PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [4K High Resolution!]Vol.01 各社の4Kへの取り組みを俯瞰する

News

[4K High Resolution!]Vol.01 各社の4Kへの取り組みを俯瞰する

2012-07-31 掲載

1 2

既にそろい踏み、各社の取り組み

201207_00112.jpgNAB2012でも多く見られた各社の4K対応製品

4K対応の製品としては、カメラではソニーのF65、RED DIGITAL CINEMAのRED ONE、アストロデザインのAH-4410-A、キヤノンのEOS-1D C、JVCのGY-HMQ10、NABで参考出品されたパナソニックなどがあり、こうしたカメラで撮影された映像を収録するレコーダーも計測技術研究所、アストロデザイン、Convergent Design、S.two、AJA(Ki Pro Quad)、Codex Digitalといったメーカーから発売されている。

編集やDIなどポストプロダクション系でもDigital Vision Nucoda、FilmLight Baselight、ASSIMILAT SCRATCH、QUANTEL iQ、Blackmagic Design DaVinci Resolve、Discreet、Adobe Creative Suite 6、Vegas Pro、Final Cut Proなど様々な対応製品が各メーカーから発売されている。多くはデジタルシネマ系の高価な製品だが、最近では民生機を意識したものや価格的にもHD機器と比較しても手頃な製品が相次いで発売になっている。

4KのカメラはREDから始まったのではなく、DALSAが2003年のNABで披露したOriginが劇場用映画の撮影にも使用されたのが草分け的存在といえる。その3年後RED ONEが発表され、Originを1-2週間レンタルする価格でREDならカメラを購入可能ということから話題となった。また、Blackmagic DesignからはDaVinci Resolveが驚くほど低価格で供給されたほか、レコーダーもKi Pro Quadを始めとして幾つかのメーカーから今まででは考えられない低価格で発売される。まだ、インターフェースなど詳細が決まっていない段階にもかかわらず手に届く価格帯の製品が相次いで発売されているのが現状といえよう。

4K普及の鍵は?

あまりにも高価格ではフィルムとの比較から普及は望めない。フィルムに比べてトータルでコストダウンが可能になるだけでなく、撮影や後処理、流通など様々な部分での利点が必要になる。そもそも、デジタルシネマが本格化するきっかけは、合成が伴う作品の場合に撮影したフィルムをデジタイズしてCGなど合成処理を施し、再びフィルムに戻すといった作業において、撮影部分をデジタル化することでワークフローを簡素化し、クオリティとコストダウンを両立させたことにある。このときはすでに発売になっていたハイビジョンのシステムを流用していた(Panavision HD-900Fにより撮影されたスター・ウォーズ エピソード2)。

その後シネコン形式の上映も増え、流通でも脱フィルムの流れが始まる。また、映画産業は上映以外にもDVDやテレビ放映なども視野に入れた利益構造があり、トータルで考えてもフィルムからデジタルへの移行は必然でもあった。加えて、昨年のコダックの破綻によるフィルム供給の不安もあったと思われる(映画系ではコダックとフジフイルムの2社が圧倒的シェアをもつ)。

ハイビジョン(HD)から始まったデジタルシネマも、放送でもHDが広まる始まるにつれて2Kや4Kにステップアップしていく。テレビとの差別化という要素もあるが、技術水準やコスト的に見て4Kが充分射程距離に入ってきたからであろう。

ちなみに、映画というと製作費が莫大で湯水のように費用をかけられるように思われがちだが、芸術という側面もありつつ、実は立派な産業といえ、売り上げに直接関係のない制作に対するコストダウンの要求はかなり厳しい。これは最近に始まったことではなく、現在のノンリニア編集のルーツもこうした映画産業のコストダウンから生まれたものでもある。

各メーカーにおける4Kに取り組みは様々だが、そのいくつかをプライベートショーや取材を通して見てみよう。

ソニー | 湖西テックにおけるものづくり

201207_1saiko.JPG ソニーのプロフェッショナル向け放送機器の設計から製造、サービスまでを受け持つ

今までは、いかにコストダウンするかという課題は大量生産で解決してきた。ただ、制作用の業務用機器は民生機のように月産何万とか何千台というロットではなく、数十台、ものによっては数台というものもある。大量生産の対極にある業務用機器では少量・多品種・高価格というのが今までの常識だった。生産コストの安い海外で製造という方法もあるが、技術漏えいの問題やそもそも4K解像度となると輸出規制の対象製品なので、必ずしも生産コストの安い海外で製造することが可能とは限らない。そのあたりの解決策を、ソニーの業務用機器を中心に小ロット製品を生産しているソニー湖西テックを取材した。

4Kは発展途上の分野だが、デジタルシネマの業界では導入が始まっている。ビデオなどと異なりたとえ普及が進んでも多くの台数が見込まれるわけではない。少量多品種かつクオリティも高く、長期に渡るサポートも必要になる。いきおい高価になりがちだが、そうなると普及が進まない、売れないというジレンマに陥ることになる。デジタルシネマではRED以前にも幾つかのベンチャー企業がカメラなどを開発したものの、普及に至らなかったのはこうしたことも理由の一つといえよう。

湖西テックは厚木で生産していた業務用機器を始めとした小ロットの製品を製造する工場である。4KプロジェクターやデジタルシネマカメラF35のほか、VTRのシリンダーヘッドなどのリペアパーツなどを製造している。

