PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [Workflow Design from IBC2012]Vol.00 今求められるワークフロー・デザインとは?

News

[Workflow Design from IBC2012]Vol.00 今求められるワークフロー・デザインとは?

2012-09-13 掲載

ワークフロー・デザイン時代の到来

この数年でAVCHD、XDCAM、AVC-Intra、MXFなどの収録コーデックや方式がすでにHDの世界ではスタンダードとなり、画像のデータ情報も8bitから10bit、12bitへ、4:2:0、4:2:2からRGB4:4:4など、より色情報を持った形式で収録ができるカメラやレコーダーが台頭してきた。そしてDNxHD、ProRes、GrassValley HQなど、より効率的な後処理作業が可能な編集用コーデックによる収録後の作業効率の向上、そしてRAWやLOGなど、露出やワイドダイナミックレンジという新たなデジタル映像データの領域をカラーグレーディング等でコントロールできるデジタルネガティブデータと登場と、現在のデジタル映像を取り巻くデータマネジメント環境は、進化する度にますます複雑化してきている。

今年6月の特集「Digital Cinema Bulow」では、NABやCineGearEXPOで見られた2012年のトレンドである、進化するデジタルシネマ環境として、4Kや2KといったHDよりもさらに高解像度な映像制作を可能にするテクノロジーや製品の話を中心に扱ってきたが、今春まではまだ、その先の未来の話でしかなかった。しかしこの流れも2012年後半になるに従って、製品の現実化そして低価格化によってより現実味を帯びてきている。

ところで、更なる高品位な映像制作に伴う新しい技術を制作ワークフローに取り入れるとき、そこには必ず様々な戸惑いや躊躇の見解もあるが、とくに大きなバジェット(予算)で動くプロジェクトやテレビなどの既存のシステムをそう簡単には変更できない分野では、そうした懸念はますます強いだろう。まだ全てが揃ったとは言えない(常に完成形というのは存在しないが!)ワークフローに、いつでもユーザーの戸惑いは隠せないのは現実だ。

しかし、ファイルベース・ワークフローのこれからを考える時、ここに来てこの考え方もこれまでと大きく変わって来たと言えそうだ。それは今までどちらかといえばメーカー主導によるもの、つまり製品を中心にメーカーからの提案型で訴求される、という指向性のモノだったその設計構造が、これからはむしろ制作者(ユーザー)側が自由に設計できるようになってきたことだ。これは各パーツの製品群がより汎用性を持ったカタチでブラッシュアップされてきたからである。そして、その組み立て方として、最初に配信・上映先のことを熟慮しなければ、編集システムなどのポストプロダクションのことだけでなく、最初の入り口であるカメラすら選択できない(してはいけない)時代なのかもしれない。

制作者本人がこうしたことを考慮しつつ、様々な制作ツールをアレンジして、そのコンテンツに相応しいワークフローを構成する、いわば『ワークフロー・デザイン』の時代を迎えたといえるのではないだろうか?

最終納品形式を考慮したコーデックやフォーマットの選択、そしてそれらのデータマネジメントありきといった制作フローの設計は、これから映画・TV・CM制作といったハイエンド制作だけでなく、PV、ブライダル、そして多くのインディペンデント作品やWeb動画に至るまで、全てのジャンルに求めらてくるだろう。

IBC 2012から見えてくる事

wrkfldg_IBCstage.jpg

そんな仮説を念頭に今回は9月7日からオランダ・アムステルダムで開催された『IBC 2012』で発表された新製品を紹介しつつ、さらに次のステージの映像制作における「ワークフロー・デザイン」を構成する各パーツの現状から、映像制作技術のこれからを占っていきたい。

txt:石川幸宏 構成:編集部
[Workflow Design from IBC2012] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2012-09-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。

トップ > 特集 > [Workflow Design from IBC2012]Vol.00 今求められるワークフロー・デザインとは?