PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [QBEE 2014]Vol.03 撮影だけが4Kではない!周辺機器にも4Kを意識した製品群が…

News

[QBEE 2014]Vol.03 撮影だけが4Kではない!周辺機器にも4Kを意識した製品群が…

2014-07-07 掲載

1 2
txt:黒田伴比古 構成:編集部

4K華盛りにみえる今年の九州放送機器展。だが、今使える製品の主力はHD製品たちだ。しかし、そのHD製品たちも着々と4K時代を見据えた設計がなされているものが多く見受けられる。また、古くSD時代からHD時代になっても変わらない放送機器ならではのスタイルを4K時代にどう活かすのか各社の工夫も垣間見えた。4Kだけでなく撮影環境を支える周辺機器にも着目してみよう。

グラスバレー | 4K撮影~編集~送出の一連ワークフローを展示

QBEE2014_03_GrassValley_0382b.jpg

今年、Belden社の傘下となったグラスバレーブースでは、Beldenカラーの紫を基調としたブースに4K撮影から編集、プレイアウトまでのソリューションを一連で展示していた。

QBEE2014_03_GrassValley_0363b.jpg QBEE2014_03_GrassValley_0386b.jpg QBEE2014_03_GrassValley_0365b.jpg

なかでもカメラでは従来のB4マウントレンズをそのまま装着できるワンピース型の2/3インチ3CMOS 4KカメラLDX 4K / UHD Compactを展示。また、中央ステージ前のカメラ群に360fpsの6倍速ウルトラスローカメラLDX Xtreme Speedを展示。メインステージのイベントをウルトラスローで再生する様子を展示していた。

QBEE2014_03_GrassValley_0378b.jpg QBEE2014_03_GrassValley_0377b.jpg

編集関連では、EDIUS Elite 7と4Kプレビューボードを搭載したターンキーシステムHDWS 4Kを展示。HDWS 4Kでは、HQXコーデックの4K素材にPiPを入れたシーケンスがリアルタイムプレビューされ、ハードウェアスペックの高さを見せた。送出機では参考展示として、4Kファイル送出機4K Playerを展示、4K HQXコーデックのファイルを送出するデモンストレーションを行った。

QBEE2014_03_GrassValley_0366c.jpg

また、同じBelden社傘下のMiranda社製Kaleidoシリーズによる2画面マルチビューワーの展示も行われた。

ローランド | 期待のマトリクス・スイッチャーいよいよ登場

QBEE2014_03_Roland_0165b.jpg QBEE2014_03_Roland_0151b.jpg

ローランドブースはひとつのブースを映像系製品と音響系製品に分けて展示していた。映像系製品では、年内の発売を予定しているマルチフォーマット・マトリクス・スイッチャーXSシリーズが登場。XS-84Hは8入力4出力のマトリクス・スイッチャーだが、スケーラーを内蔵しているので、SDのコンポジットからHDMIほか、D-sub15ピンによるPC入力まで各種信号を入力することができる。また、出力段はビデオプロセッサを内蔵しているのでマルチスクリーン表示などにも対応。

QBEE2014_03_Roland_0148b.jpg

さらにオーディオミキサーも搭載しており、入力chの音量調整のほかEQやディレイをかけることもできるという何でも入りのマトリクス・スイッチャーだ。おまけにiPadでコントロールもできるため、一見複雑そうに見えるマトリクス・スイッチャーをGUIで簡単にコントロールできる。入力装置の名称を日本語で表示することも可能だ。

QBEE2014_03_Roland_0149b.jpg

また、出力には長距離伝送に便利なHDBaseTの端子もあるので、Etherケーブルで長距離伝送し、市販のHDBaseTのレシーバーで映像信号化することもできる。まさにプロジェクターへの距離が長い講義室や視聴覚施設の施工にうってつけの製品といえるだろう。

QBEE2014_03_Roland_0157b.jpg QBEE2014_03_Roland_0160b.jpg

そのほかには、HD映像をポン出しできるマルチフォーマット・ビデオ・プレゼンターPR-800HDを展示。1080 / 60pの動画ファイルをポン出し感覚でクイック再生できるイベント送出に最適な製品だ。このPR-800HDにはREF入力があり、かつMIDIやRS-232Cによるコントロール制御で複数台の同期再生ができるようになっている。そのため、4K素材を4分割して4台のPR-800HDに事前仕込みすれば、4K動画をポン出し再生できるプレイヤーとして使用することもできるという。

QBEE2014_03_Roland_0156b.jpg QBEE2014_03_Roland_0155b.jpg

音響系の製品では、CF / SDカードスロットを有した1Uサイズのオーディオ・レコーダーAR-3000SDが新製品として展示されていた。このような製品は、施設の定時放送の送出機としてよく利用されてきたが、単なる録再機であるため、定時に再生させるには外部のプログラムタイマーから制御するなどの必要があった。