見学コースとして披露されたのは主に組立工程のパートで、説明によると画面に表示された工程作業を元に組み立てるようになっており、その時必要なネジなどの部品は必要な物がトレーに出て来るほか、ビットや締め付けトルクなど異なるセッティングが施された複数のドライバーは必要な物にのみ通電される仕組みになっているという。他にも基盤への部品の実装ハンダ付けや完成品の調整、プロジェクターのプリズムといった光学系の製造など多岐に渡っている。通常は、それぞれ別の工場や下請けへ発注するようなものまで、この工場では総合的に製造しているそうである。

201207_1F65.jpg 画質検査、SR-R4との接続確認工程。4Kカメラから中継車、補修パーツなどもこの工場の担当

ここで注目されるのは、画面表示される作業工程だ、ステップごとに画像入りで表示されるので、部組みや工具などに習熟した要員なら誰もがどんな製品でも組み立て可能だろう。説明があったわけではないが、補修パーツなどは業務用機器の場合それだけで何万何十万するものも少なくない。生産台数に応じてこうした補修パーツを用意する方法では、無駄も多く保管管理やスペース、税制面などを考えると製品販売価格に占めるこうした費用は馬鹿にならないはずである。

キヤノン | CINEMA EOS SYSTEMで本格化する4Kの動き

301207_1C500.jpg CINEMA EOS SYSTEM の4K撮影が可能なカメラC500

ハリウッドでCINEMA EOS SYSTEMをセンセーショナルに発表したキヤノン。デジタル一眼とビデオ、さらにはレンズの技術を統合して新たな展開を開始した。すでにC300は発売され、4K撮影が可能なC500が年内には発売される。それに合わせてレンズもEFレンズマウントとPLマウントのレンズがCINEMA EOS SYSTEMとして順次発売される。

C300やC500はデザイン的には新たなカメラという印象を受けるが、すでに発売になっているC300を見る限りラージセンサーを搭載したHDカメラである。メニューなどもビデオのXFシリーズに近く、キーになる画像処理エンジンもひと世代前のDIGIC DV Ⅲが採用されている。CINEMA EOS SYSTEMには一眼レフのEOS-1D Cもラインアップに加わっており、現在の市場もそうだがメーカーとしても過渡期にあるような印象だ。

話は変わるが、7月23日にキヤノンはミラーレスカメラEOS Mを発表し、ミラーレスの市場にも参入を開始した。すでにこのゾーンにはEOS Kissというラインアップが存在しているが、別のラインアップとして販売していくということである。EOS Mに対応したレンズは2本で、ズームレンズは動画撮影に適した静粛性を備えていることを特徴の一つとして挙げている。一方EOS M本体は動画撮影に対応しているが、特徴として大きく謳ってはいないので、将来的にこのシリーズで動画撮影に秀でたカメラが登場してくるのであろう。その布石としての意味合いが強いレンズということになりそうだ。ミラーレスカメラはミラーが無いぶん動画撮影に有利な構造なので、CINEMA EOS SYSTEMのエントリーモデルとして動画撮影に特化したカメラの出現に期待したい。

CINEMA EOS SYSTEMのレンズラインアップとしてはズームレンズと固定焦点レンズがあるが、固定焦点レンズと今後発売が予定されているズームレンズはすでにあるスチルカメラ用のEFレンズの流れを汲むものといえ、すでに実績のあるレンズ構成を元に動画撮影用にリファインしたようだ。

201207_1EFLens.jpg EFおよびPLマウントのレンズが発売される

キヤノンではいままでの資産である60種類以上あるEFレンズをCINEMA EOS SYSTEMや今回発表したEOS Mでも使用できるようにアダプターを用意するといった配慮をしているが、動画を撮影する上では必ずしも使い勝手が良いとはいえない、やはり動画はそれ用に作られたレンズが必要になるわけで、その点キヤノンはすでにスチルカメラ用のEFレンズや業務用ビデオカメラ用レンズ、シネカメラ用レンズのラインアップを有しており、これらをリファインすることも可能なほか、レンズを設計のノウハウ蓄積もあり手頃な価格で製品として発売することができるだろう。

1 2

[ Category : ]
[ DATE : 2012-07-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[4K High Resolution!]Vol.05 識者が語る4Kの未来とは?〜座談会から見えてきた幾つかの事

今回の座談会は、何らかのかたちで4K制作の経験のある各方面の方たちを招聘し、制作サイドから見た4K制作について現実的なワークフローが組めるのか、欠落している製品や技術、人材などの問... 続きを読む

[4K High Resolution!]Vol.04 各社の4Kへの取り組み〜ソニー編

黎明期からデジタルシネマを見つめるソニー4Kの考え方 デジタルシネマという言葉がまだ一般化する以前からビデオの映画利用は始まっていた。95年に発売されたDCR-VX1000で98... 続きを読む

[4K High Resolution!]Vol.03 各社の4Kへの取り組み〜アストロデザイン編

映像系の機器として波形モニターやLCDモニター、ディスクレコーダーなど従来のメーカーが作らなかったようなユニークな形式の機材や4K対応のカメラ、ラウドネスモニター、フルHDビューフ... 続きを読む

[4K High Resolution!]Vol.02 4KとRAWを知るためのいくつかのこと

4Kといえば水平画素のことだが、4K(2K)はデジタルシネマ由来のフォーマットということもあり、ビデオにはない特徴がある。それはRAWデータを扱うことができることで、4K2Kという... 続きを読む

[4K High Resolution!]Vol.00 今そこにある4K制作環境とは?

4Kについて考える2012夏 NAB2012でも各社から4K対応の製品が多数出品された。パナソニックは、4Kカメラのプロトタイプを出品 2012年の映像トレンドは、これまで数回取... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [4K High Resolution!]Vol.01 各社の4Kへの取り組みを俯瞰する