PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [映像新時代2010]00: 新たな10年に踏み出す映像の潮流とは

News

[映像新時代2010]00: 新たな10年に踏み出す映像の潮流とは

2010-01-20 掲載

昨年末のInter BEE 2009でも確認できたように、2011年の地上デジタル放送完全移行に向けた取り組みは一段落した。制作市場の興味は、完全移行後に本格化する次世代映像の制作環境に急速にシフト始めているようだ。2009年を通して見たときに思い浮かべるキーワードには、「デジタルサイネージ」「4K」「ステレオスコピック3D(S3D)」「デジタル一眼ムービー」といったものがすぐに浮かんでくるだろう。映像制作のなかで、このキーワードの1つ1つは、まだ限られたところでの活用でしかないが、今後の映像表現には欠かすことの出来ない要素として、可能性を十分に秘めている。

こうした新たな表現を牽引しているのは、デジタル制作だ。収録から編集、配信まで一貫したデジタル制作になった、すなわちファイルベース・ワークフローが実現し始めているということに尽きるだろう。例えばS3Dについては、これまで何度もトレンドとなってきたが、今回ほど盛り上がることなく消えていった。それは収録の難しさであったり、制作後の上映時の再生精度であったり、ハードルが高すぎたとも言える。収録から上映まで、トータルに品質を管理出来るようになったことから、ようやく本格普及への道筋が付いてきた。

映像制作にノンリニア編集が採用され、20余年。加えて、平成になってからも20年余が過ぎた。見渡してみれば、カメラはデジタルカメラに、レコードプレーヤーはCDプレーヤーに、ビデオデッキはDVDレコーダーに変わり、ビデオカメラはHDDやメモリーになってしまっている。映像の活用範囲も広がり、Web、モバイル、携帯、デジタルサイネージ、DVD/Blu-rayとさまざまな活用を想定した制作が必要になり、まさにファイルベース制作時代になった。テープtoテープのリニア編集を経験したことのないエディターも増えた。これまではテープ収録をベースにしたワークフローを構築してきたが、ようやくファイルベース優先のワークフローを構築することを模索していかねばならない時期に入ってきたのではないだろうか。

今回の特集では、「デジタルサイネージ」「ステレオスコピック3D」「デジタル一眼ムービー」に加え、ファイルベースへの第一歩「テープレス収録」に焦点をあて、今後そして今年の映像制作の潮流を様々な方面から予想していくことにしよう。各カテゴリーから浮かび上がるヒントが垣間見られるはずだ。




[ Category : ]
[ DATE : 2010-01-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[映像新時代2010]04: 活用範囲が拡大するデジタルサイネージ

小規模店舗でのサイネージ活用も始まる 昨年のデジタルサイネージの動向を振り返ってみると、イオンをはじめとして流通大手での導入が相次いだのが特徴的だった。これらは、売り場に近く、購買... 続きを読む

[映像新時代2010]03: 普及フェーズに入ったステレオスコピック3D

またやってきたステレオスコピック3D 2009年春、映像業界関係者は「またステレオかよ」と思ったに違いない。10年に1度くらい、何度も繰り返されてきた3D立体視ブーム。「またかよ」... 続きを読む

[映像新時代2010]02: 重要性を増すテープレス同時収録

PCキャプチャーに見る同時収録 HDVと言うフォーマットが所謂"ハイビジョン"を身近にしたのは周知の事実だと思う。当時、小型テープ収録でのHDフォーマットをどう実現するのかと言うの... 続きを読む

[映像新時代2010]01: ノンドロップフレームが新技術の扉を開く

RED ONEがデジタル一眼市場に火を点けた 2007年に登場したRED ONEは、4K解像度での収録の敷居を大きく下げた。それまでの35mmフィルム収録機材の導入コストはもちろん... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [映像新時代2010]00: 新たな10年に踏み出す映像の潮流とは