PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [ProjectionMapping]Vol.01 今、世界各地で巻き起こるプロジェクションマッピング

News

[ProjectionMapping]Vol.01 今、世界各地で巻き起こるプロジェクションマッピング

2013-05-23 掲載

txt:北口大介 構成:編集部

プロジェクションマッピング はやわかり

プロジェクションマッピングという映像技法が注目され始めたのはいつごろからだろうか?1970年代のライトショーなど、ルーツとなるものはあったにせよ、現代的なスタイルが完成され、われわれが広く知ることになったのは2000年代後半だろう。

映像をスクリーンではなくオブジェクトに映し出すことにより、映像単体では得られないユニークな効果を狙う。例えば、大きな建物に、窓枠やドアの形状にぴったりと合う映像を映し出す。その映像のドアを開閉すると、あたかも実物のドアが開閉しているような印象を与えることができる。この効果を用いて、現実では起こりえないような世界観を演出できるのだ。

使用機材は、基本はコンピューターとプロジェクターということになる。コンピューターで作った映像を、プロジェクターを使ってオブジェクトに映写する。対象となるオブジェクトが大きくなれば、それだけ大規模な(明るい)プロジェクターが必要となる。

では実際の事例を見ていこう。下の映像はラルフ・ローレンが2010年にニューヨークで行ったショーの模様。

このように建物を使ったコンテンツはプロジェクションマッピングの主流の1つだ。プロジェクションマッピングは、アパレルメーカーや自動車メーカーなどが自社の製品をアピールする「広告媒体」として躍進してきた。下の映像はヒュンダイが2011年にマレーシアで行ったプロジェクションマッピング。建物に実車を貼り付けるという大がかりなものだ。

一方、伝統的な建造物やランドマークを使ったプロジェクションマッピングも盛んに行われている。2012年、スペインのサグラダファミリアで行われたプロジェクションマッピングは、その最たるものの1つと言えるだろう。

建物自体が持つ伝統やキャラクターを、スピリチュアルに際立たせることができるのもプロジェクションマッピングの大きな特徴だ。また、大規模なものだけでなく、小さいオブジェクトを使ったプロジェクションマッピングもアートシーンを中心に行われている。

デヴ・ハーランによる自転車プロジェクションや…

キット・ウェブスターの「ENIGMATICA」シリーズがよく知られている。

日本では、2012年10月に行われた東京駅のリニューアルイベントがきっかけとなって広く知られるようになった。

最近では、2013年5月1日〜5月6日まで、護国寺に「デジタル掛け軸」を投影するというコンセプトのプロジェクションマッピングが行われ注目を集めた。

プロジェクションマッピングは、映像表現としてはまだ若いシーンといえる。コンテンツ、手法ともに、まだまだ大きな可能性を秘めており、今後も世界中で新しい表現が生み出されていくだろう。次の項ではプロジェクションマッピングについてさらに深く探って行こうと思う。


Vol.00 [ProjectionMapping] Vol.02

[ Category : ]
[ DATE : 2013-05-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[ProjectionMapping]Vol.07 今日からはじめるプロジェクションマッピング

txt:北口大介 構成:編集部 だれでも簡単プロジェクションマッピング! 建物などを対象にした大規模なプロジェクションマッピングは、映像の制作にも映写にも莫大なコストがかかるため... 続きを読む

[ProjectionMapping]Vol.06 プロジェクションマッピングの現場から03〜九州ソーシャルビジネスメッセ〜

txt:motordrive 構成:編集部 低予算ながら映えるプロジェクションマッピングを実現 事例の3つめは、福岡をベースに活躍するmotordrive氏に登場いただいた。プロジ... 続きを読む

[ProjectionMapping]Vol.05 プロジェクションマッピングの現場から02〜パビリオン「『龍馬伝』幕末志士社中」「想い-龍馬の手紙より-」〜

txt:石川幸宏 構成:編集部 日本型PM表現への挑戦が始まる 著名な場所でのビルの壁面等の利用で、ここ数年でその認知度を増してきたプロジェクションマッピング(PM)だが、こうした... 続きを読む

[ProjectionMapping]Vol.04 プロジェクションマッピングの現場から01〜ビームペインティング事例〜

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 現場から見えてくる事 これから、プロジェクションマッピングの現場からの声をいくつかの事例を見て行こう。まずは、いち早くプロジェクションマッピングを... 続きを読む

[ProjectionMapping]Vol.03 Mapping Festival 2013 レポート

txt:石多未知行 構成:編集部 10年の歴史を誇る Mapping Festival開催! 毎年5月に開催される「Mapping Festival」は、今年で9年目を数えるビデ... 続きを読む

[ProjectionMapping]Vol.02 考察2013 プロジェクションマッピング協会代表理事に訊く!

txt:石川幸宏 構成:編集部 プロジェクションマッピングの今を知る ここ最近のプロジェクションマッピング(PM)の認知度アップで、イベント、舞台演出、ディスプレイ等様々なジャンル... 続きを読む

[ProjectionMapping]Vol.00 プロジェクションマッピングの世界へようこそ

プロジェクションマッピングを知っていますか? まずこの映像を見ていただきたい。普段見かけるビルの壁面が急に歪んだり、崩壊する...。 そんな驚きを与えてくるこの映像が、最近よく見... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。
QBEE2018 QBEE2018
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
inside DaVinci 15 inside DaVinci 15
史上最大のアップデートを実現したと言われるDaVinci Resolve 15に関する最新動向をまとめてみた。
Cine Gear Expo 2018 Cine Gear Expo 2018
米ハリウッドの中心、パラマウントスタジオで開催された「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2018 After Beat NAB SHOW 2018
東京・秋葉原で開催された「After NAB Show Tokyo 2018」をレポート。
NAB2018 スペシャルレポート NAB2018
世界最大の放送機器展覧会「2018 NAB Show(NAB2018)」をレポート。
Your Choice?GH5 or GH5S Your Choice?GH5 or GH5S
映像業界で活躍中のカメラマンやディレクターに聞く「GH5」と「GH5S」の選び方。
SXSW2018 SXSW2018
米国テキサス州オースティンで開催されたSXSWをレポート。
CP+2018 CP+2018
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2018」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編
2017年から2018年にかけて発売する、人気のスチルカメラ用レンズも含めた最新の単焦点シネレンズを紹介。

トップ > 特集 > [ProjectionMapping]Vol.01 今、世界各地で巻き起こるプロジェクションマッピング