PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D 第4章]Vol.00 Stereoscopic 3D を考える夏

News

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.00 Stereoscopic 3D を考える夏

2011-07-29 掲載

2011夏、Stereoscopic 3D を考える

特集で[Stereoscopic 3D 第3章]を2010年に展開し、今回は、1年ぶりの3D特集になる。この間に3Dを取り巻く状況はどのように変化しただろうか?昨年ほど諸手を上げて3Dという声は聞こえてこないが、確実に映像制作において、一つの手法として押さえておくべきカテゴリーになったといえる。

破綻映像にならない様にコンバージェンス(目標までの距離)とステレオベース(2つのレンズの距離)の関係性が重要である事は言うまでもない。3Dの礎でもあるステレオベースの距離から目標点で交差する深度で3Dの表現領域が変化してくる事をカメラマンや制作に携わる人は体にしみ込ませておく必要があるだろう。まさしく体験し慣れて行くのが一番の習得方法だと言える。

今回は、7月にシステムファイブ(東京都千代田区)で開催された Stereoscopic 3Dセミナーを中心に今一度、Stereoscopic 3Dついてエッセンシャルな部分を考えてみたい。撮影、編集そして視聴となにかと Stereoscopic 3Dには特殊な技術が必要となる。押さえておくべき3Dの基礎を考えつつ、2011年の3Dを再考してみる事にした。

準備はそこまで~機材の隆盛

201107PMWTD300.jpeg
3Dショルダーカムコーダー「Sony PMW-TD300」

映像の要、カメラにおいては。民生機を皮切りに充実し始めている。7月にソニーから発売された業務用二眼式一体型3Dカメラ「HXR-NX3D1J」を始めに、この秋には、ソニーからは、1/2型3CMOSセンサーを2式搭載した二眼式一体型の業務用フルHD 3Dショルダーカムコーダー「PMW-TD300」が待ち構えている。2つのレンズの中心間距離を45mmと短く設計することで、最短コンバージェンスポイントは1.2mを実現。被写体に近づいて撮影することができるとしている。そしてパナソニックからも「P2HD」シリーズの新製品メモリーカード・カメラレコーダーとして開発した業務用二眼式一体型3Dカメラレコーダー「AG-3DP1」の発売が準備されている。

201107AG-3DP1.jpeg
3Dカメラレコーダー「Panasonic AG-3DP1」

この業界の雄が市場に投入することで業界の活性化が期待されている事は言うまでもないが、機材先行でこの業界が成熟するかは正直未知数である、しかしPRONEWSでは、引き続き Stereoscopic 3D を追いかけるつもりだ。

  1. Vol.01 3Dセミナーからの提言 その1
  2. Vol.02 3Dセミナーからの提言 その2
  3. Vol.03 基礎を追求~再生の条件と視聴環境
  4. Vol.04 基礎を追求~3D配信方法の拡大を考える
  5. Vol.05 S3D制作機器の動向とこれから
  6. 外伝01 渡邊健一が語るHXR-NX3D1Jの実力
  7. 外伝02 江夏由洋が語るHXR-NX3D1Jの魅力

過去のStereoscopic 3D特集

Stereoscopic 3D 第3章(2010年8月特集)

Stereoscopic 3D 第2章(2010年5月特集)

Stereoscopic 3D(2009年7月特集)


[ Category : ]
[ DATE : 2011-07-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

【生産完了】Panasonic AG-3DA1 一体型二眼式3Dカメラレコーダー [SYSTEM5]
【生産完了】Panasonic AG-3DA1 一体型二眼式3Dカメラレコーダー [SYSTEM5]
売切れ
販売価格: ¥2,052,380(税込)
ファイルベース収録で高効率なフルHD 3D制作を実現する一体型二眼式 フルHD 3Dカメラ…

この記事に関連する記事一覧

[Stereoscopic 3D 第4章]外伝02: 江夏由洋が語るHXR-NX3D1Jの魅力

Txt:江夏由洋(マリモレコーズ/FILTER KYODAI) 小型業務用3Dカメラという位置づけ 3Dコンテンツ拡充の呼び水となるか。ソニーの業務用小型3DカメラHVR-NX... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]外伝01: 渡邊健一が語るHXR-NX3D1Jの実力

Txt:渡邊健一 とにかく簡単なHXR-NX3D1J ソニーから発売された業務用3Dコンパクトビデオカメラ「HXR-NX3D1J」。民生用モデル「HDR-TD10」に業務用の音声入... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.05 S3D制作機器の動向とこれから

Stereoscopic 3D制作現場からの声 毎年のNABショーで2002年から毎年開催されている看板カンファレンスである"デジタルシネマサミット"が、今年から名前を『DCS』(... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.04 基礎を追求~3D配信方法の拡大を考える

3D映像再生のための3つの基本条件 現在3D映像の最大の問題点である視聴と配信に関する環境については、今後さらなる進化が求められる部分でもある。再生と配信技術の行方によってステレオ... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.03 基礎を追求~再生の条件と視聴環境

3D画像再生の条件と視聴環境 江夏由洋氏の3D映像制作ワークフローセミナーにおいて、『3つの破綻』以外の3D制作における重要なポイントがあった。それが破綻領域を決定するズレ幅と視... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.02 3Dセミナーからの提言 その2

3D映像を撮影する際の根本的な考え方 3D映像制作ワークフローセミナー 中級編 /講師:マリモレコーズ 江夏由洋氏 7月19日に開催された「3D映像制作ワークフローセミナー 中級... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.01 3Dセミナーからの提言 その1

3D映像制作ワークフローセミナーが開催される 3D映像制作ワークフローセミナー 初級編 / 講師:映像作家 坪井昭久氏 7月22日に行われた映像作家の坪井昭久氏による「3D映像制... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [Stereoscopic 3D 第4章]Vol.00 Stereoscopic 3D を考える夏