PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.02 CineGear Expo レポート2〜特機編〜
News

[Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.02 CineGear Expo レポート2〜特機編〜

#CINE GEAR EXPO #Report NOW! #cinegear

2014-06-13 掲載

特機専門展示会から多様化の時代へ

CineGear Expo自体は元々映画撮影周りの機材展であり、新型カメラの発表だったり、ソフトウェアはその中心ではない。また、あまりここでの新発表も無いので、ニュース的な速報性が高い情報発表も少ない。あくまでユーザーのために、実機を露天で実際に試しながら体感できることと、内容もそもそも特機専門の展示会のようなものなので、主に撮影者には意義のあるイベントだ。

また機材開発メーカーの人と直接交流できることもあり、技術者との意見交換も含めれば有意義なところも多いだろう。現に日本からも、レンタル会社やスタジオ、プロダクション関係者など買い付け等の商談で多くの日本人が来ているが、もちろんカメラマンや撮影監督も訪れており、この気にハリウッドの映画撮影の醍醐味を味わおうという人も多い。

CGE2014_02_TOP.jpg

ただこの近年(4、5年)は、ソニー、キヤノン、パナソニックといった日本のデジタルカメラメーカーが出展進出、それまでのKodak、FUJIFILM、ARRI、Panavisionといったフィルム撮影関係のメーカーからオフィシャルスポンサーがアナログ系から主流がデジタル系へ変わってきた。

とはいえ特機に関して大部分がアナログの世界。VFXにとらわれない部分で撮影者がクリエイティビティを発揮できる部分でもあり、そのための展示会がCineGear Expoである。今年は、やはり3軸ブラシレスジンバルなどのスタビライザー系の出展が多く目立った。これもカメラの小型軽量化が進み、昔では出来なかった撮影ができるようになったことは、撮影自体の醍醐味を助長するものだろう。

毎年恒例のステディカム / Tiffenの専門ブースが今年は見当たらなかったのは残念だが、発明者のギャレット・ブラウン氏は健在で、セミナー等で登壇していた。そこではFREEFLY社のCEOとのトークショーも行われたが、ブラウン氏もMoVI等への関心は高く、これらがステディカムにとって変わるというわけでなく、それぞれの得意な撮影分野があるわけで、さらに特殊撮影ができる幅が広がったということだ。

カメラの小型化とともに、前述したように来場客層にも変化があり、CineGear Expoは特にASC(全米撮影監督協会)会員限定などの入場制限をしていないため、DSLR系のローレンジユーザーでも気軽に入場することができる。大型特機ももちろんあるが、次第にその使用範囲を狭めているようで、ダウンサイズ&効率化、そして特殊撮影の裾野の広がりの波は随所に伺えた。

特機編

■Libec(平和精機工業)
CGE2014_02_01.jpg

4月に発表され、NABで初公開となったLibec(平和精機工業)の新製品ALLEX。8月上旬の出荷も決まり、予約状況も好調のようだ。やはりDSLRムービーユーザーターゲットの製品のため、ハリウッドでは大型化を望む声も多いようだ。NAB時点ですでに指摘されていた、スライダー部分の塗装面の問題(塗装の剥げ)も改良し強化された模様。

■WALTER KLASSEN
CGE2014_02_02.jpg

WALTER KLASSENの「SlingShot」は3軸ジンバルとEasyrigを組み合わせたような製品。2本のワイヤーで吊るので長時間の撮影にも耐えうるという。またMoVI等のハンドルの下部に延長スティックを付けることで、高所からの撮影操作も可能。「SlingShot」のみで$4900 USD、専用ベスト込みで$7900 USD。

■FreeFly / RONIN / DEFY
CGE2014_02_03a.jpg
CGE2014_02_03b.jpg

CGE2014_02_03c-2.jpg
CGE2014_02_03d.jpg

3軸ジンバル系のメーカーは老舗のFreeFly社を筆頭に、マルチコプターのDJIから出たRONIN、DEFYのG5 / G2など、大小さまざまなメーカーが出展。どの製品も差別化できるポイントが少ないため似たり寄ったりだが、この3軸ジンバルとマルチコプターでベンチャーを立ち上げるブームとなっていることは確かなようだ。

