PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [IBC2013]Vol.01 粛々と4K撮影、4Kワークフロー、4K伝送

News

[IBC2013]Vol.01 粛々と4K撮影、4Kワークフロー、4K伝送

2013-09-16 掲載

4K粛々と

IBC2013_DSC03376.JPG

先週のベルリンでのIFAに引き続いて、今週はアムステルダムで欧州最大の放送機器展であるIBC2013が開催されている。ここ数年のNAB、IBC、InterBEEを巡回してる立場から、引き続きIBCでの放送業界全体の傾向を俯瞰したいと思う。

IBC2013の傾向を一言で表すとすれば、粛々と4K撮影、4Kワークフロー、4K伝送。といったところだろうか。撮影から制作のワークフロー、インターネットや放送をに関して業界全体が粛々と進んでいるといった印象である。これはHD化の時はデジタル化とほぼ同時に進行したため、アナログからデジタルという大きな壁を越えるための大きな変革があった。それが一巡したあとに3DTVに期待をかけたのだが、不完全燃焼に終わる。これらを受けて昨年辺りから本格的に4Kが登場してくるわけだ。これらはまずカメラとディスプレイという流れの両端が先行し、真ん中のワークフローと伝送に課題がありというのが昨年までの状況であった。

IBC2013_DSC03501.JPGBlackmagicDesignの4Kラインナップ

今年のIBCを体験して感じるのは、派手さはないが、だからといって沈んでもいない。各業務レイヤーごとに、各会社ごとに粛々と4Kに向かっているというのが印象だ。会場内には4Kの文字が踊るわけでもなく、しかしながら、かなり多くの展示内容は4Kに対応した、あるいは関連製品であるといえる。4Kは3Dと違ってセールストークにはならない。当たり前の話であるから4Kそのものは売りにもキャッチコピーにもならない。こうしたことをいちばん端的に表しているのがBlackmagicDesignである。今年のNABでは4Kカメラを登場させたが、すでに粛々とカメラとデッキ、スイッチャーやスコープからオーディオモニターまで4Kラインナップを充実せており、そしてそれらはこれまで同様に驚くほど低価格だ。

4Kカメラのフォーカス問題

個人的にカメラについて気になるのが4Kのフォーカスの話だ。フォーカス担当が付けられる現場は決して多くはないし、ファインダー側にも限界がある。このあたりをカメラメーカー何社かに話を聞いてみたが、やはりプロカメラマンにはオートフォーカスに対する嫌悪感は相当強いようだ。この問題がどのような方向に進むのかについては非常に興味がある。カメラスタビライザーがOKで手ブレ防止レンズがNGとか、ズームモーターがOKでオートフォーカスはNGというのはどうかと思うのだが。

IBC2013_DSC03468.JPGARRIの「AMIRA」

4Kではないが、今回ARRIは「AMIRA」というドキュメンタリーカメラを発表した。これは日本で言うところのENGカメラのような使い方を想定したもの。これまでARRIが扱ったことがない撮影スタイルを、同社のALEXAのセンサーのクオリティーで継承するという。テレビ局というよりはプロダクションやカメラマンが好むのではないだろうか。価格は未定だが、プロダクションが十分購入できる価格とのことだ。

IBC2013_DSC03591.JPGパナソニック4K VariCamのプロトタイプ機

またパナソニックは「4K VariCam」のプロトタイプを公開した。35mmセンサーを搭載し、24pから100/120pまでに対応。記録メディアとして新しい256GBのUltra P2カードを用意する予定で、2014年の発売を目指しているという。

IBC2013_DSC03410.JPGソニー4Kサーバー「PWS-4400」

その他の4K関連製品としては、ソニーの「PWS-4400」は4K×4ch対応で、4K/HD記録ができるマルチポートサーバーだ。2TBのディスクに(8TBまで増設可能)4K60P 600Mbps XAVCで5時間記録可能だ。サムスンはHEVC 4K対応のSTBを公開した。

IBC2013_DSC03433.JPGサムスン4K対応のSTB

SDIとIPの融合とワークフローのモジュール化

IBC2013_DSC03515.JPGSDIとIP信号をライブスイッチングする「Cinegy Live」

IPベースのリアルタイムAVミキサーにも4K対応のものが登場している。Cinegyの「Cinegy Live」だ。SDからHD、4KまでのIPとSDI信号をソフトウエア上でミキシングやスイッチング可能だ。

IBC2013_DSC03597.JPG ソニーが考える局間や中継のIP化

これを更に進めていくと、HD映像伝送の標準規格であるHD-SDIとIP技術を融合させ、複数のケーブルで行っている機器間の映像音声や制御同期信号を、ネットワークケーブル1本で行うというのが今後重要になってくると思われる。これはコストダウンと同時に、テレビや映像の世界の完全IP化が見えてくることになるだろう。

IBC2013_DSC03600.JPG ソニーの考える局内のIP化

またCinegyの「Cinegy Workflow」はアーカイブ、コンバート、インジェスト、プレイアウトといった一連の作業をモジュール化したオープンなプラットフォームとして提供。APIを公開することで他社システムや機器類と接続が出来る。こうしたワークフロー系のシステムは、モジュール化して提供されることが主流になりつつある。

4Kの伝送と放送

IBC2013_DSC03393.JPGNHKブース

HEVCに関してはほとんどの会社が対応済みで、あっという間にそれだけでは全くウリにはならない状況だ。しかし今年初めにH.265が規定された以降、大きな変化や新たな提案は今回は出ていない。このあたりは来年のNABに期待したいところだ。放送の対応については、衛星会社SESとEutelsatが4K伝送をすでに開始していることは日本ではあまり伝えられていない。NHKのスーパーハイビジョンとハイブリッドキャストも展示があった。今回のSHVのデモはNABや技研公開に比べるとプロジェクターの画面が小さいので、インパクトはもうひとつだったかも知れない。

IBCから近未来予測をしてみると

ではちょっと気が早いだろうが、4Kの先には我々の世界には何が来るのか。そこはまだ正直はっきりとは見えてこないが、制作ワークフローとコンシューマーサービスの両方にクラウドの利用が加速するのだろうと思う。すでにワークフロープロセスの一部ではクラウドが利用されつつある。ソニーの「メディアクラウドサービス」が欧米ではスタートしているがまだまだ発展途上だ。

IBC2013_DSC03621.jpg Ciscoのマルチスクリーン対応のクラウドDVRシステムのデモ

コンシューマー向けサービスには、Ciscoがマルチスクリーン対応クラウドDVRを提案するなど事例も徐々に動きつつある。先ほどのSDIとIPの融合が具体的かつ現実的になり、放送のエコシステムが完全にIP化に向かうのには、もうあと数年かかるのだろうか。

txt:江口靖二 構成:編集部

[IBC2013] Vol.02

[ Category : , ]
[ DATE : 2013-09-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。

トップ > 特集 > [IBC2013]Vol.01 粛々と4K撮影、4Kワークフロー、4K伝送