PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow]Vol.00 デジタルシネマで見られるHigh Resolutionの世界
News

[Digital Cinema Bülow]Vol.00 デジタルシネマで見られるHigh Resolutionの世界

#Digital Cinema Bülow

2012-06-11 掲載

高まるHigh Resolutionの現場

先月の特集でもお届けした、PRONEWSが追いかける今年のテーマの一つ”High Resolution”。今後の映像表現の可能性をここに求める動きは大きく、いま正に加速度的にハイレゾリューション・コンテンツ・マストの世界へ突き進んでいるようだ。

だがしかし、実際の制作現場ではどうだろうか?確かにHD以上のサイズ、つまり2K、4K、5Kで撮影できるカメラは増えており、それを取り扱える環境も増えつつあるが、モニタリング、データストレージ、インジェストからデータ変換までのワークプロセスを考えると、ポストプロダクションで本来の4Kクオリティを確実にキープするためのフル4K制作環境をすべて揃えることはまだ難しい。

またメーカーが発表している4K対応の機材も、いますぐにフル4Kワークフロー環境に順応できるスペックを備えているかと言えば、そこもまた難しい。もちろん発表段階で発売前の製品も多々あり、実際に発売してみなければそのスペックは解らないし、またそれをハイエンドレベルで試す環境すら、この日本ではおぼつかない状況もある。

放送業界に関しては、ようやくHDスタンダードが普及した状況において、4K、5Kというのは、まだかなり先の話であるし、その前に一般の視聴環境が、これから民生用4Kディスプレイパネルが出ようか…という、いわばHDにおける2000年頃の黎明期とほぼ同じ、もしくはTV放送のフォーマットも決められていない現状を考えればそれ以前の状況と同じかもしれない。ハリウッドの映画制作においても、フィーチャー作品(劇映画)ほとんどの納品に至っては2K制作が標準で、そこに最適化されたARRI ALEXA(2K)の需要拡大がそれを物語っている。

とはいえソニーF65やRED ONEからEPIC、そしてSCARLETの登場で、4K撮影Readyという体制は基本となりつつあり、ここに来てCanonもEOS C500、EOS-1D Cといった4Kカメラを発表してきた。4K時代は確実に幕を開けたといっても過言ではない。

要は4K制作の黎明期における現状として、今考えうる4Kソリューションとしては、日本では納品ベースで考えればまだまだHD/2K主流であり、現実的には今の4Kは『for Quality HD/2K』といった、高解像度データからのクリッピングやズームイン、スタビライズなどの効果を得られたり、さらにフィルムライクな描写など、より高品位な作品制作の素材なのである。CMなどのハイクオリティ制作でしかも短尺の作品であれば、それはもはや重要なコンテンツリソースとなりつつあるのも現状だろう。

悩み多き高解像度収録

DCB_03.jpg

4K、5Kといった高解像度収録が普及することで、一番問題となってくるのはその膨大なデータの取り扱いだ。現場における収録データ用レコーダーなどのキャプチャーストレージも、RAW収録となれば膨大なサイズのHDDやSSDなどが必要であり、ポストプロダクションでもデータをやり繰りするための膨大なストレージシステムが必要となってくる。その問題は目に見える解りやすいポイントだが、実は撮影スタイルや撮影技術そのもの、そしてその周辺機材にも大きな変革が必要になってくるのだ。4K撮影をするための機材はより安定していなければならないし、そこを見極める確実なシューティング技術が求められる。

特に劇場映画では光学式のVFとは違い、デジタルモニターまでの出力においては、どうしてもコンマ何十分の一秒の遅延があるが、そのタイミングでのフォーカッシングの狂いが場面を台無しにしてしまうこともあるし、フォーカスマンの技術や色味の設定など、よりシビアな撮影技術が必要だ。むしろそこもフィルム時代の撮影技術が再認識されていると言えるかもしれない。中途半端な撮影サポート機材では、4K以上で撮ることの利点をデータとして収録することができないのである。

またRAWやLog収録のカメラが普及し、ワイドダイナミックレンジの魅力を伝えることのできるカメラシステムでは、当然ながらカラーグレーディング前提の制作になってくる。そうなれば誰がどこで色を管理するのか?ここにおいてもまた新たな技術が必要になって来た。DIT(Digital Imaging Technician)などの存在は、すでにハリウッドの撮影現場では必須の役割であるし、オンセット(撮影現場)/ニアセット(撮影現場とポストプロダクションの間)でのデイリーシステムと、そこでのデータマネジメントは非常に重要かつ複雑なノウハウを求められてくる。

High Resolutionプロダクションを考える

CG12_01.jpg

今月の特集では、これから必要とされるHigh Resolutionプロダクションのための技術を、最も有効に活用されるであろう映画の現場を通じて見ることの出来る、6月1、2日にハリウッドのパラマウントスタジオで行われた映画撮影機材専門の機材展示会”Cine Gear EXPO 2012″を通じて分析、紹介。

最新製品紹介とともに、今後考えられるコンテンツ・オリエンテッドなワークフロープランニングや高解像度時代の映画/映像制作カルチャーのあり方について、テーマ別に案内して行こう。ちなみにBülowとはドイツ語で案内所の意味(全7回)。

txt:石川幸宏/猪蔵 構成:編集部
[Digital Cinema Bülow] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2012-06-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow]Vol.00 デジタルシネマで見られるHigh Resolutionの世界