PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow]Vol.01 Cine Gear EXPO 2012オーバービュー
News

[Digital Cinema Bülow]Vol.01 Cine Gear EXPO 2012オーバービュー

#Digital Cinema Bülow

2012-06-15 掲載

Cine Gear EXPO 2012を覗いてみれば…

CGE01_b.jpg

Cine Gear Expoはここ毎年、PRONEWSでも紹介しているのでご存知の読者も増えたと思う。米ロサンゼルス・ハリウッドで毎年6月初旬に開催されている映画撮影機材専門の展示会である。NAB(ラスべガス)やIBC(アムステルダム)といった大きな映像音響機器のトレードショーに比べれば小さな展示会だが、映画の撮影関連機材のみにフォーカスされている点や屋外展示、また有名な撮影監督などのワークショップなど、より具体的な機材動作が確認できたり、現場寄りの情報を得られる点でも、来場者には何よりも実用的で、かつ楽しい展示会として人気もある。

年々その知名度も増して日本の映画関係者の参加も増えているようだ。今年も展示会会場はハリウッドの中心地にあるパラマウント・スタジオ内のステージ(屋内スタジオ)とオールドニューヨークのオープンセット施設で6月1、2日に開催された。

実は数年前までは、ハリウッドにあるその他のメジャースタジオや、ロサンゼルス近郊のシアター付き公園施設などで順次転回して開催されていたが、2008年のユニバーサルスタジオでの開催直前にスタジオ内で大規模な火災が発生、当時人気アトラクションだった映画「キングコング」のセットが全焼するなど被害総額数千万ドルにおよぶ甚大な被害となり、その直後のCine Gear Expo開催も危ぶまれたことから、2010年度以降はパラマウント・スタジオでの開催に固定化しているようだ。

今年の開催の特徴は、これまで数年間プラチナスポンサーだったFujifilmがシルバースポンサーに下がり、代わりにAirstar、PRGなどの地元企業とともにソニーがプラチナスポンサーに上がっていたこと。また同じシルバースポンサーにはGoProの名前もあり、会場のネックストラップはすべてGoProという、映画業界への力の入れようが窺われた。

またパナビジョンなど往年の映画製作のメインブランドの名前が出展者から消え、フィルム系メーカーも弱体化、それに変わってデジタルソリューション系、特にオンセット・デイリーなどの現場編集/グレーディングシステムなどの新たなワークフローを示すシステムの進展や、リグやスライダー、細かいパーツなどのカメラ周辺機器関連、そしてGoPro HD HEROなどのニューガジェット関連などが、ブースそれぞれは小さいが、その数を増して台頭して来ているといった傾向が顕著だった。

なお今年は10月25、26日の2日間、東海岸のニューヨークでもCine Gear Expoの開催が決定している。まずは、Cine Gearから伺える大きなトレンドをつかんでいこうと思う。

Cine Gear Expo TOPICs

CGE01_c.jpg

会場であるパラマウント・ピクチャーズが記念すべき100周年を迎えた事で、Cine Gearもその祝賀ムードの中開催された。今年もCine Gear Expoには大勢の映画関係者が訪れていた事は言うまでもない。

さて、今年Cine Gear Expoのトピックスは大きく3つ。

1つ目は『ラージフォーマットのルネッサンスが劇場映画鑑賞への歓喜を再び呼び起こす』というもの。クリストファー・ノーラン監督の2008年のバットマンシリーズ大ヒット作「ダークナイト」。この映画でノーラン監督はIMAXカメラで撮影したフッテージを組み入れてIMAX版も公開。2008年の公開時には全米でも大きな興行収益を上げたが、この続編でありシリーズ完結作と言われる最新作「ダークナイト ライジング」が、全米でもこの7月20日より公開、同時にIMAXバージョンの同時公開されることで、いま全米映画界が沸いている。(日本では7月28日より公開予定)

2008年に公開された「ダークナイト」は、IMAXカメラで全編中の約40分のシーンがIMAXで撮影されたが、それまでIMAXフッテージと通常の35mmのフッテージを組み合わせたという作品は先例が無かった。今回の「ダークナイト ライジング」ではさらに約1時間のIMAXフッテージが含まれており、より迫力あるシーンが見られることで、「ダークナイト」の興行成功以降、このラージフォーマットの手法は、他のハリウッド作品にも波及しているのである。

例えば「ミッション・インポッシブル-ゴースト・プロトコロル」では、トム・クルーズがドバイの世界一高い超高層ビル、ブルジュ・ハリーファからのぶら下がるシーンでもIMAXカメラが使用されていたり、J.J.エイブラハム監督が現在撮影中の最新作「スタートレック2(仮題)」でもIMAXカメラを使用しているという。これらは全て”wow factor”=つまり人を感銘、もしくは驚かせる要素として使用されており、現在主流となっているデジタルカメラで撮影されたフッテージの映画撮影では実現出来ない、このIMAXを使ったラージフォーマットの迫力感演出の手法に注目が集まっているという。実際に世界では2011年の1年だけで18.5%の劇場がIMAXを含むビッグスクリーン化されたとのこと。

