PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinematography 2010]Vol.05 REDの新たなる展開-新ジャンルへのとりくみとは?
News

[Digital Cinematography 2010]Vol.05 REDの新たなる展開-新ジャンルへのとりくみとは?

#RED DIGITAL CINEMA #Digital Cinematography 2010

2010-06-17 掲載

RED STUDIOS HOLLYWOODの在り方とは?

RED04.jpg

RED STUDIOS HOLLYWOODのラボ施設内では、REDの最新のセンサーMYSTERIUM -Xセンサーを搭載したRED ONEによって、現在撮影が行われている劇場公開映画の最新作のワンシーンなどを試写して頂いた。マッチ1本だけの明かりでも暗部のノイズなどが全く目立たないなど、MYSTERIUM-Xの性能が素晴らしいものであることが良く解るものだ。また実際にその場で、4K撮影した映像をすぐにRED ROCKETが装備されたノンリニアマシンで編集/カラコレするワークフローの実演などもデモンストレーションして頂いた。4Kムービーが証明写真を撮るのと同じような工程とスピードで処理され、目の前で4K上映されるのは何とも信じがたい光景ではあるが、REDが目指してきたものが目の当たりに出来るこうした施設があれば、クリエイターはそれを経験することによって確かなものに変わるだろう。

また今回は5D markⅡとの動画データにおけるテストチャート比較検証結果も見せて頂くことができた。興味深いのは静止画ではEOS 5D markⅡの画像が優れていても、動画データではREDのMYSTERIUM-Xの基本性能が、諧調性や解像度などにおいても優れていることが証明されていた。REDの広報担当であり日本のユーザーにもお馴染みのテッド・シロビッツ氏にRED STUDIOS HOLLYWOODについてお話を伺った。

–RED STUDIOS HOLLYWOODを入手した理由は?

このスタジオを入手したのは、これまで以上により多くのユーザー、映画やTVなどの映像制作関係者にREDカメラの実力を知って頂き、またハリウッドの中心地にあることで、それを試して頂く機会をこれまで以上に多く持つことができるからです。

現在REDカメラの開発はまだ本社中心で行っているが、このスタジオを入手したことで、今後は2つの拠点で開発もしていくことになるとのこと。現在も主要スタッフは3年前と変わらず30名ほどだが、周辺のサポートスタッフが増えて100名以上の組織になっているという。また今後、こうした施設をワールドワイドでも作る可能性があるか?との問いについては、いまのところそういう予定はないが、すでにRED ONE が8,000台以上も出荷しているので、そういう展開も考えられるかも知れないとのことだった。

RED05.jpg

また、ピーター・ジャクソン監督を始めとする世界に名だたる監督たちもREDを好んでいるようだが、彼らがREDを好む理由は、とにかくこれまで35mmフィルムで撮って来たワークフローをデジタルで簡単に、しかも4Kの高画質で再現できるところだという。彼らにとってその部分は大きいだろう。また現在、スティーブン・ソダーバーグ監督やデビッド・フィンチャー監督の最新作はREDで撮影されているという。

REDが考える新ジャンルへの展開とは?

RED06.jpg

RED の最新機種EPICやSCARETなど今後の展開の話から、テッド氏との話の中で気になる方向性が示された。そもそもREDが掲げていたDigital Still Motion Camera(DSMC)という方向性において、具体的な活用事例などが出ているのか?という問いに対して、

現にここにある「Esquire」「Time」「Outside」といった有名雑誌の表紙は、すべてREDで撮影されたものです。これらはスチルのカメラマンがREDを使ってムービーもスチルも撮っています。Time誌などは、実際に表紙と同じモチーフの動画がウェブサイトにアップされています。今後はiPadなどにおけるエレクトリカルマガジンのコンテンツへの需要も増えるだろうと考えています。

今後はiPadなどとの連携で、またREDの新たなる可能性が広がりを見せそうだ。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-06-17 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2019のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:RED Digital Cinema]レンタル限定シネマカメラ「RANGER」やNVIDIAのGPUを使った8Kリアルタイム再生の実現を展示

RED Digital Cinemaブース動画 話題のレンタル限定シネマカメラ「RANGER」を展示 RED Digital Cinemaは昨年同様、展示会場に... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[InterBEE2018]RAIDブース:話題のホログラフィックディスプレイ搭載型スマートフォンHYDROGEN ONEが登場

RAIDブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2016:RED Digital Cinema]カメラ本体だけでなく、様々な用途にあわせたアクセサリー群を展示

RED Digital Cinemaブース動画 RED Digital Cinemaブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°... 続きを読む

[NAB2016]RED Digital Cinemaブース(動画)

NAB2016のRED Digital Cinemaブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2016]ナブブラリVol.01(動画)

NAB2016の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Livestream、Panasonic、Canon、Sony、RED Digital Cinema、... 続きを読む

[CP+2016]ビデオサービスブース:RED SCARLET-WとRAVENを国内初展示

ビデオサービスブースではRED Digital Cinema社の代理店となったRAIDが一緒に展示を行っていた。ビデオサービスは撮影機材にレンタルを行う会社で、RAIDは販売や輸入... 続きを読む

[NAB2015:Red Digital Cinema]EPIC DRAGONで4K/HEVCストリーミング。8KセンサーWEAPONも登場

ODEMAXチャンネルでREDRAYプレイヤーを介してインディーズ作品をストリーミング配信する展開を一度は試みたREDだが、今回はライブリニアをOTTサービスとして一般家庭に届ける... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinematography 2010]Vol.05 REDの新たなる展開-新ジャンルへのとりくみとは?