PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2013:新映像創世記]Vol.01 CP+開催。新しい映像の世界を考える
News

[CP+2013:新映像創世記]Vol.01 CP+開催。新しい映像の世界を考える

#Report NOW! #CP+ #CP+2013:新映像創世記

2013-02-02 掲載

1 2 3 4

CP+開催。映像業界関連の人々が多く駆けつける理由とは?

1月31日からパシフィコ横浜でカメラと写真映像のイベント「CP+ 2013」が始まった。CP+は、年に一回行われるカメラメーカーが一堂に会する注目のカメラと関連機器のコンシューマー向け展示会だ。昨年のCP+は2年に一度のphotokinaイヤーと4年に一度のオリンピックイヤーの手前の日程で行われるということで、CP+開催前のタイミングでD800やD4といった大注目の一眼レフカメラが発表され、各社ブースのカメラ体験コーナーには30分、1時間の行列ができるほど大きな盛り上がりをみせた。今年のCP+は主要な一眼レフやミラーレスの新製品は昨年の発表で出尽くしたということもあり、展示製品的にはやや盛り上がりに欠けるような印象の開催となっているのだが…。

しかし近年映像業界の視点からも、注目されている展示会である。クリーンなHDMI出力に対応するD800やα99など一眼レフカメラが次々と登場してきていることや、REDのブース参加やBlackmagic Designなどの映像業界のメーカーが一眼カメラメーカーのマウントを使ったカメラを発売するなど写真業界と映像業界のオーバーラップが進んでいる状況も見逃せないのだ。

さらにCP+の中では「プロ向け動画セミナー」や「日本広告写真家協会動画シアタートーク」といった一眼動画のセミナーや、一眼を主とした動画制作ソリューションをトータルに紹介する「プロ向け動画エリア」など一眼レフの動画をフィーチャーする企画が今年からスタートして、動画をかなり意識した展示会になりつつある。ここに投げかけられる事実は何を物語るのだろうか?PRONEWSでは、いわゆるデジタル一眼カメラを起点とするDSLRやDSMCの潮流を今一度確認すべく、CP+を通して、新しい映像の世界を考えてみたいと思う。まずは、開催1日目のキヤノンやソニーといった主要なメーカーや映像業界も注目するレンズを手がけているコシナやシグマなどのブースの様子から紹介しよう。

Canon | カメラメーカの雄、未来を提案

cp2013_01.jpg

キヤノンは会期直前にコンパクトデジタルカメラ「IXY」や「PowerShot」の新製品6機種を発表した。その中でももっとも注目を浴びていたのはニューコンセプトコンパクトデジタルカメラ「PowerShot N」だ。

cp2013_02.jpgスリムスタンダードモデルの「PowerShot A2600」(上の中央)と単三電池対応の「PowerShot A1400」(下)

まったく新しいデザインや操作性を採用したカメラで、シャッターボタンやズームボタンがレンズの周りのリングという形で実現しているのが特徴だ。実物を見てみると、サイズは手のひらに収まるほどしかななく、想像していたよりも驚くほど小さい。シャッターやズームがリングなので、確かにカメラをどんなところを持ってもシャッターやズームを操作をすることができるようになっている。非常にユニークな操作性を実現しているのが特徴だ。

cp2013_03.jpg 小型&スクエアボディが特徴の「PowerShot N」 cp2013_04.jpg 背面には90度の稼動範囲を持つチルト式タッチパネル液晶を搭載している cp2013_05.jpg 一回シャッターを切るだけで、「構図」や「色、光」をカメラが自動で変えて6種類の写真(オリジナル画像を含む)を一度に撮影できるのが特徴だ
今注目のデジタル一眼カメラといえば、EOS 6D
cp2013_06.jpg ブースの中でも人気が高かったEOS 6D

一眼レフのコーナーで特に注目を浴びていたのが2012年11月30日に発売をした約2020万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載した「EOS 6D」だ。ブース内にEOS 6Dの専用の体験コーナーが用意されるなど大注目のカメラとなっていた。実際にボディを手にとってみるとボディの小ささと軽さに驚く。本体の重量はバッテリーパック込みで約755gで、幅は約144.5mmしかない。APS-CモデルのEOS 7Dよりも小型軽量を実現しているとのことだ。

