回る数になったものの会場全体は縮小方向であった。大手を含め出展コマをダウンサイジングしての展示会になったものの新製品や参考出品など例年に増して多くの出品があったようだ。とりあえず制作に必要な機材は一通りそろい、周辺機器や通常の撮影以外で差別化を図る時期に来ているのかもしれない。放送の世界ではハイビジョンでの通常制作は当たり前になり、もっと特殊な撮影機材や周辺機器を使い番組制作の幅を広げていこうということのようである。

さて、すでにPRONEWSでは、動画取材ブースレポートなどで、主だったメーカーの機材は、幾度となく紹介済みだが、ここでは地味ながら有用と思われる機材を中心に独断でジャンル別に数回に分け紹介してみようと思う。「カメラ」、「三脚・カメラサポート」、「レコーダー」、「ノンリニア・オーサリングターンキーシステム」、「ストレージ外部記憶装置」、「オーディオ機器」、「照明機器」、「3D対応機器関連」、「DSLR デジタル一眼レフカメラ関連」、「伝送装置関連」、「エンコーダー・デコーダー・トランスコーダー装置」、「測定器」、「電源系」、「その他設備機器関連」、「収納ケース・ラック」等カテゴリーは、枚挙するが残りモノには福がある!ということで取りこぼした宝の逸材を紹介しよう。今回は、「カメラ」、「三脚・カメラサポート」、「レコーダー」編である。年末年始にかけて、2009年を振り返りながら来年に思いを馳せていただければ幸いである。

伏兵ここにあり!まだまだ紹介したいカメラたち「カメラ」編

まずはカメラである。幾度となく紹介しているカメラ群ではあるがまだまだ紹介しきれないモノが多い。カメラというと小型ビデオカメラが話題になることが多いが、放送で使われるカメラはもちろんそれだけではない。特にハイビジョン関係だけでもスタジオカメラや中継用カメラなど、そのラインナップは様々であり、ハイスピードカメラなど特殊用途の製品も充実してきた。RED ONEに代表されるようなハイビジョン以上の解像度も有するカメラや赤外線サーモグラフィーカメラなどレパートリーは広い。さあ、早速見ていこう!


アストロデザイン

AH-4410.jpg

アストロデザインが独自に開発した4k×2k 解像度のビデオカメラAH-4410。モックアップかと思ったが、このカメラで撮影した映像を同社ブースの2k4kディスプレーで公開しており、かなりの完成度のようである。型番まで付いているので、仕様をたずねてみたが未公開ということであった。見たところ、レンズはニコンの一眼レフカメラ用のものが使われているので、マウントはニコンマウント、イメージャーは35mmフルサイズかAPSサイズではないかと思われる。カメラのサイズ的には3坂式もありうるが、そうなるとスチールカメラ用のレンズを使うために光学的な補正が必要になることから単板式ではないだろうか。

同社はシンセビジョンというハイビジョン用クロマキー装置を20年近く前にNHKと共同開発していることから、NHKが開発した8kのカメラに搭載した撮像素子の技術をもとに開発した素子を採用している可能性が高いように思う。ちなみに4kのカメラは、NHK技研展などで、パナソニックやビクターが出展しているほか、オリンパスはRED ONE以前からOctavisionという4kのカメラを開発しており、制作用のカメラに最適なイメージャーが調達できれば、4kカメラの開発は技術的にはそれほどハードルは高くないのかもしれない。あとは、記録系や後処理の問題だが、記録系はすでに同社がレコーダーを開発しており、後処理関係もRED ONEの影響もあり、現在ではそれほど困難ではない。

アストロデザインは3Dカメラも取り扱っていることから今後この分野への参入も本格化する可能性があると思う。おもしろいのは彼らがこれをビデオカメラと銘打っていることである。

http://www.astrodesign.co.jp/

キヤノン

Canon01.jpg Canon02.jpg

キヤノンがいままで発売したビデオカメラは記録媒体にテープを採用していたが、テープを使わないファイルベースビデオカメラが出展され注目を集めていた。まだモックアップの状態ではあったが、1/3光学系を採用し、メモリー記録可能なビデオカメラとのことである。XH G1SやXH A1Sに近いフォルムだが、細部は微妙に異なり、メモリースロットが2基装備されているほか、入出力はコネクターの形と数から推察するとHDMIとHD-SDI、ゲンロック、TC、アナログコンポーネント、IEEE1394あたりではないだろうか。レンズは、XH G1SやXH A1Sが20倍であの大きさなので、それ以上のたとえば26倍あたりを狙っていそうだ。記録フォーマットも不明だが、HDVではなくEOSと同様なMPEG-4 AVCになると思う。年明けのCESにもこのようなモックで出展するのか、撮影できる状態のものがでるのか興味のあるところだ。

