PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]00:高まるLog収録/制作への関心

News

[RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]00:高まるLog収録/制作への関心

2012-03-21 掲載

よみがえるデジタルシネマ市場

デジタルシネマカメラ市場が活性化してきている。2011年末のRED DIGITAL CINEMA製5KカメラScarlet-Xの登場に引き続き、2012年1月にはソニーのデジタルシネマカメラF65RS(ロータリーシャッター、NDフィルター内蔵モデル)とキヤノンのデジタルシネマカメラCinema EOS C300(EFマウント仕様)が発売となった。今後も、3月末にCinema EOS C300 PL(PLマウント仕様)、5月にF65(ロータリーシャッター無しモデル)が発売される予定だ。

従来に比べ、大幅に安価で高性能なデジタルシネマカメラの登場により、その下のクラスのプロビデオカメラ市場も今年は活性化していきそうだ。来月、ラスベガスで開催される2012 NAB SHOWでも、新たなビデオカメラが登場してくるだろう。カメラ市場の活性化は、制作ワークフローにおいても新たな流れを作りつつある。Log制作の普及である。これまでも、ソニーにはS-Log、パナソニックにはP-10LogというLog収録の方法はあった。しかし、日本の映像制作においては、ライティングは照明屋さんが決定する撮影現場の体制や、カラーコレクションがフィニッシング段階で行われるために、撮影時にカラーリストが撮影現場で監督の意向を汲み取りながら作業することがない分業体制があり、中間調のLog収録映像からじっくりルックを作っていく時間もコストもないローコスト制作の蔓延ということもあって、従来フィルム撮影をしていたような十分に予算のあるCMなどに活用範囲が限定されていたことも事実だろう。

キヤノンがCinema EOS C300で8bitのCanon-Logを提案したことは、ワークフローの見直しという点でも大きい。ソニーXDCAM EX PMW-F3+RGB 4:4:4&S-Logオプションに加え、Cinema EOS C300が選択肢に加わり、安価でありながらも大型イメージセンサーを搭載したカメラの活用範囲は大きく拡がった。これらに加えてRED DIGITAL CINEMAのRED ONE/EPIC/Scarlet-Xという選択もある。カメラのコストが下がったことで、撮影からフィニッシングまでワンストップでの制作もしやすくなり、これまではハイエンドの制作にしか使われなかったLog収録を、誰もが試してみることが可能になってきた。ソニーによると、RGB 4:4:4&S-Logオプションに関する問い合わせも増えてきているそうだ。

Log収録がやってきた

Log収録は、カラーグレーディングも不可欠となる。これまではカラーグレーディングシステムも高価だったが、2011年末にはブラックマジックデザインのカラーグレーディングソフトウェアDaVinci Resolveの無償版DaVinci Resolve Liteでカラーノード無制限化が行われ、Windows版DaVinci Resolve Liteも登場した。これまで限られた人しか試すことができなかったカラーグレーディング環境を、誰もがダウンロードして気軽に試すことが可能になってきた。

映像制作におけるLog収録とカラーグレーディングへの関心は、これまで以上に高まっている。今回の特集では、Log制作について整理しておこう。

txt:秋山 謙一 構成:編集部


Vol.07 [RAW side LOG side] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2012-03-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]07:古くて新しいLogに次世代の映像制作があるのかもしれない

P-10Log(10bit-Log)の開発の背景とトレンドとしてのLogに思う 時代は大判センサーとなり、もはや4Kを標榜する時代となった。この事実は、数年前の事を考えると隔世の感... 続きを読む

[RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]06:HDLinkを使ったLUTワークフロー

活用が進むLogモード撮影 ARRIのALEXAやCanonのC300などで採用されているLogモード撮影。記録された映像はコントラストが低く、そのままでは映像として成立しにくい... 続きを読む

[RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]05:LogによるCG合成とバレ消しの実際

オタク社長の私も、オタク趣味で遊ぶだけで飯が食えるわけでは無い。私の会社であるアイラ・ラボラトリの本業は、小規模ながらも現場部隊を持つ映像制作会社だ。得意ジャンルはCGを中心にした... 続きを読む

[RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]04:RAWとLOGによる撮影

大型イメージセンサーとLog収録機能を組み合わせたカメラが増え、REDのRAW撮影と合わせて、撮影の幅が大きく拡がった。ここでは、RAW制作とLog制作の違いを理解しよう。 RAW... 続きを読む

[RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]03:F65でF65RAWという新方式を追加した理由とは

昨年の2011 NAB SHOWで発表、Inter BEE 2011で披露された4KシネマカメラF65が、2012年1月についに発売となった(ロータリーシャッター、NDフィルター内... 続きを読む

[RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]02:8bit Logの可能性を拓くCinema EOS C300とCanon Log

キヤノンからCinema EOS C300が販売開始されたのは、今年の1月末のこと。それから1ヶ月以上が過ぎレンタルも開始され始めている。すでに実際に使ってみた方も多いだろう。キヤ... 続きを読む

[RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]01:ダイナミックレンジを生かすLogの基礎知識

RED CODE RAW記録をするRED ONEが2007年に登場した時、ハイエンド制作ではなくても映像の色味を変更し、ルック作りが行えるようになったことに驚いた人も多いだろう。ソ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [RAW side LOG side 〜Log撮影ビギナーズ]00:高まるLog収録/制作への関心