PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CineGear 2013]Vol.00 見えてくるDigital Cinemaの今と未来
News

[CineGear 2013]Vol.00 見えてくるDigital Cinemaの今と未来

#デジタルシネマ #CINE GEAR EXPO #Report NOW! #cinegear #digitalcinema

2013-06-07 掲載

txt:石川幸宏/猪蔵 構成:編集部

デジタルシフトがもたらす物とは?

CGE13_vol00_02.jpg

「デジタルシネマ」というキーワードは、もしかするとすでに形骸化しているのかもしれない。20世紀FOXでお会いしたGRIPデパートメントのトップは「すでに自分の知る限りでは、いまフィルムで撮っている人は居ないですよ!」という返事が返ってきた。いまやハリウッドでも映画、TVに関わらず、ほとんどがデジタルで撮影されており、またフィルムで撮られたとしても、デジタイズ以降の作業はすべてデジタルフローによって制作されている。フィルム=映画であった時代が、すでに”映画の都”からも完全に消え去りつつある中で、そこにあえて「デジタル」の冠をかぶせるのは、些か窮屈な表現に思えてきた。

毎年5月末〜6月初旬にかけて開催されるCine Gear Expoにあわせて、ここ数年ハリウッドの様々な分野を取材してみることに決めている。この時期はちょうどLAの気候もよく、また夏公開の作品のポストプロダクションが終わった時期である。秋からの新作や年末作品に向けて多くの作品はまだ準備段階ということもあって、ハリウッドのクリエイターや制作関係者は比較的落ち着いている時期なので、インタビューなども割と受けて頂きやすい時期でもあるのだ。

いつも言っていることだが、筆者は別にハリウッド信奉者ではない。ただ映像制作という観点で見てみると、ハリウッドには映画(映像)をどこよりも沢山、そして長く制作してきた歴史があり、そこには多くの経験から生まれた映画作りの様々な知識や理論、手段や方法が存在する。しかも常に世界市場を相手にしてきた過去の経緯は、世界中の誰もが認めるところだ。そうした”シネマロジック”には、話を聞く度になぜかいつも納得させられるものがあり、やはりそこをちゃんと意識して作られた作品は国内外を問わず良い作品と評価され、結果を出しているものが多いのである。

CGE13_vol00_03.jpg

日本の映画産業、いや映像産業全体がもうすでに国内市場だけを相手にしていたのでは成立しなくなってきている昨今において、よりワールドスタンダードな感性は関係する多くの分野に必要なものだと思う。これは映像分野だけに限ったことでなく、過去には他の産業でも同じ道を歩んできた。「デジタル」という文化の恩恵を受けた副産物として、これはすべての事象に生じてきた構造変化つまりデジタルシフトが起こっているのである。映像だけはそんな影響は受けない!という唯我独尊の違う道を歩むとは到底考えられない。

実はハリウッドもこのデジタルシフトに悩んでいる。様々なデジタルフローへの変化で大幅な予算削減、時間短縮、人員削減はもとより、優れた脚本不足、役者不足、才能ある監督不足などの症状も多い。またその軋轢がすぐにレイオフ(解雇)などにつながる世界なので、実態は日本の映像業界よりもむしろシビアだ。しかし問題を抱えつつ、そこを乗り越えて世界的ヒット作を生んでいる実情はあり、そんな状況下でも活躍しているクリエイターや制作者は存在する。彼らの取材を通じて、そこから聞こえてくる声を国内に伝えることが、少しでも日本の多くの制作者やクリエイターの指針になれば良いが…。

継続的な、クリエイティブ・エクスパンドが求められる時代

ところで、いきなりの余談ではあるが、今年もCine Gear Expo終了後にロサンゼルス郊外のカルバーシティにあるソニーピクチャーズエンターテインメントを訪れ、サウンドデザイナーの石川孝子さんにお会いする機会を得た。

CGE13_vol00_ishikawa.jpg

石川さんは10年以上もの間、ソニーピクチャーズの中のサウンド・デパートメントで仕事されているサウンドデザイナー / エディターで、TVドラマを中心にこれまでも多くの作品を手がけてきた。2004年には”Dead wood”というTVドラマ作品でエミー賞を獲得されている経歴の持ち主だ。近作では日本映画の『図書館戦争』(佐藤信介監督・2013.4.27公開)でもサウンドデザインのスーパーバイザーを務めている。石川さんへの詳細なインタビューはまた別の機会に詳しくご紹介するとして、彼女の話の中で興味深かった言葉の中に、クリエイティブな感性の捉え方とその伸張作業において、ハリウッドと日本ではその基本が大きく異なるという点だ。

日本とアメリカの仕事の進め方の違いとして、 例えばハリウッドにおけるサウンドデザイナーの場合、 作品に対してサウンド素材というのは豊富な方が作品の表現の幅も変わってくるので、より多くのサウンドアイディアをエディターに提示するのが通例だという。そこからエディターが必要な音を組み合わせていくところに、その作品のサウンドクリエイティブの妙技が生まれる。またそこの提案部分こそがサウンドデザイナーのクリエイティビティが求められるところでもある。しかし日本の作品においては大概の場合、この考え方はタブーとされるケースが多いという。要は与えられたもの、指定されたものをそのままカタチにするのが日本流で、ともすれば余計なことは提示してはいけないという雰囲気が存在する。実は映画編集やカラーコレクションの分野でも全く同じことを唱える方が多く、筆者もいくつか作品制作に関わった経験からもそうしたニュアンスはよく理解できる。

クリエイティブの現場とは、関わる個人の感性を仕事を通じて伸張し、集まったより多くの研ぎすまされた感性をまとめあげることが理想とされるわけで、監督なのか、プロデューサーなのか、ある個人の設計図通りにだけ作るのであれば、それは個人作品でしかない。それが際立って突出したアーティストなのであれば、5年も10年もかけて作品制作することがベストだが、映画産業のという中のハリウッドでは、それではプロとして成立しない。

石川さん自身はプロフェッショナルなので、別に自分が提示したアイディアから監督やプロデューサーが好む音を選択してもらえればそれでいいわけで、特に気に入らないのであれば、単純にそれを削ってもらえばいいだけなのだが、過去に日本の作品に関わったときにアイディア提示の段階で「勝手にこんな音までつけてしまったのか?」というネガティブな反応を聞いたときに、そのことを強く感じたという。

日本人の多くは、時として与えられたものをそれ通りに使おうとする癖がある。過去のしきたりを守ろうとする。それはそれでとても良いことである反面、デジタルにおける進化のスピードを考えたとき、現在のクリエイティブとの融合を促しにくいという反作用が気がつかないうちに生まれているという現実もある。つまり人間の感性がデジタルツールによって伸張されるのか、はたまた制限されてしまうのかは、その人の感性の柔軟性にかかっている。これはソフトだけでなく、いまやデジタルを飲み込んだハード面でも同じことが言えそうだ。

そんな時代性における感性の伸張、という些か大げさなテーマを掲げつつ、あえて「デジタルシネマの今と未来」という視点でこの特集をお届けしたい。


[CineGear 2013] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2013-06-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [CineGear 2013]Vol.00 見えてくるDigital Cinemaの今と未来