http://cweb.canon.jp/

エルグベンチャー

NECAvio赤外線サーモグラフィーカメラ。赤外線は、-273℃以上の全ての物から放射されているそうで、対象物から自然に出ている赤外線放射エネルギーを検出し、映像化することで肉眼では見えない熱を見ることを可能とするカメラ。インフルエンザの流行を阻止するために、熱のある人物を海外からの帰国者から空港で特定したり、科学番組などでよく使われる

ERG.jpg ERG nec.jpg
TVS-500EXは、非冷却二次元赤外線センサーを採用。鮮明でハイクオリティな熱画像を表示可能な赤外線サーモグラフィーカメラ。記録はCFカードに静止画像記録されるが、NTSCの映像出力をもっている Thermo Shot F30は、デジカメの様に使いやすいデザインで、従来の計測器のイメージを一新。可視画像と熱画像の同時保存機能をもつ。記録はSDカードにJPEGで保存される

http://www.erg-ventures.co.jp/

日立国際電気

パナソニックのP2HDを採用したカメラを共同開発し、SK-HD1000という型番で出展。

Hitachi SK-HD1000.jpg Hitachi Z-HD5000.jpg
SK-HD1000は、カメラ部とアダブター部を分離できる構造とし、P2記録、光ケーブル、トライアックス、ワイヤレスといったアダプターを組み合わせることにより、様々な用途に対応できるようにしている。また、写真のようなクレードルSA-1000に装着することで、スタジオ仕様として運用できる。周辺機器として、CCU(CU-HD1000)やリモートコントロールパネルRU-3400、セットアップユニットSU-1000などが用意されている Z-HD5000は、先のNABで日立国際電気USが発表したカメラで、型番からすると、SKが日立製作所由来の、Zが日立電子由来のカメラのようである。Z-HD5000は、国内で言うところの業務用という位置付だが、海外ではローコストバージョンということになっているようだ。SK-HD1000と同様に、CCU(CU-HD1000)やリモートコントロールパネルRU-1000といった周辺機器が用意されている

http://www.hitachi-kokusai.co.jp/

ナックイメージテクノロジー

フィルムの時代からハイスピード撮影のできるカメラを開発してきた同社は、MEMRECAMシリーズとして、スタンドアローンタイプのMEMRECAM Hi-MotionやMEMRECAM Xtremeなどを出展。

NAC Motion.jpg NAC Xtreme.jpg
MEMRECAM Hi-Motionは、最大600コマ/秒までの撮影が可能で、本体内のメモリーに22.5秒までの映像を記録できる。バッテリー駆動が可能なほか、リターンやタリー、SDI出力を装備、CCUなども用意されており、通常のカメラと同様に扱うことが可能 MEMRECAM Xtremeは、100~10000コマ/秒の撮影が可能なほか、1/200,000秒までのシャッターを搭載しており、高速で動く被写体を捉えることができる。記録時間は1000コマ/秒時で約13秒となっており、付属のコントローラーで0~60コマ/秒までの無段階再生などを行うことが可能。出力はHD-SDI

http://www.nacinc.jp/

NEC

NEC NC-H1000.jpg

既発売のNC-H1000を元に制作用カメラとして開発されたHDTV高感度ポータブルカメラNC-H1000P。写真の超小型FPU仕様と光伝送仕様の2タイプがある。高感度CCDと近赤外波長帯透過フィルターの組合せ、およびカメラ設定の最適化で、夜間の更なる高感度撮影が可能となった。220万画素(1080フルHD)CCDを採用し、HDTV本来の映像を表現しつつ高感度撮影も可能とした。

