PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Stereoscopic 3D 第4章]Vol.05 S3D制作機器の動向とこれから
News

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.05 S3D制作機器の動向とこれから

#Stereoscopic 3D 第4章

2011-07-29 掲載

Stereoscopic 3D制作現場からの声

毎年のNABショーで2002年から毎年開催されている看板カンファレンスである”デジタルシネマサミット”が、今年から名前を『DCS』(頭文字を簡略化)と改め、”DCS2011″としてデジタルシネマに関する各方面からの報告やトークショー等が行われた。今年は主にステレオスコピック3Dに関して、初日の4月9日に行われたが、この中で注目されたのは、ここ数年のS3D制作の経験を踏まえた制作現場からのケーススタディの報告だ。

事例として紹介されたのは昨年全米で公開され大ヒットした『Yogi Bear in 3D』。アメリカの古いアニメーションの3Dリメイク作品だ。1960年代に日本の古いファンにも”クマゴロー”の愛称で親しまれた『Yogi Bear』が、昨年『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』として3DCG版として映画化された(日本でも今年4月2日からの公開を予定していたが、東日本大震災の影響で残念ながら公開中止となっている)。

DCSではこの映画の監督であるエリック・ブレヴィグ監督とVFXスーパーバイザーらがゲストとして出演し、S3D作品制作の現場の声が語られた。ちなみにブレヴィグ監督は、映画『トータル・リコール』でアカデミー賞の視覚効果賞を受賞し、あのマイケル・ジャクソン主演の3D映像作品『キャプテンEO』の制作にも関わった経験を持つ。彼らの発言として興味深かったのは「S3D作品を作るのは大変だが、3Dの魅力としてファンタジーの世界感に浸れるという側面を持っているということ」と「S3D製作の際の”決め事”など厳密な製作ルールに則った作品が、必ずしも3D作品として評判を呼ぶわけでない」という点だ。

ステレオスコピック3D映像にはイベント映像やアトラクションなど、ある種の”体験”を求める目的で制作されることが多く、視聴者側にある程度の能動性が求められる。ある意味で3D映像を見たいという意志があって、初めて”3D体験”というものが成立するものだとも言えるだろう。「3D制作のルール」に則った映像が必ずしも魅力的ではない、というのはおそらくそのためだと推測され、特にエンターテインメント作品においては、多少の過度な映像があったほうがより3D効果を堪能出来る、ということにも捉えることができる。もちろん医療向け、学術向け、もしくはドキュメンタリーといった3D作品ではいわゆる「良い3D」が求められるのは言うまでもない。

S3Dコンテンツから見える2つの方向性

201107HXR-NX3D1J.jpg
Sony HXR-NX3D1J

最近のステレオスコピック3D向け機材は、今回の『HXR-NX3D1J』にも見られるような小型カメラの登場で大きく変わる可能性がある。最近の海外の展示会で大きく注目されていたのは、GoPro HD HEROなどに代表される、ホビー性の高いHDカメラ製品だ。GoPro HD HEROは昨年のNAB2010に登場して話題となった商品だが、さらに今年は他社ブースでもGoPro HD HERO用の様々な周辺ツール、ガジェットを見かけることができた。またGoPro HD HERO 2台を1つのケースにまとめた2眼式3D撮影が可能な3D専用パック「GoPro 3D HEROシステム」も発売され、手軽な3D撮影も思いのままになってきた。

0725GoPro_3D01.jpg

このGoPro HD HEROの人気からか、以前からあった小型のヘッドカムなどの製品にも再びスポットが浴びるようになり、他社製品のブースも拡大・活性化していた。国内のポストプロダクションは言うに及ばず、ハリウッドのポストプロダクションにもこれらのミニカムコーダーの素材が持ち込まれるケースは増えているという。

ここに来て3D映像は2つの大きな流れがあるように見える。1つはリアルを忠実に再現しようとする『リアル3D』の世界。これは「ワールドカップサッカー」などのスポーツ中継など臨場感を伝える手段としての3D映像である。その他ドキュメンタリーや多くのビデオ素材としてもリアリティのための3D映像は基本として存在している。そしてもう一つは、ファンタジーな映像に浸りたい、もしくはアクロバティックな映像を体験してみたいという、いわゆる『フェイク3D』もしくは『エクストリーム3D』の世界。これは主として映画やイベント、アトラクション映像向けのコンテンツである。

いずれにせよこれらの3Dコンテンツを生み出すにはやはり経験値が最も重要であり、また新しいS3D対応機材の登場によってより身近に、より手軽に入手できるようになったことで、更なる3Dコンテンツの熟成が期待出来るという時期に入って来たと言えそうだ。


◀ Vol.04 [Stereoscopic 3D 第4章] 外伝01 ▶

[ Category : ]
[ DATE : 2011-07-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

この記事に関連する記事一覧

[Stereoscopic 3D 第4章]外伝02: 江夏由洋が語るHXR-NX3D1Jの魅力

Txt:江夏由洋(マリモレコーズ/FILTER KYODAI) 小型業務用3Dカメラという位置づけ 3Dコンテンツ拡充の呼び水となるか。ソニーの業務用小型3DカメラHVR-NX... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]外伝01: 渡邊健一が語るHXR-NX3D1Jの実力

Txt:渡邊健一 とにかく簡単なHXR-NX3D1J ソニーから発売された業務用3Dコンパクトビデオカメラ「HXR-NX3D1J」。民生用モデル「HDR-TD10」に業務用の音声入... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.04 基礎を追求~3D配信方法の拡大を考える

3D映像再生のための3つの基本条件 現在3D映像の最大の問題点である視聴と配信に関する環境については、今後さらなる進化が求められる部分でもある。再生と配信技術の行方によってステレオ... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.03 基礎を追求~再生の条件と視聴環境

3D画像再生の条件と視聴環境 江夏由洋氏の3D映像制作ワークフローセミナーにおいて、『3つの破綻』以外の3D制作における重要なポイントがあった。それが破綻領域を決定するズレ幅と視... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.02 3Dセミナーからの提言 その2

3D映像を撮影する際の根本的な考え方 3D映像制作ワークフローセミナー 中級編 /講師:マリモレコーズ 江夏由洋氏 7月19日に開催された「3D映像制作ワークフローセミナー 中級... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.01 3Dセミナーからの提言 その1

3D映像制作ワークフローセミナーが開催される 3D映像制作ワークフローセミナー 初級編 / 講師:映像作家 坪井昭久氏 7月22日に行われた映像作家の坪井昭久氏による「3D映像制... 続きを読む

[Stereoscopic 3D 第4章]Vol.00 Stereoscopic 3D を考える夏

2011夏、Stereoscopic 3D を考える 特集で[Stereoscopic 3D 第3章]を2010年に展開し、今回は、1年ぶりの3D特集になる。この間に3Dを取り巻く... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Stereoscopic 3D 第4章]Vol.05 S3D制作機器の動向とこれから