しかし、AR-3000SDは内部にタイマー機能を持っており、ネットワーク経由で設定することで定時放送がこれ一台で可能になる。当然NTPクライアント機能も持っているので、時刻補正もできる。さらに、市販のUSBテンキーを接続すると、インスタントリプレイのようにポン出し装置として利用することもできるというスグレモノだ。

QBEE2014_03_Roland_0152b.jpg

そのほかにも、ビデオコンバーターシリーズのファームウェアアップデートの機能追加などが告知されていた。

Libec(平和精機工業) | 三脚+スライダー=ALLEX

QBEE2014_03_Libec_0226b.jpg

NABでの発表で大きな話題を呼んだ、スライダーと三脚キットが一体化したALLEXシリーズを前面に展開したLibecブースには多くの来場客が訪れ、その完成度を確かめていた。

QBEE2014_03_Libec_0235b.jpg

ALLEXは、雲台のALLEX H、スライダーのALLEX S、通常の三脚セットのALLEX KITとスライダーまでがセットになったALLEX S KITで展開されている。

QBEE2014_03_Libec_0229b.jpg

雲台のALLEX Hは、三脚にもスライダーにも取り付けられる形状にするため、雲台のハーフボールを途中で切り落とした形になっている。その平面部分に3/8インチネジ穴があり、ここがスライダーと接合する形だ。

QBEE2014_03_Libec_0227b.jpg

スライダーのALLEX Sは、8個のボールベアリングがグリス処理されており、一般的なレールに比べると移動にトルク感があり、雲台の動きと一体化したスライドショットが可能になっている。

QBEE2014_03_Libec_0236b.jpg QBEE2014_03_Libec_0240b.jpg

また、従来の小型カメラ向け三脚キットTH-650DVの後継機種、TH-650HDも展示。カメラプレートのねじ位置が固定から前後のスライド幅を持つようになったほか、プレートロックつまみの突起部が下向きから上向きに変わるなど、ユーザーの声を反映させた後継製品になっている。

1 2

[ Category : , ]
[ DATE : 2014-07-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[CES2020]Vol.11 Crystal LEDとAtom Viewで実現するヴァーチャルセット最前線~まさにリアルを超える?!

txt:西村真里子・猪蔵・編集部 構成:編集部 リアルとバーチャルの境目がなくなる影像制作 CES 2020はそれまでのCESの歴史から大きくシフトを宣言している年であ... 続きを読む

[CES2020]Vol.10 テレビ局が不在でも完全に8Kが主流のCES2020

txt:江口靖二 構成:編集部 CES 2020の主流が「8K」となった理由 CES 2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国とアメリカでは、... 続きを読む

[CES2020]Vol.09 「次の10年のエンターテインメント・プラットフォーム」とは?〜モバイル向け動画配信サービスQuibiスタート直前

txt:加藤薫(博報堂DYメディアパートナーズ) 構成:編集部 モバイル向けストリーミングサービス「Quibi」とは? 生活を変えるテクノロジーのショーケースとして... 続きを読む

[CES2020]Vol.08 日常が“つながる”と意外なものがメディアになる?未来の生活を彩るものたち

txt:平野陽子 (大広) 構成:編集部 2020年1月7日~1月10日、米国ラスベガスにて「CES 2020」が開催された。すでに多くのメディアで語られているが、再度振り返... 続きを読む

[CES2020]Vol.07 人工人間、身体性が問われるテクノロジー「NEONプロジェクト」

txt:西村真里子 構成:編集部 CES 2020で注目のテクノロジー「NEON」とは CES 2020の日本のスタートアップが出展するEureka Parkに... 続きを読む

[CES2020]Vol.06 目の付け所がAIなプロダクトが続々登場〜会場から見えてくるAIプロダクト達

txt:江口靖二 構成:編集部 進化する画像センサーがより良い未来を作る サムスンの「Ballie」は目の付け所がサムスンなプロダクトだ。百聞は一見にしかず、サムス... 続きを読む

[CES2020]Vol.05 航空会社として初基調講演。デルタ航空が考えるイノベーション〜パラレル リアリティ ディスプレイ

txt:江口靖二 構成:編集部 航空会社として初めての基調講演 CESでのキーノートには、例年家電メーカーであったり、インテルやクアルコムのようなチップ系のメーカー、最近では自... 続きを読む

[CES2020]Vol.04 より多くの人を集めるために〜CESにおける「見せ方」と「ブランディング」効果とは?

Audiのブースは上からキラキラしたリボンが無数に装飾されており、否が応でも足を踏み入れたくなる txt:清水幹太 構成:編集部 来場者の気を引く“見せ方”は多種多様 ... 続きを読む

[CES2020]Vol.03 一般化を迎えたカテゴリーに花開く、味わい深いプロダクトたち〜展示会スタート

txt:清水幹太 / 編集部 構成:編集部 いよいよ展示会が始まる MediaDayが終わり、CES展示会場での展示がいよいよ始まった。CESの他の展示会と大きく違う点... 続きを読む

特集記事

CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。

トップ > 特集 > [QBEE 2014]Vol.03 撮影だけが4Kではない!周辺機器にも4Kを意識した製品群が…