PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.00 新しい技にかける、いまも昔も変わらない情熱
News

[Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.00 新しい技にかける、いまも昔も変わらない情熱

#CINE GEAR EXPO #Report NOW! #cinegear

2014-06-11 掲載

毎年6月はデジタルシネマの特集だ。今年もハリウッドで開催されたCineGear Expo2014のレポートを中心に、PRONEWS視点で2014年のいまのデジタルシネマ考察をしてみたい。2012年の特集「Digital Cinema Bülow」では、近年PRONEWSが追い続けているハイレゾリューションの世界を映画製作視点で追った。あれから2年。シネマの世界はどう進化しているのか?

技術革新とともに歩む映像制作の世界

CGE2014_00_01.jpg CineGear Expoが行われる、Paramount Studios内のNY Back Lotセット。映画を作る雰囲気そのままの展示会は制作者にとっても意気の上がる場所だ

映画の歴史を振り返ると、話題作が上がるごとにそこには必ず新たな技術革新があった。最近では「ゼロ・グラビティ」の傑出したVFX技術が話題になったが、あの作品の後、正確な宇宙空間を描くときに適当なウソはつけなくなったという声も多く聞く。そこには多くの技術、というより映画を作るための新しい色々な技が試されているのだが、映画の進化の過程にはいつの時代にも必ずこうした技術革新、もしくは新たな閃きが映画を未来へと押し進めて来た。

CGE2014_00_02.jpg いつの時代にも新たなアイディアが求められ、それを支える技術が生まれる。それが“映画”だ

昨年(2013年)12月14日にこの世を去った、アイルランド出身のハリウッド俳優ピーター・オトゥール。彼の名とともに誰もが知る名作として記憶されているのが、ハリウッド映画の金字塔となった「アラビアのロレンス」である。そう、映画撮影の世界ではアナモフィックレンズの話をする際には必ず登場する作品である。まさにこの作品が作られた1962年は、ワイドスクリーン(=シネマスコープ等)作品全盛頂点の時期でもあり、近代の映画撮影技術が最も進化した時代だったといえるだろう。

しかし、星の数ほどあるハリウッド映画でも、たったワンシーンの撮影だけのためにレンズを特注したというような作品は数少ない。この映画はこのようなハリウッド神話を残した作品であり、劇中でハリト族の首長である“アリ”役のオマー・シャリフが、広大な砂丘の向こうから登場する90秒ほどのロングカット(これは後に「映画史上最長の登場シーン」といわれる)において、イギリス出身の撮影監督のフレディ・ヤングは、482mmの「Mirage Lens」と言われる特注レンズを使用した。

このシーンだけのために開発したと言われるこのレンズは、2004年に米国アカデミー協会が、ハリウッド映画界の功労者に授与するゴードン・E・ソーヤー賞を送った唯一の日本人であり、Panavision社の創業メンバーでレンズ技術者であったTak Miyagishima(宮城島卓夫/1928~2011)氏が開発したものだ。こうしたエポックメイキングな作品があったからこそ、その後の映画技術が大きく飛躍するといった歴史が繰り返されて来たことも事実だ(ちなみに筆者は宮城島氏の生前、Panavision社を何度か訪れた際に、宮城島氏に直接社内をご案内頂き、このエピソードも直に本人に伺ったことがある)。

CGE2014_00_03.jpg 会場で唯一見かけたフィルムカメラはPANAFLEX。やっぱりハリウッドでPanavisionの名前が出て来ないと寂しい限りだ

その時期からPanavision社は、一体型アナモフィックレンズを開発、それまで問題だった左右の歪みを抑えたその性能の良さから、同社がその後の映画産業に大きな功績を残したのは周知の通りだ。今年はそのPanavisionが創設60周年を迎え、しばらく出展を離れていたCineGear ExpoでもCanon、GoPro、Blackmagic Designとともにゴールドスポンサーに名を連ねている。今でもARRI ALEXAを250台も抱え、ハリウッドの映画機材レンタル会社のトップとしての権威を誇っている一方で、一時あまり良い噂を聞かなかったが、最近は経営陣も変わり、今後何かしら変革が起きるのかもしれない。

CGE2014_00_05.jpg 動物も特機として利用される時代が来るのかも?映画作りの情熱が生み出すアイディアはまだまだ無限大

ハリウッドでは近年、映画撮影自体も以前ほど行われなくなったという。撮影もさることながらポスプロも海外へ転居しており、ヘッドオフィスを残すのみといった企業も多い。そんな映画の変革期を迎える中でも、映画制作の世界はいまだ新たな手法が模索され、人の手によって改良され、また進化をし続けている。デジタルワークフローが当たり前となり、いよいよ4K制作が本格化しようとしている現在、映画の世界もまた新たな“ゲームチェンジャー”が登場したりと、現代の変革も粛々と進んでおり、映画に関わる人々の新しい技にかけるその情熱は、色々と形は変われど失われてはいないのである。

CGE2014_00_06.jpg ケータリングもロケの楽しみの一つ。In-N-Out Burgerのケータリングトラックにはいつも長い行列ができる

6月4日~7日で米ハリウッド、パラマウント・スタジオ内で開催された、今年で19回目を迎える映画撮影機材の専門展示会、CineGear Expo 2014のレポートと、現在の映画制作の現場から、2014年におけるデジタルシネマ制作の現況とこれからについて考えてみたい。

CGE2014_00_07.jpg エッセンシャルな映画の技術として重要なライティング関係のメーカーも数多く出展。ライティング一つでコメディも恐怖も演出できる醍醐味は、いつの時代にも興味が尽きない txt:石川幸宏 構成:編集部
[Digital Cinema Bülow 2] Vol.01

[ Category : ]
[ DATE : 2014-06-11 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.00 新しい技にかける、いまも昔も変わらない情熱