ブース内で体験することはできないが、EOS 6Dの特徴で見逃せないのがEOSに初めて搭載した内蔵無線LAN機能だ。スマートフォンに専用アプリケーション「EOS Remote」をインストールすることで、スマートフォンからカメラを操作したり、カメラ間で画像を送受信したり、スマートフォンをリモートコントローラーとして使うことが可能だ。この機能が非常にユニークで、実際に使ってみると上位機種をもっていてもEOS 6Dを買い足したくなるような魅力を持っている機能だ。

cp2013_07.jpg EOS 6Dの右側面のインターフェイス。EOS 5D Mark IIIに搭載されている「ヘッドフォン端子」がない

もちろん、動画撮影機能のEOSムービーも搭載していて、カタログ上の基本仕様をEOS 5D Mark IIIと比較してもヘッドホン端子が装備されていないことやHDMI出力機能(EOS 5D Mark IIIでは4月公開予定のファームウエアで実現予定)ができないことを除けば同じといっていい。しかし、キヤノンのブーススタッフに改めて、「EOS 6DとEOS 5D Mark IIIでは撮れる映像は同じクオリティなのか?」ということを聞いてみると「細かい話はできないのですが、動画撮影の場合はイメージセンサーの性能の差でEOS 5D Mark IIIのほうがモワレなどがでにくいんですよ」と答えてくれた。フルサイズを使った動画撮影ならばEOS 5D Mark IIIのほうが向いているといえそうだ。

cp2013_08.jpg EOS 6Dに最適な標準ズームレンズ「EF24-70mm F4L IS USM」

12月19日に発売されたばかりの標準ズームレンズ「EF24-70mm F4L IS USM」にも注目をしたい。キヤノンの全ズーム領域F2.8の高級標準ズームレンズといえばEF24-70mm F2.8L USMがあるが市場実勢価格は20万円以上してなかなか気軽に購入できるものではなかった。EF24-70mm F4Lは市場実勢価格は10万円台前半と敷居を下げていたり、望遠端側での切り替え操作で最短撮影距離0.2mの本格的なマクロ撮影が可能、マクロ撮影時特有の手ブレを補正に有効な角度ブレとシフトブレの同時補正を実現したハイブリッドISを搭載していたりと、これ1本ボディにつけっぱなしで日常の撮影を楽しむという新定番レンズの登場という感じがした。

プロフェッショナル映像機器コーナー
cp2013_09.jpg 今年はプロフェッショナル映像機器コーナーは控えめ。壁にはCINEMA EOS SYSTEMを使って撮影された『ストロベリーナイト』や『草原の椅子』『くちづけ』といった映画が紹介されていた

プロフェッショナル映像機器コーナーは昨年よりも規模は控えめで、大々的な展示はEOS C500のみとなっていた。EOS C500にはCODEX DIGITAL社のCanon Cinema RAWの収録に対応した「Onboard S Recorder」のレコーダーと組み合わせて展示されていた。他のモデルは2012年技術・工学エミー賞の機種として展示されていた。ただし、毎年恒例のCP+会場から徒歩5分のところにあるブリリア ショートショート シアターで今年もCINEMA EOS SYSTEMの作品上映が行われていて、堤幸彦監督の公開前の作品「くちづけ」などを観ることが可能となっていた。

cp2013_10.jpg 展示されていたEOS C500にはCodex Digital社のレコーダー「Onboard S Plus」が搭載されていた cp2013_11.jpg キヤノンが2012年技術・工学エミー賞を受賞したことが紹介されていた cp2013_12.jpgブース内にCINEMA EOS 4Kシアターが設置されEOS C500で撮影された映画『MAN&BEAST』やエミ・マイヤーのミュージックビデオ『Galaxy’s Skirt』、EOS-1D Cで撮影された映画『THE TICKET』などが公開されていた
注目の4Kディスプレイ
cp2013_13.jpg シアターの出口の暗室に展示されていた30インチの超高精細4Kディスプレイ

映像の制作・編集プロダクション向けの4Kディスプレイも参考出品されていた。キヤノンのディスプレイというと数年前まで話題だったSEDを使ったテレビの開発は中断の状態で、会社としてカメラやビデオなどの入力機器は豊富にそろえているが、プリンタ以外の出力機器は扱っていないという状態になっている。しかし、やっぱり入力から出力まで一環したワークフローをキヤノンブランドだけで提案したいということで、今回展示しているディスプレイの開発を続けているという。展示されているモニタは30インチだ。ターゲットがポスプロとかで使う映像制作用であり、卓上で使うならば30インチが適正だろういうことでこのサイズになったそうだ。4Kだが、詳しい解像度や対応インタフェースは公表できないとのことだ。発売に関しても未定とのことだ。

1 2 3 4

[ Category : ]
[ DATE : 2013-02-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CP+2013:新映像創世記]Vol.01 CP+開催。新しい映像の世界を考える