PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D 第3章]Vol.02 今3D撮影素材を編集するには?CineForm Neo3D(編集編)

News

[Stereoscopic 3D 第3章]Vol.02 今3D撮影素材を編集するには?CineForm Neo3D(編集編)

2010-08-31 掲載

1 2
株式会社マリモレコーズ 江夏由洋(FILTER KYODAI)

編集時にはCineForm Neo3Dを利用

KiPRO2renso.jpg

marimo2001.jpg
Ki ProストレージモジュールSSD 250GB。Firewire800で接続し、一気に収録したProRes 422のデータをPCにコピー。左右の映像の整理はきちんとしておくことが大切

史上初の業務用3DカメラであるPanasonic AG-3DA1を使用し、立体視映像の撮影編の続きとして、今回はその映像を更に効率的に編集するためのワークフローを説明する。AG-3DA1と最高の相性をみせてくれたAJAのKi Proを2台使って左右の映像を収録した。 もともと3DA1には内蔵のSDスロットがL・R2基ついており、AVCHDコーデックでの収録が可能だ。ところが3DA1には、更にL・RでHD-SDIサイマル出力が(同期した状態で出力)可能なため、外部レコーダーを使ったシステム構築を組むことができる。Ki ProはProRes 422でHD-SDIの信号を記録できるレコーダーだ。これを使えばAVCHDよりも高画質な映像の収録を期待できるため、今回使用を試みた。もちろんFinal Cut Proとの相性もいうことはないため、編集のストレスも大きく軽減できる。 まずこの映像ファイルであるProRes 422のデータをMacにコピーする。注意すべき点は、コピー時に「右」か「左」かファイルを必ず区別しておくことだ。映像だけではそのファイルが「右」の画なのか「左」の画なのか区別するのは非常に難しいため、最初から「左右の区別がつかられるファイル構造」を作成しておくことが望ましいだろう。またファイル名にLやRといった文字を入れておくことも大切である。

marimo02003.png
ReMasterの画面。バッチ処理できるのでそれほど作業は面倒ではない。 CPUのコア16個をすべて活用してコンバートを行なったが、実時間の70%ほどで作業は終了した
marimo02005.png
First Lightの画面。直観的に使用できる

今回編集で使うマシンはMac。Ki ProはProRes 422で収録される。ちなみにWindowsによる編集環境を整えるのであれば、最新のAvid Media Composer を使用すれば可能である。今回は3D編集の準備としてProRes 422素材をCineFormを使って中間コーデックに書き出すため、プラットフォームはMacに限られる。ここで使用する3D専用ソフトウエアが「CineForm Neo3D」となる。 今3D編集において大きく注目されているのがこのCineFormだ。もともとファイルサイズが軽くて高画質を謳う次世代のコーデックとして有名なCineFormだが、今回は3D編集機能を搭載した「Neo3D」を使って編集を進めていきたい。ここで特筆すべき点は、このソフトウエアはFinal Cut Proなどのノンリニア編集ソフトと「連動」して動くというところだ。自由度の高い3D編集のデータをリアルタイムでやり取りすることができる。使いなれたソフトを使って2D感覚で作業が行えるため、3D編集の際は是非一度使ってみていただきたい。 Mac版では「ReMaster」と「First Light」という2つのソフトウエアでCineForm Neo3Dは構成されている。「ReMaster」は素材をCineFormコーデック(10bit4:2:2、QuickTime形式)にエンコードするもので、「First Light」は左右のCineFormデータをひとつのファイルに再構成して、3D編集のためのメタデータを調整するものだ。なぜこのCineFormを使った3D編集が効率的か?それには大きな理由があるのだ。それは、アクティブメタデータ調整で2D感覚の編集が行えることだ。

アクティブメタデータという編集環境

marimo02013.pngFinal Cut ProとFirst Lightの連携はとても良い。First Lightのメタデータの情報はすぐにFinal Cut Pro上で確認できる

さらに注目すべき点は、CineForm Neo3Dにおいてアクティブメタデータによる編集が、他のノンリニア編集(NLE)ソフトウエアと同時に行えると言う点だ。つまり、左右の映像の位置補正やカラコレなどといった編集をメタデータを使って行なえるだけではなく(非破壊による調整)、そのメタデータをリアルタイムにNLE編集ソフトウエアに反映することができる。これによりFinal Cut Proのような汎用的なNLE編集ソフトウエア上で、左右の映像をあたかも2Dのごとく編集することが可能になった。また3Dの出力形式(モニター出力)もサイドバイサイドやインターレース(Fields)、アナグリフといった数多くから選択することが可能で、それらのフォーマットも全てアクティブメタデータとしてリアルタイムにNLEソフトウエア上に反映することができる。これら機能の数々は、今まで混沌を呼んでいた3D編集に大きな光明を生んだといっても過言ではないだろう。

ReMasterでCineForm変換

marimo02006.png
CineFormコーデックのQTファイルをFirst Lightで読み込んでMUXを行なう。MUXの前に素材のMarkを行い、L/Rの判別をしておく。判別をすると、サムネイルの横にLeft/Rightの情報が表示される。

それでは早速撮影した素材を一度CineFormコーデックに変換していこう。「折角ProRes 422で撮影したのに…」と感じる方もいるとは思うが、後々の3D編集のことを考えるとこの変換作業は必要なのである。まずはReMasterを立ち上げて、Ki Proで収録した左右のデータを一気に選択してバッチ処理で変換を行う。この際に注意するべきことは、やはり左右のファイルが入り混じらないようにすることだ。変換にかかる時間はマシンスペックやハードディスクの速度にもよるが、16コアのMacの場合、実時間の約60%~80%ほどの時間を要する。またProRes 422だけでなく、AVCHD形式からのCineForm変換も可能なためAG-3DA1のSDカードに収録されたデータも同じようなワークフローを組むことができるのが特徴だ。

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2010-08-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]AJA Video Systemsブース:8K対応のHDR Image Analyzer 12Gや、Ki Pro GOおよびKi Pro Ultra Plusのアップグレード版を展示

AJA Video Systemsブース動画 AJA Video Systemsブースレポート AJAはIBCで発表したHDR Image Analyzer 1... 続きを読む

[NAB2019]AJAブース(動画)

NAB2019のAJAブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]AJAプレスカンファレンス(動画)

NAB2019のAJAプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]AJA Video Systemsブース:次世代の8Kソリューションを多数展示。ユーザーの要望を叶える製品を作り続けること

txt:山下大輔 構成:編集部 AJA Video Systemsブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[NAB2018]AJAブース(動画)

NAB2018のAJAブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2018]AJAプレスカンファレンス(動画)

NAB2018のAJAプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2017]AJAブース:IP経由の業務用ビデオ&オーディオIOデバイス「Io IP」を発表。ファームウェアをアップデートした「Ki Pro Ultra Plus」や「Io 4K Plus」なども展示

AJAブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

特集記事

AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D 第3章]Vol.02 今3D撮影素材を編集するには?CineForm Neo3D(編集編)