http://www.nec.co.jp/bv/hoso/

パナソニック

pana AG-HPX305.jpg

AG-HPX305は、2009年2月に発表されたカメラだが、撮像素子にCMOSを採用していることから、ストロボのように1フレーム撮像以内の閃光が撮影中にあった場合、フレーム内の画像の明るさが上下で分割された画像が生じることがある。こうしたフラッシュバンドと呼ばれる現象を解消するため、7月出荷分から高精度フラッシュバンド検出および補正ソフトウェアが搭載された(ソフトウェアのバージョンアップでそれ以前のカメラも対応可能)。

pana4374.jpg

また、Varicam機能も搭載しており、720モード時に20段階のバリアブル・フレームレート収録ができるほか、2種類のシネライクガンマを含め、7つのガンマモードも持っている。ビューファインダーとLCDモニターでアスペクト比16:9の採用やビューファインダーのカラー化、LCDモニター上に撮影中の映像の波形ベクトルスコープを簡易表示する機能やレンズ自体で補正しきれないわずかな色収差などが主な原因で発生するレジストレーションエラーをカメラレコーダー本体にて自動的に補正し周辺画像の色にじみを最小限に抑えるCAC(Chromatic Aberration Compensation)機能などを搭載している。記録フォーマットは、AVC-Intra 50モード、AVC-Intra100モードのほか、DVCPRO HDコーデック収録も可能。

http://panasonic.biz/sav/
http://panasonic.biz/broad/bc/

ソニー

ソニーは、AVCHDフォーマットを採用したNXCAMのほか、PMW-350やPMW-EX1の改良機PMW-EX1Rなどが話題となっているが、HDCAM-SRカムコーダーSRW-9000やデジタルトライアックスカメラHXC-100/HSC-300、マルチフォーマットスタジオカメラHDC-1000R、マルチパーパスカメラHDC-P1といったカメラも新製品として出展している。業務用から放送用途まで隙間なくラインナップされている。

SONY NXCAM01.jpg SONY HDC-1000R.jpg
参考出展されたNXCAM。撮像素子は1/3インチExmor、20倍ズームを搭載。記録媒体は、メモリースティックPROデュオか新たに開発されたフラッシュメモリーユニットを使用。2つのメモリーに同時に収録することが可能 マルチフォーマットスタジオカメラHDC-1000R。新開発の広帯域プログレッシブCCDとDSPを搭載することで、IT型CCD搭載モデルとして従来比2dBの向上を達成、標準SN比56 dBを実現している。また、独自の信号処理技術によるノイズサプレッション機能により最大64dBまでの設定が可能
SONY HDC-p1.jpg SONY HXC-100.jpg
2010年2月1日発売予定のマルチパーパスカメラHDC-P1。14ビットADコンバーターと独自開発のデジタル信号処理LSIを搭載することにより、HDシステムカメラと同等の映像が得られるほか、コントロールシステムは、HDC-1000Rシリーズと同一のシステムを採用 デジタルトライアックスカメラHXC-100。新開発のHDデジタルトライアックス伝送技術により、既設トライアックスケーブルをそのまま流用可能なほか、HXCU-100とHKCU-FP1を組み合わせることで、CCU本体からカメラコントロールすることができる
SONY HSC-300.jpg SONY SRW-9000.jpg
デジタルトライアックスカメラHSC-300。大型レンズアダプターHDLA-1500シリーズにより大型レンズを着用したオペレーションが可能なほか、独自開発デジタルトライアックス伝送技術により、既存のトライアックスケーブルを用いてHD信号の伝送を実現 440Mbpsまたは880Mbpsの高い映像転送レートに対応することで、いままで以上の高画質制作が可能となったHDCAM-SRカムコーダーSRW-9000。オプションを追加することで、撮影コマ数を1~60コマまで選択することができるほか、S-Logでのワイドダイナミックレンジ記録やデュアルリンク出力などに対応可能

http://www.sony.jp/professional/

西華産業

アジア地区でのRED DigitalCinema社製4KデジタルシネマカメラRED ONEカメラの販売、アフターサービスを行なうことを発表した西華産業だが、RED ONE以外にも同社が映像業界へ進出したきっかけとなったハイスピードカメラKINORやP+S TECHNIK社WeissCam、PsiTech社スーパースローモーションカメラなども扱っている。

http://www.seika-di.com/

SSC4292.jpg SSC4304.jpg
P+S TECHNIK社WeissCam HS-2。デジタルシネマカメラにも対応できる高解像度・高性能スローモーションカメラで、2kで1500fps、HDで2000fpsまで対応可能。撮影中に任意のタイミングで撮影速度を変えることができるほか、オプションで光学式ビューファインダーを用意している PsiTech社スーパースローモーションカメラSIROCCO POINT SIX。最大300コマ/秒の撮影ができるほか、約10分間の映像を記録できる。また、記録しながら同時に再生する機能をもっている。出力はHD-SDIで720p、720i、1080iに対応している

