PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC2012]Vol.06 ライフ&ソサエティステージ 〜生活から見る未来
News

[CEATEC2012]Vol.06 ライフ&ソサエティステージ 〜生活から見る未来

#Report NOW! #CEATEC JAPAN 2012

2012-10-09 掲載



キーテクノロジーステージでのディバイスを組み込み製品化へ向けたのがライフ&ソサエティステージといえるだろう。トピックとなる製品はVol01Vol.02で紹介されているが、大きな流れはエネルギー関係と広い意味でのマンマシーン・インターフェースが最近の流れといえそうだ。

なお、ライフ&ソサエティステージは前回までの「ホーム&パーソナルゾーン」と「ビジネス&ソサエティゾーン」を一体化し、シームレスな連携が生み出すスマートな暮らしや社会を提案するステージでスマートモビリティイノベーションはその一部となっており、実際の車の走行や電動自転車の試乗コーナーなどがあるため大きなスペースを占めている。プロダクトやサービスだけをただ紹介する時代は終焉を迎えている事は言うまでもない。最後にそんなライフ&ソサエティステージから未来が垣間みられるものをピックアップした。

TDK
CEATEC2012_06_DSC_0290.jpg 磁気共鳴方式ワイヤレス電力伝送システムのデモ。プラグからの充電のほか、ワイヤレス充電、走行中充電に対応。走行中充電に対応するには、給電システムを道路に装備する必要がある CEATEC2012_06_DSC_0291.jpg ケーブル無しで充電可能な3D給電システム。車庫などに駐車している状態で充電可能で、通常充電時3kW、急速充電時20kW、システム全体の効率は80-90%を目標としている
SHARP
CEATEC2012_06_DSC_0365.jpg シースルー太陽電池SUNVISTAを採用した窓ガラス充電システムのデモ。半透明の太陽電池により採光と発電を両立することが可能。すでに鈴鹿市庁舎などに導入実績があるという
NEC
CEATEC2012_DSC_0422.jpg マンションなど集合住宅を中心としたスマート充電ステーションによる新しい街づくりの提案。スマートエネルギーサービス事業をクラウドと連携することで充電サービスや集合住宅の節電・デマンドレスポンスなどを統合
東芝
CEATEC2012_06_DSC_0345.jpg 世界トップレベルの発電効率を誇る太陽電池パネル。最大セル変換効率22.6%という住宅用太陽電池としては世界最高の発電効率を誇るパネルにより、限られたスペースを最大限に活用することでより多くの発電を可能としている
クラリオン
CEATEC2012_06_DSC_0438.jpg ソーラーパネル搭載のポータブルデジタルスピーカー。スマートフォンやノートPCなどとBluetooth接続でワイヤレスで使用する事ができる。充電時は裏面に装備された太陽電池で充電可能。電源OFF時はスマートフォンの充電もできる
マスプロ電工
CEATEC2012_06_DSC_0351.jpg 家庭用セキュリティシステムカメラ付きお留守番チェッカー。センサーが動くものを感知するとカメラで映像を撮影し、スマートフォンやPCへメールで知らせることが出来るほか、必要に応じて簡易動画(5コマ/秒)で確認することも可能 CEATEC2012_06_DSC_0353.jpg 姉妹機種としてペットや家族の動きを自動追尾する機能や鳴き声や声、室温変化などを感知してメールで知らせるお部屋を見守るライブカメラも10月下旬から発売する
TOSY
CEATEC2012_06_DSC_0355.jpg 音楽や音に反応して踊るダンスロボットDiscoRobo。右はMP3プレーヤーを内蔵したモデルで来年発売予定。価格は1万円以下になる模様 CEATEC2012_06_DSC_0358.jpg お絵かきロボSketRobo。まだプロトタイプの状態で内蔵メモリーに記録された線画を描くことができるようになっているが、ユーザー登録やカメラを搭載したモデルも予定されているという
NTTドコモ
CEATEC2012_06_DSC_0377.jpg ネットワーク接続機能を持った家庭用ロボットしゃべってロボ。NECの家庭用ロボットを応用したもので、音声認識機能を搭載しており、会話でネットからの情報のやり取りや携帯との連携が可能
富士通
CEATEC2012_06_DSC_0392.jpg 映像を媒介とした新通信技術。テレビやデジタルサイネージで表示された映像を撮影することで、映像に埋め込まれた情報を利用できる技術で、クーポンの発行や各種予約、商品購入などに利用できる CEATEC2012_06_DSC_0388.jpg 富士通の全周囲立体モニターシステム。車両に取り付けた4方向のカメラ画像を3次元モデル上で合成する技術により、全方位を自由な視点で表示することを可能
ソニー
CEATEC2012_06_DSC_0396.jpg ソニーのヘッドマウントディスプレー。1280×720ピクセルの0.7型有機ELパネルを搭載することで、仮想画面サイズ750インチ相当を実現。昨年発売のHMZ-T1の改良機種で交換式ヘッドホンにより2chや5.1chサラウンド対応など仕様変更が可能なほか、90gほど軽量化された
アプリックス
CEATEC2012_06_RIMG2019.jpg スマートフォンの持つ音声認識による操作や音声入力、GPSによる位置情報、Webサービスなどの機能を放送機器や業務用映像機器に適応させることで、地図上へのプロットのほか、気温や照度、天気の自動記録、自動配信によるメールやTwitter、ブログによる情報共有など最新の技術やサービスを安く簡単に活用できるシステムを披露していた
日産自動車
CEATEC2012_06_DSC_0447.jpg リーフをベースにした自動運転機能を搭載したテストカーNSC-2015。ドライバーが携帯端末から指示することで、自動走行や駐車のほか、不審者などの動きを感知してドライバーの携帯端末通報を行うなどセキュリティ機能も搭載している
特別展示Smart Mobility Innovation2012
CEATEC2012_06_DSC_0433.jpg ヤマハの電動アシスト自転車やトヨタのコムスなどが試乗できる。CEATEC JAPANと東京モーターショーのコラボレーション企画

[ Category : ]
[ DATE : 2012-10-09 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CEATEC2012]Vol.06 ライフ&ソサエティステージ 〜生活から見る未来