2つ目は、『最新の4K/ACES環境で、確固たるワークフローを構築する』こと。RED EPIC、ソニーF65、キヤノンC500などの相次いでの4K撮影可能なカメラの登場により、4Kワークフローの効率的かつ実用的な構築がハリウッドでも具体的に検討されるようになってきたこと。これまでハリウッドとはいえ2Kサイズでの制作が基本であり、4Kは撮影のみ、もしくは一部の制作で使用されるだけだった。しかし最新の4Kファイルベースワークフローとして注目されているACES(Academy Color Encoding Specifications=エイシズ)アーキテクチャーをサポートすることで、より高品位の4Kフッテージの管理、運用が可能になる。次世代の撮影データマネジメントとポストプロダクションの基幹システムとして、日本でも今後の展開に期待したいものだ。

3つ目は『インディペンデント映画の更なる革新期』。アメリカではここ近年、インディーズ映画のボックスオフィスでの売り上げが非常に伸びている。アメリカにおけるインディペンデント映画というのは周知の通り、制作予算も5億円以下程度と日本のそれとは比べ物にならないが、このところの作品数も量産された背景には、おそらくEOS 5D MarkⅡなどのDSLRムービーの普及が結びついていると思われる。

また特にオリジナルストーリーに対する評価がこれに結びついているという事実。メジャー作品がどれも脚本に力の無い作品が多い中で、これらの魅力的なストーリーがアカデミー賞を含む数々の賞も受賞するようになってきており、DVカメラで変革したインディペンデント映画界が、また更なる変革期を迎えているようだ。

以上3つのフレーズを元に2012年のデジタルシネマのこれからについて考えて行こう!

  1. 『ラージフォーマットのルネッサンスが劇場映画鑑賞への歓喜を再び呼び起こす』
  2. 『最新の4K/ACES環境で、確固たるワークフローを構築する』
  3. 『インディペンデント映画の更なる革新期』
txt:石川幸宏/猪蔵 構成:編集部
Vol.00 [Digital Cinema Bülow] Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2012-06-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.15 SmallHD/Teradek:ワイヤレスプロダクションモニターやカメラコントロール対応モニターを展示。両社の技術が新製品に集結

txt・構成:編集部 撮影現場での映像確認やDITに最適な17インチワイヤレスプロダクションモニター「17RX」 TeradekやWooden Camera、Sma... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.14 Cine Gear Expo 2019〜ATOMOS:オンセットやスタジオ用HDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を展示

txt・構成:編集部 オンセットやスタジオ向けのHDRシネマモニターレコーダーが登場 ATOMOSは、Cine GearでHDRシネマモニター/レコーダー「NEON」を... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.13 富士フイルム、100メガピクセルのラージフォーマットミラーレス「GFX100」やシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」を展示

txt・構成:編集部 話題のラージフォーマットミラーレスカメラとシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」との組み合わせがユニーク 富士フイルムブースの注目は、... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.12 きれいなフレアとボケ味が特徴のプライムレンズの新製品「Tokina Vista One」シリーズを展示

txt・構成:編集部 シングルコートが特徴のフレアを実現したVista Oneシリーズをデモ 今年のTokina Cinemaブースは、昨年よりも大きくなっている。メイ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.11 ニコン、フルフレームミラーレスカメラで12ビットProRes Raw出力対応「Z 7」を展示

txt・構成:編集部 3:2のフルフレームセンサーを16:9に上下カットした形で収録可能予定 Cine Gear展示エリアに、ニコンはブース出展していない。しかし、AT... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.10 パナビジョン、NDフィルターの度合いを調整できる6ストップ「LCND」フィルターシステムを展示

txt・構成:編集部 スタンドアロンでもワイヤレスでも濃度の調整が可能な「LCND」 パナビジョンは、レンズ、カメラ、フィルターから制作ワークフロー、ポストプロダクショ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.08 Leitz、プライムレンズのThalia-Tシリーズに新ラインナップを検討中

txt・構成:編集部 ライカユーザーならお馴染みのTHAMBAR 90mmがThalia-Tシリーズとして登場 2019年8月発売予定のThalia-T 90m... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.07 カールツァイス小倉氏にラインナップが充実してきた「Supreme Prime」の魅力について聞く

txt・構成:編集部 Supreme Primeの拡充から見えてくること Cine Gear展示会場の見どころは、やはりほぼすべてが出揃っているレンズメーカーの展示だ。... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow]Vol.01 Cine Gear EXPO 2012オーバービュー