PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SIGGRAPH2011]Vol.05 各種セッションとBOF、ユーザー会、Job Fairなど盛りだくさん
News

[SIGGRAPH2011]Vol.05 各種セッションとBOF、ユーザー会、Job Fairなど盛りだくさん

#SIGGRAPH2011

2011-08-23 掲載

1 2 3
Txt:安藤幸央

SIGGRAPHでは、数多くのセッションや展示が同時並行で開催され、例えばアート、ゲームなどと分野を絞ったとしても、なかなか一人では全ての情報を網羅することはできない。FacebookやTwitterで情報交換、情報を入手しつつ、会場を飛び回ることになる。 その中から話題をいくつか紹介しよう。

Job Fair

DSC06806.JPG

SIGGRAPH会場は、学会発表の場でありながら、巨大な求人/求職の場でもある。展示会場でブースを設けていた GoogleはGoogle Earth、Sketch Upといったプロダクトを売り込むとともに、求人用フライヤー(ちらし)を大量に配っていた。Googleというと検索の会社のように思えるが、実はSIGGRAPHにくるようなインタラクションデザインに強い人材を求めている。Googleの求人カテゴリは、以下のようなものだった。

  • User Experience Resercher
  • Interacton Designer
  • Visual Designer
  • Software Engineer,
  • Front End Software Engineer

また、同様にブースを構えていたCGプロダクションDigital Domainでは、細かに分野が提示された求人用フライヤーを配布していた。特に、特定の分野において何年くらいの現場経験があるのか、どのようなソフトウェア(ツール)が使えるのか、どのような技術を使いこなせるのか?といった細々としたニーズが明確に記載されているのが印象的であった。

業種によってはPythonやC++といったプログラミング言語の素養が求められたり、Real Flow、SynthEyes、PFTrack、Nuke、DeepPaint、VUE、ZBrush、Combustion、Silhouette、Mudboxといった特定用途向けの特殊なソフトウェアの技能も求められる。また、多くの人にとっては初めは映画業界での経験は無いわけで、CM映像制作、テレビ番組での特殊効果などの経験も評価される。各カテゴリは以下のとおり。

 
  • Animator
  • Cloth/Hair Technical Director
  • Compositor
  • FX Artist
  • FX Technical Director
  • Integration Artist : 実写映像との合成を司る、トラッキングツールを駆使するアーティスト
  • Lighting Artist
  • Look Development Technical Director:主にシェーダーを操り、映像の見栄えを司る仕事
  • Matte Painter
  • Modeler
  • Production Coordinator
  • Rigger:モーションキャプチャデータを扱ったり、キャラクタの骨格データのセットアップ等を行う
  • ROTO/Paint Artist
  • Texture Artist

また、展示会場横には、求人/求職の専用コーナー”Job Fair”が設けられた。Sony Pictures Imageworks、Walt Disney Animation Studios、LucasArtsといった大手から、The Millなどの CMプロダクション、IntelやNVIDIAといった技術系の企業、バンクーバーの地元プロダクションまで、24社のブースが立ち並んでいた。Job Fairでは学生らしき若手を中心に、大判のポートフォリオを見てもらったり、デモビデオのDVDを交換する様子が盛んに見られる活気のある場であった。

Pixar User Meeting

Pixarは、展示会場ではCars2の絵柄が目立つブースを設け、レンダリングツール PRMan(PhotoRealistic RenderMan) の製品紹介や、各種映像のメイキングセッションなどを開催していた。Pixarは、Cars2のような映画の制作を中心とするアニメーションスタジオと、そのCGアニメーションを作るためのレンダリングツールであるPRManの開発部署に分かれている。PixarのPRManはPixarのみならず、世界中のCG/VFX映像のための定番のツールであり、多くの利用ユーザーをかかえる。それらPRManのユーザーを集め、PRManのバージョンアップにともなう新機能の紹介や、ユーザーの事例紹介など、展示会場とは趣きが異なる場がPixarのユーザー会である。ユーザー会は会場近くのホテルで夕方から夜にかけて開催された。ユーザー会での事例紹介は、本来の目的を逸し、圧倒的な技術力を元にした受け狙いの発表が続き、会場の拍手と笑いを誘っていた。

1 2 3

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-08-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[SIGGRAPH2011]Vol.04 盛り上がるExhibition。156社の展示ブースが出展

Txt:安藤幸央 Exhibition (展示会)は製品アピールと、リクルーティングの場 Pixarブースのリクルーティングコーナー。インターンを希望する学生などが押し寄せていた ... 続きを読む

[SIGGRAPH2011]Vol.03 未来を先取りする論文発表

Txt:安藤幸央 映像技術進化の要。SIGGRAPH論文発表トピックス CGとインタラクティブ技術の学会/展示会であるSIGGRAPH、その本流となるのはやはり学会らしく論文発表で... 続きを読む

[SIGGRAPH2011]Vol.02 ハリウッド勢とCM勢が活躍。Computer Animation Festival と SIGGRAPH Dailies!

Txt:安藤幸央 注目のComputer Animation Festivalから CG(コンピュータグラフィックス) とインタラクティブ技術の学会・展示会である SIGGRAPH... 続きを読む

[SIGGRAPH2011]Vol.01 CGの祭典SIGGRAPH2011開催!

Txt:安藤幸央 気鋭のCG映像が勢揃い Computer Animation Festival (SIGGRAPH2011) 夏といえば、SIGGRAPHの季節だ。SIGGRAP... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [SIGGRAPH2011]Vol.05 各種セッションとBOF、ユーザー会、Job Fairなど盛りだくさん