ノビテック

各種計測機器や放送機器を扱う同社はハイスピードカメラPhantomシリーズを大きく取り上げていた。Phantomシリーズはハイスピードカメラを中心に開発しているVision Research社の製品で、そのラインナップはデジカメ的に扱えるものから2kまで様々な製品がある。

http://www.nobby-tech.co.jp/

Phantom.jpg V640.jpg
Vision Research社Phantom HD GOLD。最大2048×2048ピクセルの解像度を持つハイスピードカメラ。1280×720のHD画質で1576fpsの撮影が可能。出力はコンポジットおよびHD-SDIに対応 Vision Research社PhantomV640。2560×1600ピクセルで1400コマ/秒、最高撮影速度30万コマ/秒を実現した、超高解像度モデル。 新型高感度センサーの採用、高速電子シャッター、大容量メモリー、HD-SDI映像出力などの機能をもつ



稲田出のトレンド100選 その2


[ Category : , ]
[ DATE : 2009-12-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[稲田出のトレンド100選]その10 響き渡るサウンド!オーディオ編

長らくお付き合いいただいたトレンド百選もいよいよ10回目にして最終回である(まだまだ紹介したいものは多いのだが...!)。最後は、映像になくてはならないオーディオについて紹介しよう... 続きを読む

[稲田出のトレンド100選]その9 今年のトレンド最右翼「ステレオスコピック3D」編

2005年のSHOWESTで、ジェームズキャメロンやスティーブンスピルバーグ、ジョージルーカス、ロバートゼメキスなど名だたる映画監督やプロデューサーが、3D映画制作への支援を表明。... 続きを読む

[稲田出のトレンド100選]その8 映像撮影に旋風を巻き起こしたデジタル一眼編

デジタル一眼レフカメラでハイビジョン映像が撮影できるようになり、注目を集めている。 InterBEEでもこうしたデジタル一眼レフにPLマウントレンズを装着できるようにしたマウントア... 続きを読む

[稲田出のトレンド100選]その7 情報を可視化する 「測定器」編

アナログSD時代の測定器といえば、波形モニター、ベクトルスコープ、ピクチャーモニターが3種の神器のような扱いだったが、HD-SDIなどデジタル信号が一般化するにつれ、こうした単機能... 続きを読む

[稲田出のトレンド100選]その6 現場の火を灯す「照明」編

今回は、照明編である。今トレンドのLEDを中心に照明の世界を紹介したい。 LEDは、小型軽量、長寿命、省電力などの特徴を生かし、ハンディライトやカメラに取り付けて使用するオンボード... 続きを読む

[稲田出のトレンド100選]その5 物事を見抜く「レンズ」編

あけましておめでとうございます! 2010年は、物事を見抜くように「レンズ」編からスタートです! 物事を見抜く「レンズ」とは? 業務や放送の現場でオートフォーカスレンズの普及は... 続きを読む

[稲田出のトレンド100選]その4 映像を映し出す要「モニター」編

大晦日である。2009年最後の[トレンド100選]をお送りする。今回は、趣向を変え「モニター」編である。小型モニターから始まったLCDモニターは、今や2k4kや大型なものまでその活... 続きを読む

[稲田出のトレンド100選]その3 時代の新潮流ビデオレコーダー編

トレンド100選三回目である。「カメラ」、「三脚・カメラサポート」、お届けしてきて、今回は、第一部最終章「ビデオレコーダー」である。後僅かで2009年も終了するが、2009年を振り... 続きを読む

[稲田出のトレンド100選]その2 カメラとその「三脚・カメラサポート」編

カメラをサポートするモノたち「三脚・カメラサポート」編 昨日に引き続き本日のテーマは、「三脚・カメラサポート」である。三脚やクレーン、ステディカム、カメラや周辺機器の取り付け金具... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。

トップ > 特集 > [稲田出のトレンド100選]その1 紹介しきれないカメラがそこにはある!「カメラ」編