PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinematography 2010]Vol.04 RED の新たなる展開-RED STUDIOS HOLLYWOOD訪問-
News

[Digital Cinematography 2010]Vol.04 RED の新たなる展開-RED STUDIOS HOLLYWOOD訪問-

#RED DIGITAL CINEMA #Digital Cinematography 2010

2010-06-17 掲載

RED STUDIOS HOLLYWOODに初潜入!

RED Digital Cinema社は最近、オレンジカウンティにある本社とは別に、ハリウッドの中心部に位置する古いスタジオを買い取った。今回のCINE GEAR EXPOの会場であるパラマウントスタジオから、ほんの4ブロックばかりの西へ行ったところにRED の新たな拠点となるスタジオがある。今回は日本のプレスとしては初めて、このRED STUDIOS HOLLYWOODへの取材が許されたので、その模様をお届けする。
RED02.jpg http://www.renmarstudios.com/home

上記のサイトにアクセスすると解るように、すでにRED STUDIOS HOLLYWOODとして運営されている。実際の建物にも表看板はまだREN-MAR Studiosと掲げられているが、中身はRED STUDIOS HOLLYWOODとして正式に運営されている。ここはあのライオンのマークで有名なメジャースタジオ”MGM”のMetro-Goldwyn-Mayerのうちの、Metro社が所有していた有名なスタジオだ。1950年代の大ヒットTVドラマ「アイ・ラブ・ルーシー」などが作られたのもこのREN-MAR Studiosで、以後多くのテレビショーが撮影されたことでも有名だそうだ。また近年ではアーノルド・シュワルツェネガー主演『ターミネーター2:3D』のいくつかのシーンが撮影されるなど、映画撮影でもしばしば使用されているという。ディズニーやワーナーブラザースなどの大きなスタジオを好まない作家や作品に愛されてきた小ぶりの格式のあるスタジオといった感じだ。

RED Digital Cinema社は自社の実験工房施設兼ハリウッドでの拠点としてここを買い取り、今年からRED STUDIOS HOLLYWOODとして営業している。ただし現状では、中に入ってもREDのサインなどはほとんどどこにもなく、一カ所のみREDロゴマークのバナー掲げてあるだけだ。入館するときには上の写真のようなネームシールが配布される。中には一部REDのシンボルマークがあるがそれ以外は取り立ててRED Studiosという印象はない。

RED03.jpg

現在もここには通常の貸しスタジオとして、様々なTVドラマ等が撮影されていおり、スタジオレンタル業務はそのまま続いているという。そのうち現在REDが専用のラボ施設として使っているのは一角の1つのスタジオに過ぎないが、その中へと案内された(スタジオ内部は撮影禁止のため写真は外部のみ)。スタジオ内部に入ると、中央に4Kが上映できる劇場サイズの大型スクリーンと、4席×3列=計12席のゆったりとした個別ソファーの試写席がある。4KプロジェクターはソニーのSXRDだ。その後ろにはミーティング用の応接セットがあり、それらを取り囲むように、書斎や室内などのテスト撮影用の細かいセットが組んである。またその周囲には編集用のファイナルカットスタジオのターンキーやカラーコレクション用のマシンなどが設置されており、いかにもREDラボという情景だ。さらに奥へ足を踏み入れようと思う。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-06-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2019のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:RED Digital Cinema]レンタル限定シネマカメラ「RANGER」やNVIDIAのGPUを使った8Kリアルタイム再生の実現を展示

RED Digital Cinemaブース動画 話題のレンタル限定シネマカメラ「RANGER」を展示 RED Digital Cinemaは昨年同様、展示会場に... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[InterBEE2018]RAIDブース:話題のホログラフィックディスプレイ搭載型スマートフォンHYDROGEN ONEが登場

RAIDブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2016:RED Digital Cinema]カメラ本体だけでなく、様々な用途にあわせたアクセサリー群を展示

RED Digital Cinemaブース動画 RED Digital Cinemaブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°... 続きを読む

[NAB2016]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2016のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2016]ナブブラリVol.01(動画)

NAB2016の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Livestream、Panasonic、Canon、Sony、RED Digital Cinema、... 続きを読む

[CP+2016]ビデオサービスブース:RED SCARLET-WとRAVENを国内初展示

ビデオサービスブースではRED Digital Cinema社の代理店となったRAIDが一緒に展示を行っていた。ビデオサービスは撮影機材にレンタルを行う会社で、RAIDは販売や輸入... 続きを読む

[NAB2015:Red Digital Cinema]EPIC DRAGONで4K/HEVCストリーミング。8KセンサーWEAPONも登場

ODEMAXチャンネルでREDRAYプレイヤーを介してインディーズ作品をストリーミング配信する展開を一度は試みたREDだが、今回はライブリニアをOTTサービスとして一般家庭に届ける... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinematography 2010]Vol.04 RED の新たなる展開-RED STUDIOS HOLLYWOOD訪問-