PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D 第2章]00: 3つの重要ポイント~柔軟、短時間の設置、S3D演出家の登場

News

[Stereoscopic 3D 第2章]00: 3つの重要ポイント~柔軟、短時間の設置、S3D演出家の登場

2010-05-19 掲載

1 2

昨年末公開された映画『アバター』の大ヒット以来、ステレオスコピック3D(S3D)コンテンツや3D対応モニターなどへの関心が高まっている。家庭用の3D対応ハイビジョンテレビの発売もあり、S3Dコンテンツの製作も急加速してきている。


筆者が代表取締役を務めるナベックス(千葉県千葉市)は、2009年春から廉価で撮影編集できるS3Dコンテンツ制作環境を整えていた。実は、『アバター』公開の1カ月前となる昨年11月には、アナグリフとサイド バイ サイドを収録したグラビアアイドルビデオをリリースしていた。この作品は2009年9月に撮影したものであり、業務用のまめカム2台をパラレルに固定、EDIUSで編集した後に立体合成を行ったものだ。当時、一般が使えるS3D用の専用ビデオカメラは存在せず、自作のリグ(台座)を用いることにした。最近になり、パナソニックからS3D用の2眼式ステレオカメラレコーダーが登場することとなり、誰でもS3Dが撮れるようになりつつある。しかし、実のところ、S3D撮影技術については100年前から存在し、技術的にもノウハウ的にも、もはや成熟期にある。ほとんどのテーマパークや博覧会でも既にS3D映像が駆使されているわけで、S3D自体は最新技術も特殊なノウハウも必要としないのである。カメラ2台あれば、誰でもS3D制作ができる。

現場に求められる5分で設置、5分で撮影できるシステム

S3D_Nabex_01.jpg

使用している撮影システムを簡単に紹介すると、自作の軽量3Dリグにソニーのハイビジョンカメラのまめカムを2台搭載した簡素なものである。現在の3Dリグには最大20kgまで搭載可能なので、必要に応じてもっと高画質なカメラを使うこともできる。また、レンズ幅は5~30cmまで自由に変えられ、レンズの角度もプラスマイナス90度と自由度が高いのが特徴だ。

私としては、S3D撮影で最も重要になるのは、これまでの撮影機材と同等の機動性だと考えている。現場での調整時間がかかり過ぎるS3D撮影システムを数多く見て来たが、そのことが作品の面白さを阻害し、どの作品も同じように見えてしまう弊害をもたらしていると結論づけている(つまり、撮影位置やカメラワークが限られる)。画質を追うばかりで、表現という最も重要なものを切り捨てているわけだ。

S3D_Nabex_02.JPG

そこで、当社は設置に5分、調整も5分以内に完了するようなシステム開発を行って来た。また、手持ち撮影に対応できることも必須で、持ちやすく、軽く、それでいて強固なものが必要だ。現在では第5世代に到達し、重量にして3kg程度。業務用カメラと同等の重さに抑えている。このサイズでレンズ幅、レンズ角度だけでなく、光軸ズレを補正するための3つの3次元調整軸を持っている。

現在のDVD業界では、このスペックでなければ撮れない映像がほとんどなのではないだろうか? 多くのS3D撮影システムが設置に2時間、調整に30分、カメラをちょっと移動するたびに調整が30分というバカバカしいスペックだ。ここはハリウッドではない。こんなに時間をかけていたら、まともな作品など作れない。

設置5分・調整5分というのは、普通の業務用カメラと同じということだ。さらに当社ではリアルタイムに立体視で確認し続けられるモニターをVE席に用意している。本来はカメラマンに立体視させた方がいいのだが、実際にそういうシステムを組んでも、あまり有効な撮影にはならなかった。カメラマンは、自分がやるべき仕事(フォーカス、画角、光などの調整)で忙しく、立体表現を考える余地が少ないからだ。それならば立体専門のVEが付いて、演出家と相談しながらシーンを決める方がいい。

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2010-05-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.03 3D作品の納品・上映について(フィニッシュ編)

株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI) 3D最大の壁「上映」とそれ超えるための3つのハードル 3DA1で撮影した左右の映像を編集している様子。左... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.02 今3D撮影素材を編集するには?CineForm Neo3D(編集編)

株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI) 編集時にはCineForm Neo3Dを利用 Ki ProストレージモジュールSSD 250GB。F... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.01 3DカメラAG-3DA1とKiProで実現する3D撮影の押さえどころ(撮影編)

株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI) 史上初、業務用二眼カメラの登場 3D撮影の大きな話題のPanasonic AG-3DA1。誰でも「簡単に」3D映像... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.00 今ここにある3D制作のすべて

作る楽しみを知る時が来た! 2010年は言うまでもなく3D元年である。劇場映画に始まりお茶の間までに3Dがやってきた。これまでの3D映像が「見て楽しむもの」から「作って楽しむもの」... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]06: 画像処理の延長線で生まれた朋栄のS3D関連製品

「当社では画像処理関連の技術を持っているのですが、ステレオスコピック3D(S3D)関連の取り組みは、もともとは画像処理の延長線上の機能として生まれてきたんです」 こう話すのは、朋栄... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]05: 良質のコンテンツを増やせ!ソニーが取り組むS3D

ソニーはこれまで、4Kデジタルシネマプロジェクターと、RealDとの協業で3Dプロジェクションレンズユニットなど、映画市場における上映環境の充実を図ってきた。昨年末のInter B... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]04: 悩む前にやってみるS3Dストップモーション

「ステレオスコピック3D(S3D)活用事例取材の記事もいいけど、初めてS3Dをやってみようという人が実際にどんなことに直面するのか、とにかく何かを作ってみるという実験企画記事も欲し... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]03: フジテレビがアリス東京ドーム公演を3D放送

フジテレビNEXTが、アリスの東京ドーム公演をステレオスコピック3D(S3D)収録し、4月23日19時から「3D アリス~東京ドーム『明日への讃歌』」として3D放送した。この番組が... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第2章]02: S3Dの基礎知識2~3Dリグの使い分け

ステレオスコピック3D(S3D)撮影をするためには、2台のカメラをセットする必要があるが、その方法や機材にはいくつかの種類がある。こうした撮影システムは、現場でどのように運用され、... 続きを読む

特集記事

Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D 第2章]00: 3つの重要ポイント~柔軟、短時間の設置、S3D演出家の登場