■WOODEN CAMERA
CGE2014_02_04.jpg

最近、いち早く最新カメラ対応のリグを発表しているWOODEN CAMERA。基本は上部ハンドルにサポートロッド、レンズサポートとコネクター部分でパーツ構成されているだけなので、カメラが変わっても付属品を一部交換すれば、再構成もしやすいのが特長だろう。この4月に発表になったばかりのBlackmagic Studio Cameraの専用リグを早くも発表展示。

■PMG Multi-Rotors
CGE2014_02_05.jpg CGE2014_02_06.jpg CGE2014_02_07.jpg

マルチコプター流行の勢いそのままに、今回会場ではマルチコプター撮影の専門会社、PMG Multi-Rotorsの主催によるVIPラウンジが設けられた。会場近くに巨大なテントが貼られフリードリンク・フリーフードのケータリングが振る舞われる等、アメリカでの市場の勢いを感じる。

■Dana dolly
CGE2014_02_08.jpg

ポータブルで持ち運びや組み立てにも便利な携帯ドリーシステムの老舗「Dana dolly」。今回は6角形でレール幅を変更できる、新型スライダーハイハット(写真中右のカメラが乗っているスライダー)を展示していた。ちなみにDanaは、CEOの奥様の名前が由来。

■ソニー
CGE2014_02_09a.jpg CGE2014_02_09b.jpg

会場となるニューヨークバックロット(オールドNYセット)の入り口付近に置かれたソニーのキャンピングカー。スタジオ内でもF65などのカメラや付属品のメイン展示を行っているソニーだが、今年はここでポータブル4Kカムコーダー「FDR-AX100」やアクションカム「AS100V」などをマルチコプター等に搭載したアウトドア・ロケーション撮影用展示を行った。

■Datacolor
CGE2014_02_10.jpg

カラーグレーディングの重要性とともに、ハリウッドでもミッドレンジの人たちではまだまだ厳密なカラーキャリブレーションの常識がない人も多いという。Datacolorの「Spyder Checkr」は、中間色やスキントーンまでも配置した48色構成のポータブルカラーチェッカー。丈夫なケース入りでカラーシートの交換もできる。

■Mo-Sys Technologies
CGE2014_02_11.jpg

イギリスのメーカーMo-Sys Technologies社の「DroneBar」は、マルチコプターの遠隔操作を、2本のパン棒でクレーンの操作感覚でコントロール可能なカメラジンバルコントローラー。もちろんハンドヘルドのジンバルリグでも使用可能だ。

■DJI
CGE2014_02_12.jpg

昨年は販売会社の出展だった、マルチコプター界ではメジャーな存在になったDJIがいよいよ自らCineGearに参戦。おなじみのPhantomやDJI RONINなど自社製品を展示。

■Romans Cine Gear
CGE2014_02_13a.jpg CGE2014_02_13b.jpg 毎年紹介している、GRIP出身のMike Romans氏が考案・開発したポータブルスライダードリーシステム、Romans Cine Gear(RCG)のポータブルドリーシステム。今年はRCG Sliderに加えて、4本の足の伸縮が自在で狭いレール幅でもドリー撮影できる、RCG mini Sliderを中心に展示。いつも通りレールとドリー本体が1ケースに詰め込める「RCG RBK(ユニバーサルレールブラケットキット)」も便利だ。

■LanParte
CGE2014_02_14.jpg

LanParte社は、カメラリグ専門会社。DSLRやBlackmagic Designのカメラ製品など、低価格カメラ用リグを専門に制作。ショルダーパッド部分にハイトライザーを装備して個人別に高さ調整が出来るのも便利なところだ。

txt:石川幸宏 構成:編集部
Vol.01 [Digital Cinema Bülow 2] Vol.03

[ Category : ]
[ DATE : 2014-06-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [Digital Cinema Bülow 2〜CineGear 2014]Vol.02 CineGear Expo レポート2〜特機編〜