PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [PRONEWS課題図書]Vol.00 「映像について考える夏2011」

News

[PRONEWS課題図書]Vol.00 「映像について考える夏2011」

2011-08-30 掲載

Txt:猪蔵(PRONEWS)

映像に関する幾つかの疑問…。

ふと日常に目をやると映像がいくつもの場所に点在する。311以降明るい話を聞かず、停滞感は否めない。しかしながら映像制作について明るい未来はあるのだろうか?

どうやら映像制作についても大きく様変わりを見せている。筆者が映像を応援する立場で映像専門雑誌編集の仕事に就いた頃は、ミュージックビデオを作りたいと目を輝かせていたクリエイターと多く出会った。現在その一線で活躍する人々ばかりである。しかし現在若い人々に話を聞くと映像ではなく、インタラクティブであるメディアアートの方に挑戦したいという。時代である。

映像を作り上げるには多くの時間がかかるし、レギュレーションも多い。しかしながらクリエイティブの叡智だと思っている。映像といえども、映画、テレビ、ミュージックビデオ、ゲーム、多くのカテゴリーが存在する。その視聴場所では携帯電話など場所を問わなくなって来た。考えてみれば映像はいつでも手法や見せ方が変容して来たメディアだ。映像に関する制作方法や鑑賞方法もテンポラリーでしかない。技術革新は凄まじく進化の一途をたどる。3D、ファイルベース、デジタル一眼動画、プロジェクションマッピング、ライブ配信など。映像を取り巻く現状は、もちろん良い話はないわけではない。制作単価は下がる事も忘れてはならない。映像に関するトレンドをキャッチアップしなければ行けない要素は多種多様だ。もちろん煩雑である事も言うまでもない。

そんな2011年の晩夏。ふと広義に「映像」について考えてみたくなった。できるだけ映像の新領域に関わる人に話は聞けないものかと、今回は、元広告雑誌編集長、ビデオブログ活躍中の映像作家、CM制作からライブ配信へシフト、最先端映像分野のAR(拡張現実)で活躍する人、現役映像ジャーナリスト、誰よりもはやく世界から先端映像を見つけてくる目利き、テレビ番組制作者、ふだんPRONEWSには馴染みのない方にも御登壇頂いた。映像の活躍する場所が多岐に渡るのであれば、その多岐に渡る場所から話を聞いてみたいと思ったのだ。これが映像に関する試金石にはなるかわからないが、2011年の夏の終わりに、あらためて「映像」に関わるものとして「映像」について考え、新解釈を探る事にした。

  1. 今こそ動画活用のススメ(ジェット☆ダイスケ/ビデオブロガー)
  2. いまイケてる世界のコマーシャル ~Cannes Lions 2011の向こうに(河尻亨一/元広告批評編集長)
  3. iPhoneで震撼した新しい番組制作の世界(小池明彦/テレビディレクター)
  4. 映像とARについて考える夏2011(川田十夢/AR三兄弟)
  5. 『色』について考える。~カラーコレクション再考(石川幸宏/映像ジャーナリスト)
  6. 新しい映像の世界。キーワードは「インタラクティブ」(野澤智/ニテンイチリュウ)
  7. ライブ配信新時代 ~ポートレートストリームはモナリザの夢を見るか?(川井拓也/ヒマナイヌ)

[PRONEWS課題図書] Vol.01

[ Category : , ]
[ DATE : 2011-08-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[PRONEWS課題図書]Vol.07 ライブ配信新時代〜ポートレートストリームはモナリザの夢を見るか?

Txt:川井拓也(ヒマナイヌ) 2011夏、ライブ配信の新しいカタチはじまる 映像は絵画からはじまり、写真へ、そして映画、テレビと進化してきました。絵画の時代はキャンバスの大きさや... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.06 新しい映像の世界「インタラクティブ」を押さえるべし!

Txt:野澤智 テレビや携帯、はたまたウェブなど日々様々な場所で私たちがふれる「映像」。従来からそれは存在していたけれど、最近特に顕著な変化が見て取れるようになってきている。その変... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.05 『色』について考える。〜カラーコレクション再考

Txt:石川幸宏 「色」の事、気にしている? 自然の風景も街の装飾も人々の服装も、海外に比べて目に入ってくる景色のコントラストが低い日本では、これまで映像の色に関する意識が低かった... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.04 映像とARについて考える夏2011

Txt:川田十夢(AR三兄弟) 映像とAR。その未来を考える PRONEWSをご覧のみなさま、はじめまして。公私ともに長男、川田十夢です。僕のことをご存知ない方は、まずこの冒頭の自... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.03 iPhoneで震撼した新しい番組制作の世界

Txt:小池明彦 歴史は繰り返す この夏の暑さで仕事がはかどらず環境を変えてみようと入ったとある喫茶店。店内を見回すと多くの人が携帯電話を操作している事に改めて驚きます。携帯電話が... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.02 いまイケてる世界のコマーシャル ~Cannes Lions 2011の向こうに

Txt:河尻亨一 Script 2.0とでも言えばいいのだろうか カンヌクリエイティブ祭に行ってきました(もう2ヶ月前ですが)。カンヌ取材には2007年から参加してますが、今年はフ... 続きを読む

[PRONEWS課題図書]Vol.01 今こそ動画活用のススメ

Txt:ジェット☆ダイスケ ジェット☆ダイスケと申します。ビデオブロガーとして活動しております。もしユーチューブなどで「ジャジャン!」のかけ声とともにプロダクトを紹介するオッサンが... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [PRONEWS課題図書]Vol.00 「映像について考える夏2011」