PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Digital Cinematography 2010]Vol.00 -Low Budget, High Quality Hollywoodが見つめる先は?-

News

[Digital Cinematography 2010]Vol.00 -Low Budget, High Quality Hollywoodが見つめる先は?-

2010-06-16 掲載

どうなる?Digital Cinematographyの世界

今年もハリウッドの映画制作を支える、映画撮影機材の専門展示会、Cine Gear EXPOが開催された。

 映画の都”ハリウッド”も、往年の隆盛期のように大型映画が量産される状況は無くなったとはいえ、未だに世界の映画産業はハリウッドを中心に回っているとも言える。特にここ数年は、『3Dステレオスコピック』に代表される最新テクノロジーが常に先駆的に試されている現場でもあるが、また少し違った流れの映画も成功してきているのは興味深い。いわゆる”ローバジェット×キープクォリティー”といった作品だ。

 今年初頭に日本でも公開された低予算映画のヒット作「パラノーマル・アクティビティ」のように、わずか135万円という、日本のインディペンデント映画的な予算でも、充分に観客を満足させる事の出来る作品=ヒット作品も現れてきたことで、ハリウッドの映画産業を支える企業の役割や、その存在意義も少しずつ変貌しているようだ。

それに比例するかのように機材もダウンサイズ化が顕著に現れていて、キヤノン5D markⅡを筆頭にしたDSLR機や、RED ONE/EPICといった新しいデジタルシネマカメラも安価にレンタルできるようになり、インディペンデントでも4K作品ということも不可能ではなくなった。

 今年のCine Gear EXPOでは、そうした風潮もあってか昨年に引き続き、大きな流れとなっているDSLR(HDSLR)を中心に、低予算でも面白い映像が撮影にできるものや、より現場の意見を取り入れた、痒いところに”手が届く”ような製品が目立っていた。

 ここでは、今年のCine Gear EXPOの様子や、最近RED Digital Cinema 社が買い取ったというRED Studiosも取材を敢行。ほんの一部ではあるが、それらの取材から見えて来た、これからのハリウッド映像制作の方向性を紹介しよう。以下は、今回のラインナップである。

[Digital Cinematography 2010]
  1. CINE GEAR EXPO 2010レポートデジタルシネマ編
  2. CINE GEAR EXPO 2010レポートDSLR編
  3. CINE GEAR EXPO 2010レポート ガジェット編
  4. REDの新たなる展開1-RED STUDIOS HOLLYWOOD訪問-
  5. REDの新たなる展開2-新ジャンルの挑戦を求めて-
  6. NEW!ハリウッドのスタジオ機構を利用した新たな映画作りへSTUDIO REVO
  7. NEW!ハリウッド品質から学ぶことと、これからのコンテンツに求められるクォリティ

  8. 取材・執筆:石川幸宏 構成:編集部

[ Category : ]
[ DATE : 2010-06-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2019のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:RED Digital Cinema]レンタル限定シネマカメラ「RANGER」やNVIDIAのGPUを使った8Kリアルタイム再生の実現を展示

RED Digital Cinemaブース動画 話題のレンタル限定シネマカメラ「RANGER」を展示 RED Digital Cinemaは昨年同様、展示会場に... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[InterBEE2018]RAIDブース:話題のホログラフィックディスプレイ搭載型スマートフォンHYDROGEN ONEが登場

RAIDブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2016:RED Digital Cinema]カメラ本体だけでなく、様々な用途にあわせたアクセサリー群を展示

RED Digital Cinemaブース動画 RED Digital Cinemaブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°... 続きを読む

[NAB2016]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2016のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2016]ナブブラリVol.01(動画)

NAB2016の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Livestream、Panasonic、Canon、Sony、RED Digital Cinema、... 続きを読む

[CP+2016]ビデオサービスブース:RED SCARLET-WとRAVENを国内初展示

ビデオサービスブースではRED Digital Cinema社の代理店となったRAIDが一緒に展示を行っていた。ビデオサービスは撮影機材にレンタルを行う会社で、RAIDは販売や輸入... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow III ~CineGear 2015]Vol.06 Cine Gear Expo 10年の遍歴にみる映画制作の変化

txt:石川幸宏 構成:編集部 CineGear 10年の歩みはドラスティックな変革そのもの シネマの世界はいまやデジタル撮影~制作がそのほとんどを占めるようになった。さらに時... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [Digital Cinematography 2010]Vol.00 -Low Budget, High Quality Hollywoodが見つめる先は?-